山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第1週の花草木 ハボタン 葉牡丹

投稿日:2018-01-03 更新日:

今日は正月3日ですが,第1週の花草木をハボタンから始めます.
今の時期に公園の花壇などを散歩すると,花は少なく寂しい時期です.今日もっとも多く見かけたのはハボタンです.

花ではありませんが,花壇に彩を添えています.名前の由来は彩のある葉をボタン(牡丹)の花にたとえてこう呼ばれています.

耐寒性に優れているため今の時期に公園の花壇の主役となっています.

ハボタン

ハボタンはアブラナ科アブラナ属の多年草。園芸植物として鮮やかな葉を鑑賞されなすが,寒冷地では越冬できないため,一年草の草花として扱われています.冬期の花壇やプランターなどで、屋外栽培されますが,花は鑑賞にはならず,処分されてしまいます.

スポンサード リンク

キャベツまたはケールの品種改良でできたと考えられています.従って,食用することも可能ですが,味はキャベツ程良くないそうです.また,栽培時に食用不向きな農薬が使用されていることもありますので,口にしない方が安全です.

ハボタンのデータ

目:フウチョウソウ目 Brassicales
科:アブラナ科 Brassicaceae
属:アブラナ属 Brassica
種:ヤセイカンラン B. oleracea
変種:ケール(リョクヨウカンラン) B. o. var. acephala
品種:ハボタン B. o. var. a f. tricolor
学名:
Brassica oleracea L.
var. acephala DC.
f. tricolor Hort.
和名:ハボタン
英名:ornamental cabbage, ornamental kale, flowering kale

花:4-5月に黄色の花がさきます.
葉:葉緑体以外の色素を持たない品種と:色素(アントシアニン)を持つものがあります.
茎,枝:多年草として温暖地で育てると,樹木のような枝を出し,その先端にハボタンがつきます.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

花

花のまとめ(2)

スポンサード リンク 花のまとめシリーズ(2),6月から8月初旬までの記事のまとめです. スポンサード リンク

日本で見かける毒のある植物

野山に草花が咲いていますが,その中には毒をもったものがあります.以下は特に強毒なので,注意したほうが良いと思います. 日本の三大毒草 トリカブト 毒成分:アルカロイド 症状:嘔吐,呼吸困難,臓器不全 …

第23週の花 キョウチクトウ

キョウチクトウ (夾竹桃)が咲いていますね. インド原産で中国経由で江戸時代中期頃に観賞用として渡来しました. 大変生命力の強い木で,草木も生えないと言われた広島の原爆の後に,いち早く蘇り,広島市の市 …

第13週の花 ジンチョウゲ

ジンチョウゲは漢字で「沈丁花」と書きます.(香木の)沈香のような良い匂いをもち,丁子(ちょうじ,クローブ)のような花をつける木からきています. 春のジンチョウゲ(沈丁花) 夏のクチナシ(梔子) 秋のキ …

第47週の花 チャ(お茶)

スポンサード リンク 毎日飲んでいるお茶.お茶と言えば,「夏も近づく八十八夜」のイメージがありますが,あれは茶の葉の摘む時期で,花は11月後半頃に咲きます.お茶の花は茶畑に行かないとないかと思っていま …