山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

江戸時代の米の量の単位と土地の広さと貨幣について

投稿日:2017-11-25 更新日:

2日前の「徳川家の家紋は・・・」で,米の量の単位がでてきました.土地の広さと貨幣を含めてもう少し詳しく見ていきましょう.

スポンサード リンク

体積

1石=10斗 (=180.391L=米150㎏,1年分)
1斗=10升 (=米15㎏)
1升=10合 (1.8L=米1.5㎏)
1合=10勺 (180ml=米150g,1食分)

面積

1町=10反 (1町≒1ヘクタール=10,000m)
1反=10畝 (=600畳=約992㎡,以前は米1石強の収穫)
1畝=30歩

1歩=1坪=2畳分(=以前は1合の米の収穫)

1俵=4斗=米60kg (明治に全国統一されました)
2俵は馬一匹の積載量

知行の換算は米1俵=1石=金1両(名目レート)です.これは蔵米(精米)5俵=1人扶持(1日5合換算の端数切り上げによる)と同等になります.

天領の税率は四公六民なので,知行1石からは4斗(税金)が得られます.これを精米すると約3斗5升の精米1俵(蔵米)となります.

1俵は大豆や小麦の場合も米と同様に60kg,馬鈴薯や大麦だと50kg,ソバだと45kg,木炭だと15㎏になります.

貨幣

江戸では金遣,上方では銀を使っていました.
金貨は上級武士,銀貨は下級武士と商人,銭貨は庶民と農民が使っていました.金と銀の交換は相場で決まりました.

金貨

1両=4分=16朱=64糸目
(四進法の単位系は甲州金の慣習が継承されました)

銀貨

1貫=1,000匁=10,000分

スポンサード リンク

銭貨

1貫=1,000文

解説

1. 1石は人が一年間に食べる米の量です.

2. 1反で1石強の米が収穫できました.その後収穫量は増えています.

3. 両は質量の単位ですが,武田信玄により鋳造を命じられた甲州金の単位として使われるようになりました.

4. 甲州金の四進法が江戸時代にも継承されました.

5. 米の価値は相場で変わりましたが,元禄年間から幕末の世情不安に至る前までは,米1石1両程度でした.

6. ちなみに1両小判のデザインは米俵だという説もあります.

7. 米,穀物,金,銀,材木,食品,燃料などの価値は相対的ですから現在の価値に換算するのは難しいです.何を基準に比較するかで大きく変わってしまいます.

8. たとえば,賃金なら1両=30-40万円,そば代なら1両=12-13万円,米価なら1両=約4万円(元文年間1736年-1741年)

9. 幕末は1両の価値が大幅に下がり,3,000円-4,000円程度になったと言われています.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

温泉 イメージ

私の極楽入浴法

スポンサード リンク 秋深まる10月は温泉旅行などの季節です.食べ物は美味しいし,ゆっくりと入る温泉はこの世の極楽です. 最近は遠くの温泉に行かなくても,身近なところに○○の湯などの日帰り温泉もあり, …

「地球は青かった」 4月12日は世界宇宙飛行の日

1961年4月12日,世界初の有人宇宙衛星船ボストーク1号が打ち上げに成功した日です.搭乗したガガーリン少佐は、宇宙から地球を見た時の言葉が有名な「地球は青かった」.世界中で流行りました.私もどこかで …

PC

PCでウィンドウが画面の外に出てマウスで戻せなくなった時 (メモ)

スポンサード リンク PCで作業中(Window 10)にウィンドウが画面の外に出てマウスで戻せなくなることがあります.ウインドウが画面の外に行ってしまって,マウスので指定でず,ウインドウを引き出せな …

雨

散歩の雨具は旅行用ナイロン製ポンチョがベスト

散歩に出かける時雨が降りそうな気配ががあると躊躇します.でも大丈夫.そういう時,私は旅行用ナイロン製ポンチョを散歩用バッグに入れて出かけます.雨が降り出したら,バッグから取り出して着るまでたったの10 …

水筒

熱いコーヒーと冷たい麦茶

スポンサード リンク 暑い季節になると冷たい麦茶が最高です.でも,コーヒー好きの方はチョットだけでも熱いコーヒーを飲んでみたいのでは? 夏場はアイスコーヒーを飲む方も多いと思います.でも,アイスコーヒ …