山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

梅の花と桜の花の違い,見分け方は花びらの違いと花の付き方

投稿日:2017-03-16 更新日:

梅

春の訪れを告げる花として,梅の花と桜の花が代表選手です.知らない人はいないでしょう.でも,梅も桜も種類が豊富で,開花時期が早いものもあれば,遅いものもあります.早咲きの桜だなあ,と思っていたら,実は梅だったということがあります.花をよくよく見ると区別がつけられなくなり,混乱したことがあります.どのように見分けたら良いのでしょうか?

スポンサード リンク

梅の花,桜の花,それぞれのイラストを比べてみると,特徴がよくわかる

添付写真の梅の花,桜の花のイラストを見てください.よく見慣れた梅の花と桜の花のイラストです.このイメージだけで花を判別しているので,外で実際の花を見ると良くわからなくなります.

梅の花イラスト

梅の花イラスト

桜の花イラスト

桜の花イラスト

特徴はどこにありますか?色からは判別できません.花びらの数も同じく5つです.違いは花びらの形にあります.それと梅の花の場合はたいてい花芯(おしべとめしべ)を描きますが,桜の花の場合は花芯を描かないことがあります.目立つか目立たないかの問題です.

梅の花,桜の花,それぞれの写真を比べてみると,よく似ている

添付写真の梅の花,桜の花を見てください.違いがわかりますか?上のイラストで違いを確認してから,写真を注意して見くらべると違いを見つけやすいです.咲いている時期だけで判断すると間違えます.実際は品種の違いもあり見分けるのは大変です.この写真をよく観察して違いを注意して覚えておきましょう.

梅の花

梅の花

スポンサード リンク
桜の花

桜の花

更によく見ると,花の付き方が違います.梅の花は枝から直接一つづつ花が付きます.桜の花は花柄が長く枝から少し離れています.さくらんぼうを思い出して頂ければわかりやすいと思います.いくつかのさくらんぼうがつながっています🍒

その他に,花の付き方,幹の違いからも区別ができる

幹の違いもあります.桜の幹は「ああ,あれね」というくらい横縞模様と艶が特徴的です.ただし,桜も古木になるとわかりにくくなります.梅の方はなんと表現すればよいのかわからないので,下の写真をよく観察してください.

梅の幹

梅の幹

さて,以上で梅の花と桜の花の違いをお話してきました.実は梅も桜も同じバラ科に属します.親戚なんですね.

梅の方は,バラ科 Rosaceae,スモモ亜属 Subgenus Prunusです.プルーン,スモモ,アンズなどが仲間です.

一方,桜の方はバラ科 Rosaceae,サクラ亜属 Subgenus Cerasusです.ソメイヨシノ,オオシマザクラ,ヤマザクラ,カンヒザクラ,チョウジザクラなどが仲間です.

梅の花と桜の花の違い,見分け方は花びらの違いと花の付き方のまとめ

1. 違いは花びらの形にあります

2. 梅の花は枝から直接一つづつ花が付く.桜の花は花柄が長く枝から少し離れている

3. それぞれ特徴を注意深く観察して違いを覚えておく

4. 梅も桜も同じバラ科に属する

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

みそ

赤味噌と白味噌のつくり方の違いで色の違いができる理由

スポンサード リンク 前回は味噌の種類は大きく分けて3種類+調合味噌があることと赤味噌,白味噌の違いは蒸す(赤)と煮る(白)の違いであることを見てきました.今回はなぜ色の違いができるのかについて詳しく …

今,読書中の本: 世界は変形菌でいっぱいだ 増井真那著

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:世界は変形菌でいっぱいだ 増井真那 著者:増井真那 出版社:朝日出版社 良書です.著者は増井真那氏,2001年生まれです.6歳の頃 …

蚊

散歩で使う虫よけ剤について

スポンサード リンク 前回に続き,散歩,ウォーキングで使う虫よけ剤は,どれを選んだら良いのでしょうか?また,どのタイプをどのように利用したら良いのでしょうか?本当に安全なのでしょうか? 虫よけ剤には定 …

ユキヤナギ1

桜と一緒に白い雪柳が咲き誇っている.ユキヤナギについて学ぶ

ユキヤナギという花を知っていますか?桜が咲く少し前から咲き始めて桜の咲く頃に足元を見れば,ところどころに白い小さな花を無数に咲かせている草がありませんか?名前を知らなかった人もきっと見たことがあると思 …

Fuji

山の高さとは?どこからどこまででしょうか?標高とは何でしょうか?

富士山 スポンサード リンク 山河海空ブログを始めて2日目の話題はタイトル「山河」の山について見ていきます. さて,山の高さとはどこからどこまででしょうか?標高とは何でしょうか? 当たり前のことですが …