山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

Good King Wenceslas 慈しみ深き王ウェンセスラス

投稿日:2017-12-22 更新日:

クリスマスまでもう少しです.Good King Wenceslasもクリスマスの時期によく聴く曲です.この曲のチューンは13世紀の「Tempus Adest Floridum」に付けられていたもので,歌詞はジョン・メイソン・ニール師 Reverend John Mason Neale(1818-1866)によって翻訳作詞されたものです.

この曲のウェンセスラス王は,ボヘミア公の聖ヴァーツラフ1世(Wenceslaus I)がモデルです.ヴァーツラフ1世は、907年に生まれ935年9月28日に暗殺されました(929年死亡説もあります).ヴァーツラフ1世は殉教とその死後に数々の奇蹟が起こったことから列聖されて聖人となりました.


スポンサード リンク

歌詞

Good King Wenceslas looked out on the feast of Stephen,
When the snow lay round about, deep and crisp and even;
Brightly shone the moon that night, tho’ the frost was cruel,
When a poor man came in sight gath’ring winter fuel.

“Hither, page, and stand by me, if thou know’st it, telling,
Yonder peasant, who is he? Where and what his dwelling?”
“Sire, he lives a good league hence, underneath the mountain;
Right against the forest fence, by Saint Agnes’ fountain.”

“Bring me flesh, and bring me wine, bring me pine logs hither:
Thou and I will see him dine, when we bear them thither.”
Page and monarch, forth they went, forth they went together;
Through the rude wind’s wild lament and the bitter weather.

“Sire, the night is darker now, and the wind blows stronger;
Fails my heart, I know not how, I can go no longer.”
“Mark my footsteps, my good page. Tread thou in them boldly:
Thou shalt find the winter’s rage freeze thy blood less coldly.”

スポンサード リンク

In his master’s steps he trod, where the snow lay dinted;
Heat was in the very sod which the saint had printed.
Therefore, Christian men, be sure, wealth or rank possessing,
Ye who now will bless the poor, shall yourselves find blessing.

歌詞大意

善良なるウェンセスラス王は、聖ステファンの目出度き日に、城より外を見し
雪がそのあたりに降り積もり、深く鋭く、一面を覆いけりしとき
月が煌々と輝きし夜ではあれども、霜は峻厳にすべてを氷らせり
貧しき男、寒さをしのぐ薪を集めし姿、王の目に留まりしとき

「来たれ、小姓よ、余の傍らに立ち、もし知るならば余に答えよ
彼方の小作農、何ものなるや? その住処ぞいずこ、いかなるものぞ?」
「我が君、かの者、ここより 1 リーグ遙か、山の麓にて
森の境界柵に面し、しかして聖アグネスの泉のわきに住みたり」

「小姓よ、肉を持ち来たれ、葡萄酒を、松の薪を持ち来たれ
余とそなたは、これらを担いて彼方に運び、貧しき男に馳走を分けん」
君主と小姓は、道を進みけり、困難な道を共に進みけり
過酷な風が荒々しく叫びをあげる、冬の恐るべき気象のなかを

「我が君、今はや夜は深く暮れ、風の勢いぞますます強し
我が心くじけ、なすすべなくして、もはや進むことかなわじ」
「余の小姓よ、余の足跡を見失うな、こころ雄々しく余の後に続け
されば、荒れ狂う冬の吹雪が冷やす、そなたの血もいささか暖まらん」

主の足跡を小姓は辿れり、雪はくぼみて歩みは易しけり
いかでかまこと芝土の現れ、熱を恵む、聖者の歩みが奇蹟齎せり
そが故に、知るがよい、キリストの信徒、富と身分持つ豊かな者らよ
貧しき者に恵み与えし者、おのが身に恵みと祝福の賜物を得ん

(以上,Wikipediaのウェンセスラスはよい王様より引用)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%AF%E3%82%88%E3%81%84%E7%8E%8B%E6%A7%98

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ススキ

秋の七草(ななくさ) 1

七草(ななくさ)という言葉がありますが,七草にはいろいろな七草があります. 春の七種,秋の七草,昔の七草,夏の七草,冬の七草, 春の七種だけは「草」ではなく,「種」の文字をあてて七種(ななくさ)として …

研究

ローマ字の歴史と表記方法の違い

スポンサード リンク 昨日はラテン語の読み方を見てきました.多少例外はありますが,基本的にローマ字読みすれば良いことがわかりました.そもそもローマ字は日本語の発音をラテン文字で表すためのものですから, …

旅の日と奥の細道

5月16日は「日本旅のペンクラブ(旅ペン)」が1988年に制定した旅の日. これは元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)に松尾芭蕉が「奥の細道」の旅へ旅立った日にちなんだものです. せわしない …

低負荷運動

低負荷運動を無意識に行う習慣を身に付けましょう(3)運動方法と運動量の決め方

低負荷運動を無意識に行う習慣を身に付けるには,自分の日々行っている行動パターンの前後に関連付けると忘れにくいのですが,その時に何の運動をどの位やれば良いのかあらかじめ決めておかないとスムーズにできませ …

蚊

散歩の天敵,蚊に刺されない様にするには

夕涼みがてらの散歩やウオーキングは気持ちがいいですね.でも,蚊に刺されて困ります.今日は散歩やウォーキング中に蚊対策について考えて見ましょう. スポンサード リンク