山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第45週の花 シクラメン

投稿日:2017-11-06 更新日:

冬の鉢植の代表としてよく知られているシクラメンは花の形がなんともとらえようが無い形をしていますね.葉を見るとハート型をしています.

ハート形の葉は葉として茎の接続部が中央にあるのでバランスがとれています.葉先が重みで下がり難く,葉に溜まった水は茎を伝わって根の方に運ばれるようになっています.一方,花の方はやや下向きになっています.

名前の由来

和名で「カガリビバナ」という名前はかがり火の様に燃えて見えるところから名付けられました.また,「ブタノマンジュウ」は英名 sow breadの和訳ですが,パンが饅頭になっていて面白いですね.どちらもあまり広まらず,シクラメンとして知られています.読み方によってはキクラメンとされる場合もあります.

学名のCyclamenは花茎が受粉後に螺旋状になることから来ています.ギリシア語のキクロス(kiklos:螺旋,円)からですが,英語のCycleなども同語源です.

芳香シクラメン

布施明の歌で「シクラメンのかほり」が有名ですが,シクラメンに香りはほとんどありません.もともと良い香りで無かったっ為,品種改良で香りがしない方向に選抜されてきました.

スポンサード リンク
スポンサード リンク

それでは歌と違うということで,芳香シクラメンが研究されてきましたが,うまく行きませんでした.1996年(平成8年),埼玉県農林総合研究センター園芸支所(現園芸研究所)でバイオテクノロジー駆使してとうとう芳香シクラメンとして,「孤高の香り(紫)」,「麗しの香り(ピンク),「香りの舞い(濃紫)」を作り出しました.

さらにこれらから,DNA変異を起こさせ,「天女の舞(サーモンピンク)」,「絹の舞(白)」,「みやびの舞(赤紫)」が作り出されました.

ここまでやるとなんだか生命の原則や倫理を越えている様にも思えますが,「シクラメンのかほり」の歌の影響力によるものです.

シクラメンのデータ

目:サクラソウ目 Primulales
科:サクラソウ科 Primulaceae
属:シクラメン属 Cyclamen
種:シクラメン C. persicum
学名:Cyclamen persicum Mill.
和名:シクラメン,カガリビバナ,ブタノマンジュウ
英名:Cyclamen

花:秋から春に白や赤・黄・桃色の花が咲きます.
葉:ハート形をした柄の長い葉には白斑があります.
品種改良:黄色や二色,フリンジ咲き,八重咲き,芳香シクラメン,ガーデンシクラメンなどは戦後に開発されました.
生産:日本では冬の鉢植えとして生産量が一位の花です.
原産地:地中海沿岸,ギリシャ,チュニジアなど

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

チロリアンランプ

第38週の花 チロリアンランプ(ウキツリボク,浮釣木)

スポンサード リンク 花を見れば一目で覚えてしまうくらい特徴のあるランプ型をしています.和名はウキツリボク(浮釣木)と言います.花が釣られていて浮いている様に見えることから名前が付いています.チロリア …

第44週の花草木 ススキ

先日,荒川の河川敷をサイクリングすると,ススキとセイタカアワダチソウがちょうどよい具合な比率で別れて群生していました.ススキに黄色いセイタカアワダチソウの黄色は良く合っています. スポンサード リンク …

第49週の花草木 ポインセチア

今の時期に花屋さんの前を通ると目立っているのが,シクラメンとポインセチア. 標準和名はショウジョウボクといいます.ショウジョウとは「猩々」と書きますが,能の中に出てくる真っ赤な能装束で飾った猩々という …

第26週の花草木 アジサイ

アジサイが咲いています.前回のタチアオイと同時期の梅雨時に咲く花です. 主に青い花と赤い花があります.これは土壌の酸性度により変わり,酸性度が強いとアルミニウムイオンが土中に溶けだし,青い色をつけます …

第16週の花草木 ハナニラ

スポンサード リンク 咲いている花が多く,どれを取り上げるか迷います.今日はハナニラ,これはニラやネギと同様にヒガンバナ科に属しますので,ニラやネギと同様の匂いがあります.この匂いは硫化アリル(アリシ …