山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

12月は師走 旧暦と和風月名について

投稿日:2017-12-01 更新日:

暦

約150年前の旧暦である太陰太陽暦(天保暦1844-1872)では12月を師走と呼んでいました.これを「和風月名」と言います.師走は今も昔も忙しく,まだ現役で使われている言葉ですね.

生活が今より季節(自然)と密着していた昔は自然に愛着心を持ち,生活のほうを季節に合わせて日々を過ごしていました.

スポンサード リンク

昔の人々は和風月名の他にも季節や行事に合わせて月を呼ぶ習慣がありました.これらを別名とか異名と呼んでいます.

以下,様々な呼び方を見ていきましょう.新暦と旧暦は数週間の差がありますので,季節感がずれています.

ちなみに新暦とは現在使用している太陽暦であるグレゴリオ暦(Calendarium Gregorianum, Gregorian calendar),旧暦とは太陰太陽暦(天保暦1844-1872)を指します.

12月

師走(しわす):旧暦12月は新暦の12月下旬から2月上旬頃
師も走るほど年末は忙しいことから名付けられました.

12月の他の呼び方

建丑月,晩冬,梅初月,乙子月,弟子月,親子月,暮来月,暮古月,年積月,果ての月,春待月,雪月,黄冬,弟月,嘉平,橘と,季冬,窮陰,窮紀,窮月,窮凋,窮冬,窮稔,苦寒,月窮,玄きょう,厳月,玄律,極月,さ月,茶月,残冬,三冬月,三余,四極,小歳,除月,清祀,大呂,凋年,天晧,冬索,と月,二之日,汎月,氷月,杪冬,暮歳,暮節,暮冬,臘月,臈月

スポンサード リンク

(昔の人々の月の呼び方への愛着を感じて頂くだけで十分です)

昔の呼び方をそのまま現代の暦に置き換えると,実際の季節感より数週間早いので残念ですね.だいたいですが,その月の月末から昔の月が始まると見なしておけば良いでしょう.

和風月名一覧

1月
睦月(むつき):正月に親類一同が集まり睦び合う月

2月
如月(きさらぎ):衣更着(きさらぎ)の意味で,寒いので衣を重ね着する月

3月
弥生(やよい):木草弥生(いやお)い茂る月

4月
卯月(うづき):卯の花の月

5月
皐月(さつき):早月(さつき)の意味で,早苗(さなえ)を植える月

6月
水無月(みなづき,みなつき):水の月の意味で,田に水を引く月

7月
文月(ふみづき,ふづき):穂含月(ほふみづき)の意味で,稲の穂が実る月

8月
葉月(はづき,はつき):木々の葉が落ちる月

9月
長月:(ながつき,ながづき):夜の長い月

10月
神無月(かんなづき):神の月の意味で神に新穀をささげる,あるいは神が出雲大社に集まる月

11月
霜月(しもつき):霜の降る月

12月
師走(しわす):師匠も走るほど忙しい月

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

国際生物多様性の日(International Day for Biological Diversity)

地球のいのち、つないでいこう〜身近な生物多様性 1994年の「生物の多様性に関する条約」締約国会議で制定されました.当初は12月29日でしたが,2000年の第5回条約締約国会議でもっと認知されやすい様 …

暦

今日2018年2月15日木曜日は旧暦の12月31日大晦日です

スポンサード リンク 昔のことを勉強するにあたって,旧暦を意識するのも面白いもので,季節感のズレを体感することができます.旧暦は過去において長い間利用されてきて,日本の文化に深く根付いていました.歴史 …

ダッシュ

夏が近づいてきました,暑さに備えて体調を整え並行して基礎体力をつけましょう

いよいよ暑い夏が間近です.余力のあった数年前は夏ウェルカムだったのですが,最近は余力部分の基礎体力減ってきて,すこし体調を崩すと長びきます.夏に向かって体調コントロールに注意を払いながら基礎体力の増強 …

夏目漱石のこころ の冒頭部分を読んで思い出したこと,感じたこと

私はその人を常に先生と呼んでいた.だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない.これは世間を憚かる遠慮というよりも,その方が私にとって自然だからである.私はその人の記憶を呼び起すごとに,すぐ「 …

旧暦元禄15年12月14日の討ち入りと月の形と位置

チョット時期が外れていますが,昨日旧暦の話が出てきましたので,江戸時代の有名な事件である忠臣蔵の討ち入りについて考えて見ます. スポンサード リンク 忠臣蔵の討ち入り 事件の発生は,元禄15年12月1 …