山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

九里四里うまい十三里:栗よりうまいサツマイモ,十三里とはサツマイモのことです

投稿日:2017-08-30 更新日:

サツマイモ

味覚の秋が近づいてきました.九里四里うまい十三里という言葉があります.これはサツマイモのことで,江戸時代に川越がサツマイモの名産地で,江戸から約十三里ありましたので,サツマイモのことを別名,十三里と呼んでいました.

これは言葉遊びで,九里+四里 = 十三里と「栗よりうまいサツマイモ」の意味をかけた洒落になっています.辞書で十三里と引くとサツマイモのこととあります.

でも本当は

文化年間に川越産の芋を使った焼き芋屋の宣伝コピーとして十三里が生まれたのですが,江戸と川越の距離は伊能忠敬「大日本沿海輿地全図」の実測で10里34町33間半(約43km)です.9里(栗)+4里(より)=13里の語呂合わせで強引に十三里とされました.

サツマイモの歴史

サツマイモがフィリピンから中国,琉球,種子島などを経由して薩摩藩で栽培され始めたのは18世紀の初頭のことです.

当初は薩摩藩領内からの持ち出し禁止でしたが,1734年、青木昆陽は薩摩藩から甘藷の苗を取り寄せ,江戸小石川植物園、下総の馬加村(現千葉市花見川区幕張町),上総の九十九里浜の不動堂村(現:九十九里町)において試験栽培し,東日本に広まりました.

スポンサード リンク

サツマイモの普及が後の天明の大飢饉(1782年)で多くの人々の命を救いました.

サツマイモの調理方法

石焼き芋やふかし芋が代表的な食べ方です.60℃程度で長時間加熱するとサツマイモ内のデンプンが酵素によって糖化され甘味が増します.

葉や茎も葉野菜として食べることができます.葉はおひたしやてんぷら,茎は煮ものや佃煮てんぷらなどでも食べられます.

私はやはり子供の頃食べた石焼き芋が一番美味しく思えます.今では見かけませんが,石焼き芋の石の加熱は薪を燃やしていましたので,焼くと同時に煙で燻された半焦げの燻製の様な香りが忘れられません.

サツマイモのデータ

階級なし:キク類 Asterids
目:ナス目 Solanales
科:ヒルガオ科 Convolvulaceae
属:サツマイモ属 Ipomoea
種:サツマイモ I. batatas
学名:Ipomoea batatas L.
和名:サツマイモ(薩摩芋),カンショ(甘藷)
英名:Sweet potato

原産地:中南米

生産量(世界):
1. 中国 80,522,926トン(75.9%)
2. ナイジェリア 3,318,000トン(3.1%)
3. ウガンダ 2,707,000トン(2.6%)
4. インドネシア 1,876,944トン(1.8%)
5. ベトナム 1,323,900トン(1.2%)
6. タンザニア 1,322,000トン(1.2%)
7. インド 1,094,000トン(1.0%)
8. 日本 1,011,000トン(0.95%)

生産量(国内):
鹿児島県(約40%),茨城県,千葉県,宮崎県の4県で80%を占めています.

さつまいもの日:10月13日(十三里が由来)

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

良い習慣を身につける習慣,「習慣+」

今年のお正月6日に新年の抱負と良い習慣で次のように書きました. 「新年の抱負は3日坊主になり勝ちですが,具体的に行動できる良い習慣は,たとえ3日で終わっても,次々に思いつく新しい良い習慣を始めていくこ …

運動と習慣とコントロール

運動には筋肉をつけるもの,持久力をつけるもの,柔軟性や瞬発力をつけるものなど,いろいろあります. これらの共通点は継続しないと成果が出てこないところにあります. 逆に言えば,正しい方法で継続すれば成果 …

散歩と万歩計

散歩の量を万歩計で測り出してから3193日目です.3193日/365日≒8.7で約9年近くになります.シチズン製のTW700という機種ですが,2回壊れましたから3台目です.この機種はPCに記録を残すこ …

暦

グレゴリオ暦(現在の暦)とユリウス暦

なじみのない言葉かもしれませんが,グレゴリオ暦というのは現在使用している暦を言います.日本では明治5年から採用しました.グレゴリオ暦は1582年に始まり,世界各国に広まりました.ヨーロッパではそれ以前 …

国際生物多様性の日(International Day for Biological Diversity)

地球のいのち、つないでいこう〜身近な生物多様性 1994年の「生物の多様性に関する条約」締約国会議で制定されました.当初は12月29日でしたが,2000年の第5回条約締約国会議でもっと認知されやすい様 …