山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

良書の紹介「徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか」稲垣栄洋著

投稿日:2017-11-23 更新日:

表題の本を読んでいる最中ですが,なかなか面白い内容なので紹介します.本書を手にしたときはあまりあまり期待していなかったのですが,出だしの部分を読み始めると,興味ある話題が流れる様に関連性をもって紹介されていきます.

流し読みのつもりで読み始めたのですが,ノートを取りながら読み,本ブログで紹介したくなりました.

冒頭の部分だけですが内容は以下の様に進みます.

戦国武将たちは植物を愛していた

信長も秀吉も家康もみな花を愛でていました.とりわけ家康は,今風に言えば「植物オタク」だったとのこと.

戦国武将たちは現代の植物学者が舌を巻くほど観察眼があったとのこと.ここまで読んだだけで物語の展開を知りたくなります.

家康と江戸

本書はすらすらと読み進められますが,内容は実に興味深いものばかりです.スゲが生えていたことから巣鴨,小菅がヨシが生えていたことから吉原,足立区の足立もアシから,そしてヨシとアシは同じ植物で,アシは悪しなので良しとしたことなど.

鎌田はガマからきていて,蒲焼はウナギを蒲の穂の様に串刺しにして焼いていたことから蒲焼ということなど,近くの大井も井草が多かったからなどと,話が流れていきます.

以上の植物は低湿地に生えているもので,江戸の東南部の低地の下町の代表的な植物だったこと.そして,西部の高台では水が少なくススキが生えていたこと,そのススキはカヤ(茅,萱)と呼ばれて茅葺き屋根になったとのこと.

スポンサード リンク

茅場町という地名は萱を扱う業者が集まっていたことなど.また,千駄ヶ谷千の駄(荷駄)を積めるほどの萱がとれたこと.千駄木は千頭の馬に積むほどの薪がとれたところから来た名前であること.

ちなみに駄賃とは馬に約135㎏の荷駄を積んだ代金であることからきているとのこと.

断片的な知識がドンドン繋がっていきます.

貨幣としての米と土地の広さの関係

以上のように話がどんどん展開していくと断片的な知識が実は巧妙なシステムの一部だったことがわかってきます.現代の工業社会,情報化社会が様々な要素を複雑にシステム化されているように,当時の農業社会も巧妙なシステムが組まれていたことを知ります.

関心したのは,人が1年に食べる米の量が一石で,100石あれば100人が1年間食べていける米の量であること.

その10分の1が一斗,そのさらに10分の1が1升で,そのまた10分の1が1合だということ.人の1食分が1合ということですごくわかり易いです.

まとめると,
1合=10勺
1升=10合
1斗=10升
1石=10斗

そして面積の1反は当時一石の米が収穫できる広さで,人ひとりが一年間に食べる米の量という事です.

そして,現代でも使われている一坪が人が一日に食べる米をとれる広さだということ.当時のお金は米で面積にも密接につながっていたというのは興味深いことです.

むすび

まだまだほんの一部ですが,話は当時のリサイクル,軍事,薬品,芸術,園芸,家紋などドンドン繋がっていきます.

ひとことで言うと興味の尽きない本です.興味ある方はぜひご一読ください.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

暦

グレゴリオ暦(現在の暦)とユリウス暦

なじみのない言葉かもしれませんが,グレゴリオ暦というのは現在使用している暦を言います.日本では明治5年から採用しました.グレゴリオ暦は1582年に始まり,世界各国に広まりました.ヨーロッパではそれ以前 …

トウガン

トウガンの食べ方

スポンサード リンク トウガンを頂きました.同時期に採れるスイカは甘くて美味しいのですが,トウガンの方は子供の頃からあまり好きではありません.味が無いのです. 味噌汁に入れたり,煮込んで味付けしたり, …

今からちょうど150年前の1868年は明治元年です

明治元年は1868年です.そして,今年は2018年ですから,ちょうど150年前ということになります.50年前に明治100年記念というのをやっていたのを覚えています.あれから50年経ってしまいました. …

花

「みんなの花図鑑」サイトリニューアルというお知らせが届く

スポンサード リンク 以前花の名前を知りたいときにすごく便利だと紹介しました「みんなの花図鑑」というサイトからリニューアルのお知らせが届きました.「花の名前を知りたいサービス」が終了とのことです.また …

山道

夏目漱石の草枕 冒頭部分だけを詳しく現代語で理解してみる

スポンサード リンク 山路を登りながら,こう考えた —— 山路を登りながら,こう考えた.智に働けば角が立つ.情に棹さおさせば流される.意地を通せば窮屈だ.兎角に人の世は住みにく …