山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般 自然 科学 技術

ロウバイとウメの蕾が膨らんできました

投稿日:

ウメのつぼみ

ウメのつぼみ

新年の3が日も過ぎて4日となりました.お正月気分もだんだん平常へ戻りつつあります.

夕方に散歩していると,ロウバイやウメの蕾(つぼみ)ができていました.ロウバイの中にはもうすぐ花開きそうな蕾もあり,寒い中にも一日一日春が近づいてくる予感が感じられます.

ロウバイのつぼみ

ロウバイのつぼみ

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ここ数日は夜空を見上げると星がきれいに輝いています.今晩はしぶんぎ座流星群のピークが明け方にあります.

まだ暗いうちに早起きをする人は,数分間北の空を中心に眺めていれば今年の夢をかなえる流れ星を見つけるかもしれません.

しぶんぎ座流星群

しぶんぎ座流星群は三大流星群(あと,ペルセウス座流星群,ふたご座流星群)の一つです.実はしぶんぎ座というのはありません.うしかい座とりゅう座の境界付近が放射点になっているのですが,昔の命名の名残からそう呼ばれています.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般, 自然 科学 技術
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2017年最後の日を迎えて

スポンサード リンク いよいよ今年も最後の日となりました.皆さんにとって2017年はいかがでしたか?私にとって,今年のもっともの大きな出来事はこのブログを始めたことでした.内容の出来如何は問いませんが …

暦

12月は師走 旧暦と和風月名について

スポンサード リンク 約150年前の旧暦である太陰太陽暦(天保暦1844-1872)では12月を師走と呼んでいました.これを「和風月名」と言います.師走は今も昔も忙しく,まだ現役で使われている言葉です …

宝永(ほうえい)年間 地震,噴火の時代 ひょっとして「今」と似ている?

忠臣蔵の元禄を紹介しました.元禄の次の宝永は興味深いので紹介します.この頃は地震や噴火など災害が多発しました.前の元禄の平和がうそだったように,急に雲行きが怪しくなりました.1703年11月22日の元 …

方丈

未来から ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらずを読むと......

ゆく河の流れは絶えずして,しかももとの水にあらず.淀みに浮かぶうたかたは,かつ消えかつ結びて,久しくとどまりたるためしなし.(方丈記 鴨長明) スポンサード リンク あるいは, 行く川のながれは絶えず …

3月16日は国立公園指定記念日

1934(昭和9)年3月16日当時の内務省が国立公園を日本初の国立公園が指定しました. 指定を受けたのは, 瀬戸内海国立公園 雲仙国立公園 霧島国立公園 の3か所です. 2018年3月現在、34の国立 …