山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

11月は霜月 旧暦と和風月名について

投稿日:2017-11-01 更新日:

11月に入りました.だんだん寒くなり,日に日に厚着になっていきます.

さて,約150年前の旧暦である太陰太陽暦(天保暦1844-1872)では11月を霜月と呼んでいました.これを「和風月名」と言います.

生活が季節(自然)と密着していた時代では自然に愛着心を持ち,季節に合わせて生活を適合させて日々を過ごしていました.

昔の人々は和風月名の他にも季節や行事に合わせて月を呼ぶ習慣がありました.これらを別名とか異名と呼んでいます.

以下,様々な呼び方を見ていきましょう.新暦と旧暦は数週間の差がありますので,季節感がずれています.

ちなみに新暦とは現在使用している太陽暦であるグレゴリオ暦(Calendarium Gregorianum, Gregorian calendar),旧暦とは太陰太陽暦(天保暦1844-1872)を指します.

11月

霜月(しもつき):旧暦11月は11月下旬から1月上旬頃霜が初めて降りる月から名付けられました.

11月の他の呼び方:

建子月,仲冬,顔見月,神楽月,神帰月,神来月,霜降月,霜見月,露隠端月,雪待月,雪見月,竜潜月,一陽来復,天正月,黄鐘,葭月,広寒,辜月,朔易,三至,子月,周正,章月,正冬,盛冬,達月,短至,暢月,天泉,冬半,畢辜,復月,陽復,風寒

スポンサード リンク

(昔の人々の月の呼び方への愛着を感じて頂くだけで十分です)

昔の呼び方をそのまま現代の暦に置き換えると,実際の季節感より数週間早いので残念ですね.ちなみに,本日(2017年11月1日)は,旧暦だと9月13日でもうすぐ満月を迎える長月です.本年の霜月の始まり1日は2017年12月18日月曜日です.新月ですから,月明りはありません.

和風月名一覧

1月
睦月(むつき):正月に親類一同が集まり睦び合う月

2月
如月(きさらぎ):衣更着(きさらぎ)の意味で,寒いので衣を重ね着する月

3月
弥生(やよい):木草弥生(いやお)い茂る月

4月
卯月(うづき):卯の花の月

5月
皐月(さつき):早月(さつき)の意味で,早苗(さなえ)を植える月

6月
水無月(みなづき,みなつき):水の月の意味で,田に水を引く月

7月
文月(ふみづき,ふづき):穂含月(ほふみづき)の意味で,稲の穂が実る月

8月
葉月(はづき,はつき):木々の葉が落ちる月

9月
長月:(ながつき,ながづき):夜の長い月

10月
神無月(かんなづき):神の月の意味で神に新穀をささげる,あるいは神が出雲大社に集まる月

11月
霜月(しもつき):霜の降る月

12月
師走(しわす):師匠も走るほど忙しい月

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

美しい花と自然

2018年ももあとわずかです. 美しい花と自然の世界に目を向けて今年一年を振り返ってみましょう. Beautiful Flowers | Ten most beautiful Flowers 2016 …

花火

花火のお話し 花火の歴史-花火事始め

スポンサード リンク 7月に入ると本格的に夏らしくなります.夏と言えば花火.今日は花火の歴史について見ていきます. 現代花火の原型になるものは戦国時代に鉄砲や火薬の伝来ともに入ってきたようです.西洋で …

雨雲

天気予報の降水確率が10%だったら雨具を持って行った方が良いかどうか?

天気予報の降水確率というのがあります.80%ならば雨を覚悟して雨具を持っていくでしょう.30%だったらどうしますか?では10%だったら?0%だったら絶対に雨は降らないのでしょうか?降水確率について結論 …

花粉症とティッシュペーパーでの鼻のかみ方

花粉症真っ盛りで,毎日のティッシュペーパーの使用量がすごいです.日本人のティッシュペーパーの年間使用量は世界一だとか. スポンサード リンク 花粉症が貢献しています.また,街角でのティッシュ配りもあり …

子供は天才 – ヤル気のスイッチ

この動画は少し古いものですが,見てびっくり. 子供の可能性は大人の想像を超えています. こんな幼稚園・保育園へ行きたかった.この子達は今どうしているのだろう? スポンサード リンク 歳を取ると幼児に近 …