山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第52週の花 ノースポールギク (カンシロギク 寒白菊)

投稿日:2017-12-26 更新日:

ノースポールとして知られるこの花の和名はノースポールギク,またはカンシロギクです.白い花が株全体を白く覆うように見える為,北極をイメージしているところからなずけられました.

ちなみに,「ノースポール」だけだとサカタのタネの商品名となりますが,一般的にノースポールと呼ばれています.

スポンサード リンク

ノースポールギクのデータ

目:キク目 Asterales
科:キク科 Asteraceae
亜科:キク亜科 Asteroideae
連:キク連 Anthemideae
亜連:Leucantheminae
属:フランスギク属 Leucanthemum
種:カンシロギク L. paludosum

学名:Leucanthemum paludosum (Poir.) Bonnet et Barratte

スポンサード リンク

シノニム:
Leucoglossum paludosum (Poir.) Wilcox, K.Bremer et Humphries
Chrysanthemum paludosum Poir. クリサンセマム・パルドサム
Mauranthemum paludosum (Poir.) Vogt & Oberpr.

英名:swamp chrysanthemum

花:12月-翌年6月に径3cmほどの白い花が咲きます.芯の管状花は黄色です.
葉:
草丈:15-25cm
原産地:アフリカのアルジェリア周辺,地中海沿岸に広く分布しています.
日本へは1960年代に輸入されました.

注:「paludosum」は沼地生のという意味です.

これで2017年の「週の花」シリーズは終了です.よいお年をお迎えください。

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

今,読書中の本: ぼくのとなりの野草 上野邦雄著

スポンサード リンク 今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:ぼくのとなりの野草 著者: 上野邦雄 出版社:青山ライフ出版,星雲社 良書です.本書は身近な野草について27 …

サルスベリ

第35週の花 サルスベリ

スポンサード リンク 猿が登ろうとしても滑ってしまうほど木の肌がつるつるになっていて見分けやすい木です.本当はサルはこの程度の木なら簡単に登れます. サルスベリの幹は成長すると古い樹皮のコルク層が剥が …

第16週の花草木 ハナニラ

スポンサード リンク 咲いている花が多く,どれを取り上げるか迷います.今日はハナニラ,これはニラやネギと同様にヒガンバナ科に属しますので,ニラやネギと同様の匂いがあります.この匂いは硫化アリル(アリシ …

第18週の花草木 クレマチス

友人からクレマチスの開花写真を頂きました.白い花が見事です.蔓性植物の女王とも呼ばれるほど大輪の花を咲かせます. スポンサード リンク クレマチスというのは,センニンソウ属の蔓性多年草で花が大きく観賞 …

第15週の花草木 ユキヤナギ

スポンサード リンク ユキヤナギ 雪柳はバラ科シモツケ属の落葉低木です.小さい白い花をたくさんつけて,今盛んに咲いています.花は5弁で雪白の小さなものを枝全体につけていますので,まるで柳に雪が積もった …