山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

江戸時代の米の量の単位と土地の広さと貨幣について

投稿日:2017-11-25 更新日:

2日前の「徳川家の家紋は・・・」で,米の量の単位がでてきました.土地の広さと貨幣を含めてもう少し詳しく見ていきましょう.

スポンサード リンク

体積

1石=10斗 (=180.391L=米150㎏,1年分)
1斗=10升 (=米15㎏)
1升=10合 (1.8L=米1.5㎏)
1合=10勺 (180ml=米150g,1食分)

面積

1町=10反 (1町≒1ヘクタール=10,000m)
1反=10畝 (=600畳=約992㎡,以前は米1石強の収穫)
1畝=30歩

1歩=1坪=2畳分(=以前は1合の米の収穫)

1俵=4斗=米60kg (明治に全国統一されました)
2俵は馬一匹の積載量

知行の換算は米1俵=1石=金1両(名目レート)です.これは蔵米(精米)5俵=1人扶持(1日5合換算の端数切り上げによる)と同等になります.

天領の税率は四公六民なので,知行1石からは4斗(税金)が得られます.これを精米すると約3斗5升の精米1俵(蔵米)となります.

1俵は大豆や小麦の場合も米と同様に60kg,馬鈴薯や大麦だと50kg,ソバだと45kg,木炭だと15㎏になります.

貨幣

江戸では金遣,上方では銀を使っていました.
金貨は上級武士,銀貨は下級武士と商人,銭貨は庶民と農民が使っていました.金と銀の交換は相場で決まりました.

金貨

1両=4分=16朱=64糸目
(四進法の単位系は甲州金の慣習が継承されました)

銀貨

1貫=1,000匁=10,000分

スポンサード リンク

銭貨

1貫=1,000文

解説

1. 1石は人が一年間に食べる米の量です.

2. 1反で1石強の米が収穫できました.その後収穫量は増えています.

3. 両は質量の単位ですが,武田信玄により鋳造を命じられた甲州金の単位として使われるようになりました.

4. 甲州金の四進法が江戸時代にも継承されました.

5. 米の価値は相場で変わりましたが,元禄年間から幕末の世情不安に至る前までは,米1石1両程度でした.

6. ちなみに1両小判のデザインは米俵だという説もあります.

7. 米,穀物,金,銀,材木,食品,燃料などの価値は相対的ですから現在の価値に換算するのは難しいです.何を基準に比較するかで大きく変わってしまいます.

8. たとえば,賃金なら1両=30-40万円,そば代なら1両=12-13万円,米価なら1両=約4万円(元文年間1736年-1741年)

9. 幕末は1両の価値が大幅に下がり,3,000円-4,000円程度になったと言われています.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

緑化

緑化と植林そして植樹について

スポンサード リンク 緑化には苗木の技術が役立っていること,そしてその苗木つくりには挿し木や接ぎ木の技術に基づていることを学んできました.今日は緑化について掘り下げるとともに,似た言葉である植林や植樹 …

ホールドリング

スマホ ホールドリングまたはバンカーリングは写真撮影に最適

最近花をスマホで撮影する事が多くなり,低い所高い所の撮影が頻繁になってきました.その時活躍するのがスマホ ホールドリングです.これがあると片手撮影さえできる様になりました.最も大切なのは落とさないこと …

Good idea: 納豆+パルメザンチーズ(粉チーズ)

納豆の食べ方には人それぞれ好みがあると思います.混ぜると美味しいという人が多いですが,混ぜても混ぜなくても,食感が違うだけで,好みの問題です.食感も味の一つですけど. 私の納豆の食べ方はかき混ぜる事無 …

みそ

赤味噌と白味噌のつくり方の違いで色の違いができる理由

スポンサード リンク 前回は味噌の種類は大きく分けて3種類+調合味噌があることと赤味噌,白味噌の違いは蒸す(赤)と煮る(白)の違いであることを見てきました.今回はなぜ色の違いができるのかについて詳しく …

シャワー

暑い時に涼しくする効果的な方法:水シャワー

スポンサード リンク 暑い日が続きます.熱中症にならない様に水を飲みましょうと放送しています.こんな時は水シャワーが一番です.生ぬるい水が出てくるかも知れませんが,これ位が丁度気持ち良いです.5分間位 …