山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

秋の七草(ななくさ) 1

投稿日:2017-09-13 更新日:

七草(ななくさ)という言葉がありますが,七草にはいろいろな七草があります.
春の七,秋の七草,昔の七草,夏の七草,冬の七草,

春の七だけは「草」ではなく,「種」の文字をあてて七(ななくさ)としています.

七草は儀礼や習慣として変容してきました.季節移り変わりを植物の移り変わりを通して愛でる自然な気持ちは古代より引き継がれてきましたが,対象となる植物は時代を経て変わってきました.

今日は秋の七草に焦点を当てていきます.

スポンサード リンク

秋の七草

「オミナエシ」,「オバナ(ススキ)」,「キキョウ」,「ナデシコ」,「フジバカマ」,「クズ」,「ハギ」が秋の七草です(あいうえお順).

オミナエシ
オミナエシ

オバナ(ススキ)
ススキ

キキョウ
キキョウ

ナデシコ
カワラナデシコ

スポンサード リンク

フジバカマ
フジバカマ

クズ
クズ

ハギ
ハギ

由縁は山上憶良による2首の歌から来ています.

秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花(万葉集 巻八1537)

萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花(万葉集 巻八1538)

「尾花」とはススキのこと,「朝貌の花」とはキキョウと考えられています.

覚え方

たった7つなので,あいうえお順に名前の頭だけ取って,次の様に覚えましょう.

大きな服は秋の七草 (おおきなふくは,あきのななくさ)
みなえし
ばな(ススキ)
きょう
でしこ
じばかま


,秋の七草です.

秋の七草は食べません

秋の七草はかゆなどにして食べることはしません.野に咲く花を楽しむものです.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

暦

今日2018年2月15日木曜日は旧暦の12月31日大晦日です

スポンサード リンク 昔のことを勉強するにあたって,旧暦を意識するのも面白いもので,季節感のズレを体感することができます.旧暦は過去において長い間利用されてきて,日本の文化に深く根付いていました.歴史 …

本の紹介: もたない男 中崎タツヤ著

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 最近読んで面白かった本です. 「もてない男」では無く,物を極力「もたない男」です.1955年生まれの漫画家で,いつも何か捨てるものはないか,探し回ってい …

スギ花粉と花粉症

花粉症の季節になりました.今日は雨が降っているのに,そこそこに厳しいです.花粉症は国民病と言われるほど一般的になってきました.特に代表的なのが,スギ花粉です.今日は憎きスギ花粉についてのお話です. ス …

1月は睦月(むつき),旧暦と和風月名について

スポンサード リンク 約150年前まで使われていた旧暦と呼ばれる太陰太陽暦(天保暦1844-1872)では1月を睦月(むつき)と呼んでいました.これを「和風月名」と言います. 生活が自然と密着していた …

花火と音楽 そして,近未来の花火大会

週末なので,日本の各地で花火大会が催されていますね.先ほども,南の方角であがっているのが見えました. 花火にまつわるクラシック音楽がありますので聴いてみましょう. ヘンデル: 王宮の花火の音楽:序曲 …