山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第51週の花 ゲッカビジン 月下美人

投稿日:2017-12-18 更新日:

散歩していると庭にゲッカビジンの花が咲いている家がありました.この時期,しかも昼間に数個の花が咲いているので,珍しいなと思い調べてみました.

サボテン科クジャクサボテン属の常緑多肉植物で原産地のメキシコから輸入された原種とのこと.

ゲッカビジンは日本では6-11月に咲き,体力があれば2-3ヵ月後にもう一度咲くということで,今咲いているのは今年2度目のものかも知れません.

つぼみは最初は垂れ下がっていて,開花直前になると自然に上を向いて膨らみます.夕方に芳香を漂わせるとのこと.

スポンサード リンク

これは生態学的にコウモリ媒花に合わせた形で適応してきたと考えられています.

この花には特徴的な美しさがあり,珍奇なものでもあったことから,俗説が流布しています.また,日本はメキシコと生育環境が違うので,開花の時期や時間なども変わってきていると思います.特に都市の街灯は日中から24時間明るい環境をつくっていますので,多くの植物に影響力が強いと思います.その他に,土や環境下の生態,人為的に加える肥料などもえいきょうしていると思います.

スポンサード リンク

ゲッカビジンのデータ

目:ナデシコ目 en: Caryophyllales
科:サボテン科 en: Cactaceae
属:クジャクサボテン属 Epiphyllum
種:ゲッカビジン E. oxypetalum
学名:Epiphyllum oxypetalum
和名:ゲッカビジン(月下美人)
英名:Dutchman’s Pipe,Queen of the Night

花:高さが1-2mになるとつぼみができます.花は夜に咲き始め翌朝までの一晩でしぼみ、めしべに他家受粉が起きなければ散ります.白い花で20~25cm程度の大きさです.

果実:原産地から導入された1つの株で増やされたため,ほとんど果実は実りませんでした.1980年代に原産地から新たに野性の株を持ち込んでから実が付くことも可能になりました.果実は赤く,果肉には白くて黒い胡麻状の種子が散在します.種子は紡錘形で大きく,食べると甘いとのこと.

茎:茎は昆布状の扁平な葉状茎で,しばしば株元から細長い鞭状の茎を伸ばします.葉状をした茎の縁は波型で,その凹部には産毛状の刺(葉)があります.これを刺座と言い,サボテン科特有の短枝です.

生育環境:原産地はメキシコの熱帯雨林であるため,寒さに弱いです.零下になると組織が壊死して葉状茎に褐色斑点ができてしまいます.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-,

執筆者:


  1. 清水 より:

    良かったです 月下美人も入って居たので嬉しい! タイトルの月がさだかで有りませんでしたー

    昼間も咲く品種もあるのですね
    どんな高価な香水でも及ばない素敵な薫りが漂って来る気がしますね!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第43週の花草木 セイタカアワダチソウ

川沿いの土手にはセイタカアワダチソウが群れを成して生えています.私が小中学生の頃,この草は外来植物で駆除しないと大変なことになると教えられて,悪い雑草だというイメージがありました. スポンサード リン …

第16週の花草木 ハナニラ

スポンサード リンク 咲いている花が多く,どれを取り上げるか迷います.今日はハナニラ,これはニラやネギと同様にヒガンバナ科に属しますので,ニラやネギと同様の匂いがあります.この匂いは硫化アリル(アリシ …

今,読書中の本: ぼくのとなりの野草 上野邦雄著

スポンサード リンク 今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:ぼくのとなりの野草 著者: 上野邦雄 出版社:青山ライフ出版,星雲社 良書です.本書は身近な野草について27 …

オニユリ

第31週の花 オニユリ(鬼百合)

スポンサード リンク 7月,8月になるとオニユリを見かける様になります.オレンジ色に黒の斑点.おしべが花弁から長く飛び出しています.美しいというよりどぎつい色合いですが,自然界ではこれ位でないと目立た …

8月の植物写真

8月の植物写真です. スポンサード リンク スポンサード リンク