山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般 自然 科学 技術

12月22日金曜日(2017年)は冬至です

投稿日:2017-12-21 更新日:

冬至は北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日です.日照時間が最も短くなります.冬至を境に6月の夏至に向かってだんだん長くなっていきます.

冬至は北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日です.日照時間が最も短くなります.冬至を境に6月の夏至に向かってだんだん長くなっていきます.

冬至は昔から太陽が生まれ変わる日と考えられていましたので,祝祭日となっています.また,旧暦である太陰太陽暦では冬至が暦を計算する上での起点となっていました.現在は春分点が天文学上の起点0°となっています.

スポンサード リンク

冬至の風習

世界各地で冬至祭:古代ローマのサチュルナリア,クリスマス,イラン発祥のミトラ教の冬至祭儀,ヤルダ,ドイツ北欧のユール(ゲルマン人の冬至祭),スラブ地方の Korochun,ユダヤ教のハヌカ,アフリカ系アメリカ人の Kwanzaaなどがあります.

冬至風呂:柚子湯に入る習慣は江戸時代の銭湯から
とうじの「と」が付く食べ物をたべる風習:とうなす(カボチャ,豆腐,唐辛子,ドジョウを食べます.

2018年以降の冬至

2018年 12月22日
2019年 12月22日
2020年 12月21日(閏年)
2021年 12月22日
2022年 12月22日
2023年 12月22日
2024年 12月21日(閏年)
2025年 12月22日

冬至のデータ

英: winter solstice,southern solstice,December solstice,
冬至:太陽黄経が270度(0°が春分点)
冬至日:冬至を含む日(地球上の同一瞬間なので,国によって日にちが違う事もあります)
24節気の冬至:期間としての冬至は冬至から次の節気の小寒前日まで
北半球での太陽:南中高度が最も低くなる日で,日出,日没の方角が最も南寄りになります.

スポンサード リンク

東京の日の出,日の入り時刻:2017年12月22日金曜日
日の出時刻 6:48
日の入り時刻 16:33
冬至の日の出,日の入りについて:冬至が日の出の時刻が最も遅い日,日の入り時刻が最も早い日ではありません.
理由は以下のサイトに詳しく説明されています.

暦Wiki(国立天文台):日の出入りの季節変化
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C6FCA4CEBDD0C6FEA4EAA4C8C6EEC3E62FC6FCA4CEBDD0C6FEA4EAA4CEB5A8C0E1CAD1B2BD.html

要するに,季節により太陽の南中時刻が変化する為です.なぜ,変化するかという説明は以下のページにあります.

暦Wiki(国立天文台):南中時刻は変化する
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C6FCA4CEBDD0C6FEA4EAA4C8C6EEC3E62FC6EEC3E6BBFEB9EFA4CFCAD1B2BDA4B9A4EB.html

次のページは補足説明になります.

暦Wiki(国立天文台):日の出入りの早い場所・遅い場所
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C6FCA4CEBDD0C6FEA4EAA4C8C6EEC3E62FC6FCA4CEBDD0C6FEA4EAA4CEC1E1A4A4BEECBDEA.html

すこし,複雑ですね.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般, 自然 科学 技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

挿し木

挿し木と接ぎ木について

スポンサード リンク 今まで様々な植物を見てきました.その中で,種子によらない方法で増えて行く植物が多いことに驚きます. 挿し木や接ぎ木といった方法でも植物は増えて行くので不思議ですね. 今日は挿し木 …

王様の速読術

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:王様の速読術 著者:斉藤栄治 出版社:三笠書房 スポンサード リンク 良書です. 先日,「齋藤孝の速読塾」を紹介しました.今日は別 …

旅の日と奥の細道

5月16日は「日本旅のペンクラブ(旅ペン)」が1988年に制定した旅の日. これは元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)に松尾芭蕉が「奥の細道」の旅へ旅立った日にちなんだものです. せわしない …

暦

今日2018年2月15日木曜日は旧暦の12月31日大晦日です

スポンサード リンク 昔のことを勉強するにあたって,旧暦を意識するのも面白いもので,季節感のズレを体感することができます.旧暦は過去において長い間利用されてきて,日本の文化に深く根付いていました.歴史 …

パプリカ

ピーマンとパプリカについて

前回に続いてトウガラシの仲間であるピーマンとパプリカについて見ていきます.山本紀夫著 トウガラシの世界史 辛くて熱い「食卓革命」によればトウガラシの貴重性,重要性が世界各地に広まり,現在では世界で最も …