山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

「徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか」稲垣栄洋著 続き,味噌の話

投稿日:2017-11-26 更新日:

本書を読み進むと,城には植物の知識を利用して武器や食料となる材料で築城し,兵糧攻めに耐えられる工夫や忍者も様々な植物知識をもっていたとか興味深い話が続きます.

味噌の話になって,味噌と戦国の武将が深く結びついているとは知りませんでした.

本ブログでも以前に赤味噌,白味噌の話をしましたが,赤味噌こそが徳川家康をとその家臣団を支えていて,江戸に幕府を開いた後も三河の赤味噌を取り寄せていたとのことです.

スポンサード リンク

三河の赤味噌

豆味噌は三河の特産品で中国から伝わったとされています.その後,発酵を早めるために米麹や麦麹をいれる麹味噌ができましたが,三河地域では台地上の地形の為,水田が作れず,米が貴重品でした.一方土地の痩せたところで育つ大豆はがあるので味噌を従来の製法で作って来ました.

中でも岡崎から八丁(約870m)離れたところにある八帖村の味噌は有名で八丁味噌と呼ばれています.

大豆100%の赤味噌は栄養分が豊富で様々な効能があると言われています.

信州味噌

同じく水田が少ない信州でも当時武田信玄が考案したと言われる陣立味噌を軍用食として活用し,海が無いことから塩の備蓄の観点でも味噌作りを奨励していました.

ちなみに,山梨のほうとうも信玄が広めた兵糧食と言われています.米がとれない地域では小麦,ソバ,雑穀などを栽培していたのでこれらを太い麺状にして持ち運びが便利にしておいたという事です.

仙台味噌

仙台は今では米どころですが,伊達政宗の時代は湿地で農業に不向きな上,江戸城改修など経済的な負担が大きく,米不足でした.それゆえに米を節約し大豆の多い赤味噌を作らせていました.

スポンサード リンク

むすび

なぜ,味噌の話になったかというと,最近我が家ではチョットした味噌汁ブームで,しばらく冷蔵庫の奥に眠っていた八丁味噌が無くなってから,美味しい赤味噌探しをしている最中だったからです.

だんだん味噌のストックが増えて毎日の様に味噌汁を飲んでいるこの頃,本書は植物と歴史の本ですが,赤味噌をベタ褒めしているので紹介することにしました.

味噌とご飯は栄養的に補完しあって両者で完全食に近くなるそうです.また,幸せホルモンと言われるセロトニンのもととなるトリプトファンが含まれているとのことで,味噌汁を飲まないのはもったいないくらいに思えます.

数年前まで「減塩」がブームで味噌は天敵の様に扱われてきましたが,適度な塩分が無いと生きていけません.熱中症で倒れやすくなります.そろそろ見直されても良いのでは?

病気で医師に摂取を禁じられていないのであれば,適度に塩分を取るのは必要なことだと思います.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

宝永(ほうえい)年間 地震,噴火の時代 ひょっとして「今」と似ている?

忠臣蔵の元禄を紹介しました.元禄の次の宝永は興味深いので紹介します.この頃は地震や噴火など災害が多発しました.前の元禄の平和がうそだったように,急に雲行きが怪しくなりました.1703年11月22日の元 …

3月3日はひな祭り,そして桃の節句

スポンサード リンク 3月3日のはひな祭りです.昔から,女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事です.内裏雛(だいりびな),三人官女(さんにんかんじょ),五人囃子(ごにんばやし),随身(ずいじん、ずい …

首痛,頭痛,肩こり対策で首サポーターを買いました

数か月前から少し無理をすると首痛,頭痛,肩こりが起こり,姿勢を正すことを主に治療を試して来ました. スポンサード リンク 以前腰痛で悩んだときは椅子の座り方と姿勢を正し,移動中の荷物は2つに分けてバラ …

耳栓

低反発ウレタン耳栓の着け方

低反発ウレタン耳栓の8種サンプルを買ってから,様々なタイプの耳栓を付けたり外したりして何度も何度も試した末,装着方法のコツがわかってきました.今日は装着方法のコツについて経過報告します. 前回でお話し …

コーヒー

コーヒーの技レベル1:挽いたコーヒーを購入し,ドリップして飲む(1)

スポンサード リンク 前回は美味しいコーヒーは自分の技を高めることのお勧めとレベルについて,そして必要な器具についてお話ししました.今回は最初のレベル1についてお話しします.今までに自分でドリップした …