山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

本 読書 自然 科学 技術

今,読書中の本: THE ANSWERS すべての答えは宇宙にある!

投稿日:2018-01-09 更新日:

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します.
書名:THE ANSWERS すべての答えは宇宙にある!
著者:佐治晴夫
出版社:マガジンハウス

良書です.

34ページからの要約

太陽系の中で一番大きいのは,もちろん太陽です.太陽の大きさを仮に夏みかんにたとえると,…地球は10メートルほど離れたところを回っています.大きさはたった1ミリ程度の砂粒位です.…木星は太陽から70メートルのところで,サクランボの種くらいです.…130メートル離れたところには同じくサクランボの種くらいの土星があります.…これが惑星同士のおおよその距離感と大きさです.

太陽系のスケールを変えて大きさを説明するたとえは何度も聞いてきましたが,このたとえが一番印象に残りました.太陽が夏みかん,地球は砂粒,木星と土星はサクランボの種.

スポンサード リンク

本書は不思議な本です.宇宙について宇宙物理学者の佐治晴夫氏が相談形式でわかり易いたとえを交えて説明しながら,宇宙的な観点で人の生き方や考え方のヒントを与えてくれます.

大きな視点からものを見れば,長い間悩んでいたことも些細なことに過ぎないと気付けるキッカケになるかも知れません.

スポンサード リンク

太陽系のデータ

太陽

大きさ(赤道直径) :139万2000km
自転周期(対地球・赤道):約26日22時間
重さ(地球=1):33万2946倍
密度(水=1):1.41倍
赤道重力(地球=1) 28.01倍

地球

太陽からの距離:平均1億4959万7870km
大きさ(赤道直径):1万2756km
公転周期:365日6時間
自転周期:23時間56分4秒
重さ:5.972×1024kg
密度(水=1):5.51倍
赤道重力:9.780328m/s2
衛星の数:1

木星

太陽からの距離:平均7億7830万km
大きさ(赤道直径):14万2984km
公転周期:約11年315日
自転周期:約10時間
重さ(地球=1):317.83倍
密度(水=1):1.33倍
赤道重力(地球=1):2.37倍
衛星の数:53

土星

太陽からの距離:平均14億2940万km
大きさ(赤道直径):12万536km
公転周期:約29年167日
自転周期:約11時間
重さ(地球=1):95.16倍
密度(水=1):0.69倍
赤道重力(地球=1):0.93倍
衛星の数:53

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-本 読書, 自然 科学 技術
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

地図と地球と天球とMitaka

これから行く場所がどの辺にあるのか,例えば津軽へは北へ向かって何日,姫路へは大阪を抜けてさらに西へ何日だとか,自分のいる場所から街道を通ってどちらの方向に何日の旅かを知っていれば実用上十分でした. 現 …

香り

臭いとニオイセンサーについて見てみましょう

昨日のブログは,「縄文の汗臭い香りが漂っていました」で終わりました.ところで,ニオイセンサーというセンサーがあります.空気清浄機やニオイ感知器に入っていてニオイを検出するセンサーです.今日はニオイセン …

今,読書中の本: ぼくのとなりの野草 上野邦雄著

スポンサード リンク 今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:ぼくのとなりの野草 著者: 上野邦雄 出版社:青山ライフ出版,星雲社 良書です.本書は身近な野草について27 …

今,読書中の本: 脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか

スポンサード リンク 今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか 著者:酒井邦嘉 出版社:実業之日本社 良書です.昨日の …

藤

藤の花もそろそろ見納めですね,ところで藤には左巻き右巻きがあります

スポンサード リンク 藤の花もそろそろ見納めです.最近はあちらこちらに大規模な藤棚が増えてきましたね.ところで,藤には左巻きと右巻きがあるのをご存知でしょうか?まず,最初に普通のフジは左巻きと覚えてく …