山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第47週の花 チャ(お茶)

投稿日:2017-11-21 更新日:

毎日飲んでいるお茶.お茶と言えば,「夏も近づく八十八夜」のイメージがありますが,あれは茶の葉の摘む時期で,花は11月後半頃に咲きます.お茶の花は茶畑に行かないとないかと思っていましたが,近所の公園に咲いていました.初めてみました.今日はチャノキのお話です.

スポンサード リンク

世界のチャノキは二系統

中国種(c. sinensis var. sinensis)とアッサム種(C.sinensis var. assamica)の二系統があります.日本のお茶は中国種です.中国南部に自生する灌木です.栽培の為,1m前後の高さに調整されていますが,野生だと2mに達することもあります.

一方,アッサム種はインドのアッサム地方やスリランカなどの自生種で,8-15mの高木です.葉は中国種に比べて大きいです.

チャノキのデータ

ツバキ科ツバキ属の常緑樹です.
目:ツツジ目 Ericales
科:ツバキ科 Theaceae
属:ツバキ属 Camellia
種:チャノキ C. sinensis
学名:Camellia sinensis (L.) Kuntze
シノニム:Thea sinensis L.
和名:チャノキ(茶の木)
英名:Tea plant

スポンサード リンク

花:10-12月初旬ごろに咲きます.花は枝の途中の葉柄基部から1つずつ短い柄でぶら下がるように下を向きます.花冠は白で2-2.5cm程.ツバキの花ににているが,花弁は丸くふくらんでいます.
果実:花と同じくらいの大きさにふくらんでいます.2-3室に分かれ,1個ずつ種子が入っています.
葉:長さ5-7cmで長楕円状披針形をしています.先端はわずかに尖っていて,縁には鋸歯が並んでいます.葉は枝に互生しています.

原産地:インド,ベトナム,中国西南部とされています.
分布:野生化した樹木を含め熱帯から暖帯のアジア

結び

お茶は大好きなので,後日製品としてのお茶を掘り下げてみたいと思います.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第7週の花草木 パンジーと三色スミレ

2月のなかばになっても,春まではまだ少しあるので,花壇は寂しい状況です.その中で様々な色合いを見せているのはパンジーです.この花には数十年前の思い出があります. スポンサード リンク 小学校に入学して …

アジサイ

アジサイの本当の花はすごく小さい

スポンサード リンク ガクアジサイとアジサイの花の説明で,花の様に見えているのはガク(萼)ですと説明しましたが,今までの思い込みがあるので理解しにくかったかも知れません. また,装飾花だと言われてもど …

第51週の花 ゲッカビジン 月下美人

スポンサード リンク 散歩していると庭にゲッカビジンの花が咲いている家がありました.この時期,しかも昼間に数個の花が咲いているので,珍しいなと思い調べてみました. サボテン科クジャクサボテン属の常緑多 …

第52週の花 ノースポールギク (カンシロギク 寒白菊)

スポンサード リンク ノースポールとして知られるこの花の和名はノースポールギク,またはカンシロギクです.白い花が株全体を白く覆うように見える為,北極をイメージしているところからなずけられました. ちな …

第16週の花草木 ハナニラ

スポンサード リンク 咲いている花が多く,どれを取り上げるか迷います.今日はハナニラ,これはニラやネギと同様にヒガンバナ科に属しますので,ニラやネギと同様の匂いがあります.この匂いは硫化アリル(アリシ …