山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

セミの季節,セミの謎 3

投稿日:2017-08-22 更新日:

セミ

セミの話3回目です.昆虫としてのセミの特徴はなんといっても鳴くことです.あれほど大きな音を出す昆虫はほとんどいません.なぜ音を出すのかは前回にお話ししましたので,音を出す仕組みと生態についてお話しします.

スポンサード リンク

セミの構造

セミは雄だけが鳴きます.オスの成虫の腹(腹腔)には音を出す筋肉と膜,そして音を共鳴させる共鳴室が備わっています.セミの腹の大部分が太鼓の様に空洞で正に太鼓腹になっています.

道端に落ちているアブラセミが大抵上向きで転がっていますが,腹の部分が空洞で羽側に重心が偏っているためです.触ると慌てて飛んで逃げますので,あの状態の方が平面では楽なのでしょう.

大きな音を出すためにはパワーが必要です.これはスピーカーと同じで出力で音量が決まります.そのパワー源は樹液から得ています.セミの樹液接触した後に糖分が残っていることから,セミは師管液を吸っていると推測されています.

師管液とは光合成で得られた有機物でショ糖やアミノ酸が高濃度に含まれています.また,土由来のカリウムやマグネシウム等も含まれている植物の栄養源です.

スポンサード リンク

雌の場合は音を出さない代わりに産卵がありますので,腹は大きな卵巣で満たされ,尾部には硬い産卵管があります.産卵時は産卵管を枯れ木にさし込んで産卵します.枯れ木の上を移動しながら次々と産卵します.

孵化と幼虫

産卵されたセミの卵は翌年の梅雨時に孵化します.幼虫は半透明の白色で,枯れ木の表面に出てきて脱皮します.そして,数年間地中に潜って成長します.

地中では木の根から樹液を吸って成長するのですが,この間に数回脱皮します.

羽化

羽化が近づいた幼虫は竪穴を掘って地上近くまで来て地上の様子を伺います.晴れた夕方に地上に出てきて樹に登ります.暗くなると天敵が減るので羽化を開始します.

白い成虫が殻を破って出てきて,夜の間に羽を伸ばし朝には外骨格も固まって体色もつき,飛び立てる様になっています.

ただし,羽化後数日間は大音量で鳴くこともできないし,交尾もできず,性成熟までには数日かかります.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

美しく不思議な画像 Science Photo Library

スポンサード リンク 植物は人間より動きが遅いので,人間から見れば止まって見えます.でも,撮影方法を工夫すると,生き生きとしていて,今までのイメージが変わります. せひこのサイトの一番上にある動画を見 …

最近の小地震

最近,地震アプリが毎日の様に小地震を伝えてきます(全国規模で).いままで,それほどなかったのに頻度が多いので確認してみました. 気象庁のサイトに震度データベース検索というのがあって,使いやすくデータを …

雪をとかす薬,融雪剤について

スポンサード リンク 東京に積もった雪もほとんどとけて無くなっています.公園などを散歩すると階段やスロープなどに白い粒々がこぼれていました. これは融雪剤だと思います.雪を解かすために使う薬品です.道 …

四つ葉

春になるとシロツメクサの花が咲き始め秋まで順に咲き続けます.四つ葉のクローバーの話

スポンサード リンク 春になると野山のあちらこちらにシロツメクサが白い花をつけ始めます.群生している三つ葉の中から四つ葉を見つけ出すと幸せが訪れるというのはみんな知っていると思います.三つ葉の群れを見 …

植物を観察する方法 デッサン,スケッチ,クロッキー,ドローイング

植物の写真を撮り続けて2-3年,毎日の散歩で積極的に撮影していましたので,かなりの量のストックができました. でも,今一つなのが,細部の観察力です.撮影をするだけで安心してしまい,細部を観察していませ …