山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

ななくさがゆ(七種粥)

投稿日:2018-01-07 更新日:

春の七種や餅などを具材にした塩味の粥を1月7日に食べる習慣があります.これは平安時代ごろから始まりました.

春の七種

春の七種は以下の通りです(秋は七草と書き,春は七種と書きます).

1. せり 芹 セリ

2. なずな 薺 ナズナ(ぺんぺん草)

3. ごぎょう 御形 ハハコグサ(母子草)

4. はこべら 繁縷 コハコベ(小蘩蔞)

5. ほとけのざ 仏の座 コオニタビラコ(小鬼田平子)

6. すずな 菘 カブ(蕪) またはノビル

7. すずしろ 蘿蔔 ダイコン(大根) またはヨメナ

ただし,七種粥に七種全てを入れる訳では無く,習慣も形骸化しているので,地域によって食材は異なります.

スポンサード リンク

七種粥の起源

古くは中国の習慣で,人日(ジンジツ)に七種菜羹という野菜を入れた羹(アツモノ)を食べることからきています.この習慣が伝わり,江戸時代に一般に定着し節句を祝いました.

人日(ジンジツ)

古く中国では正月の1日から生き物の日を決めていて,
1日を鶏の日
2日を狗(犬)の日
3日を猪(豚)の日
4日を羊の日
5日を牛の日
6日を馬の日
7日目を人の日(人日)

としていました.その日にはそれぞれを殺さないことになっていて,人日には犯罪者の処刑をやめていました.そして,人日に七種菜羹を食べました.この習慣が日本に伝わり,日本の植生状況に合わせて七種が決まりました.

旧暦の正月七日

そもそも江戸時代までは旧暦でしたので,旧正月7日が七種粥の日で,ちなみに今年の正月七日は2018年2月22日です.

2018年2月3日 (節分)
2018年2月4日 (立春)
2018年2月16日 (旧1月1日)
2018年2月22日 (旧1月7日)

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

今日の言葉を考える ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの言葉から

人間には多くの宝物や多くの楽しみが与えられます.しかし人生にとってよいことは軽快な心で,それがはるかに素晴らしい最大の幸福と収穫をもたらすのです. (英訳) Many treasuries and m …

難語: 英単語

curb 縁石 〈…を〉(強く)抑制する curb inflation インフレを抑制する job-hop 職を転々と替える spadework (退屈な)下準備,根まわし retaliation 報 …

ゴマ

机の上にゴマ(胡麻)を置く

スポンサード リンク 本を読んだり,調べものをしていると水やお茶が飲みたくなります.その時についお菓子などに手を出すと,止められません.一袋の終わりまで食べてしまいます. 夜はさすがに控えて,以前お話 …

ゆで卵について

ゆで卵の殻が剥けなくて苦労する人がいるようですが,ここ数年その苦労をしたことがありません.我が家にはゆで卵を完璧につくる方法がありますので紹介します. 1. ゆで具合の調整 100℃に沸騰している手鍋 …

本を読むとき全てを読んで理解すべきでない理由

スポンサード リンク 先日,速読の本をを数冊読んで,タイトルにあることを理解しました.せっかく買った本だから全てを吸収してやろうという「ケチケチな気持ち」では大切な時間と集中力を無駄に使う事になり,大 …