山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

ななくさがゆ(七種粥)

投稿日:

春の七種や餅などを具材にした塩味の粥を1月7日に食べる習慣があります.これは平安時代ごろから始まりました.

春の七種

春の七種は以下の通りです(秋は七草と書き,春は七種と書きます).

1. せり 芹 セリ

2. なずな 薺 ナズナ(ぺんぺん草)

3. ごぎょう 御形 ハハコグサ(母子草)

4. はこべら 繁縷 コハコベ(小蘩蔞)

5. ほとけのざ 仏の座 コオニタビラコ(小鬼田平子)

6. すずな 菘 カブ(蕪) またはノビル

7. すずしろ 蘿蔔 ダイコン(大根) またはヨメナ

ただし,七種粥に七種全てを入れる訳では無く,習慣も形骸化しているので,地域によって食材は異なります.

スポンサード リンク

七種粥の起源

古くは中国の習慣で,人日(ジンジツ)に七種菜羹という野菜を入れた羹(アツモノ)を食べることからきています.この習慣が伝わり,江戸時代に一般に定着し節句を祝いました.

スポンサード リンク

人日(ジンジツ)

古く中国では正月の1日から生き物の日を決めていて,
1日を鶏の日
2日を狗(犬)の日
3日を猪(豚)の日
4日を羊の日
5日を牛の日
6日を馬の日
7日目を人の日(人日)

としていました.その日にはそれぞれを殺さないことになっていて,人日には犯罪者の処刑をやめていました.そして,人日に七種菜羹を食べました.この習慣が日本に伝わり,日本の植生状況に合わせて七種が決まりました.

旧暦の正月七日

そもそも江戸時代までは旧暦でしたので,旧正月7日が七種粥の日で,ちなみに今年の正月七日は2018年2月22日です.

2018年2月3日 (節分)
2018年2月4日 (立春)
2018年2月16日 (旧1月1日)
2018年2月22日 (旧1月7日)

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ゴマ

机の上にゴマ(胡麻)を置く

スポンサード リンク 本を読んだり,調べものをしていると水やお茶が飲みたくなります.その時についお菓子などに手を出すと,止められません.一袋の終わりまで食べてしまいます. 夜はさすがに控えて,以前お話 …

クリスマスの歌 Ding Dong Merrily on High

鐘の鳴る音 Ding Dongから始まるこの曲は軽やかで楽しそうです.クリスマスらしくて,いい曲ですね.Gloriaの部分が印象的です. スポンサード リンク Ding Dong Merrily on …

ウメのつぼみ

ロウバイとウメの蕾が膨らんできました

ウメのつぼみ 新年の3が日も過ぎて4日となりました.お正月気分もだんだん平常へ戻りつつあります. スポンサード リンク 夕方に散歩していると,ロウバイやウメの蕾(つぼみ)ができていました.ロウバイの中 …

3月もあと数日で,もうすぐ4月.ところで,年度とは

スポンサード リンク 日本の多くの機関では4月から新年度が始まります.学校は,卒業式が済み入学式と新学期がはじまります.役所や会社も会計年度末,新年度の始まりで忙しくなります.また,転勤などで引っ越し …

「地球は青かった」 4月12日は世界宇宙飛行の日

1961年4月12日,世界初の有人宇宙衛星船ボストーク1号が打ち上げに成功した日です.搭乗したガガーリン少佐は、宇宙から地球を見た時の言葉が有名な「地球は青かった」.世界中で流行りました.私もどこかで …