山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

本 読書 自然 科学 技術

今,読書中の本: THE ANSWERS すべての答えは宇宙にある!

投稿日:2018-01-09 更新日:

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します.
書名:THE ANSWERS すべての答えは宇宙にある!
著者:佐治晴夫
出版社:マガジンハウス

良書です.

34ページからの要約

太陽系の中で一番大きいのは,もちろん太陽です.太陽の大きさを仮に夏みかんにたとえると,…地球は10メートルほど離れたところを回っています.大きさはたった1ミリ程度の砂粒位です.…木星は太陽から70メートルのところで,サクランボの種くらいです.…130メートル離れたところには同じくサクランボの種くらいの土星があります.…これが惑星同士のおおよその距離感と大きさです.

太陽系のスケールを変えて大きさを説明するたとえは何度も聞いてきましたが,このたとえが一番印象に残りました.太陽が夏みかん,地球は砂粒,木星と土星はサクランボの種.

本書は不思議な本です.宇宙について宇宙物理学者の佐治晴夫氏が相談形式でわかり易いたとえを交えて説明しながら,宇宙的な観点で人の生き方や考え方のヒントを与えてくれます.

スポンサード リンク

大きな視点からものを見れば,長い間悩んでいたことも些細なことに過ぎないと気付けるキッカケになるかも知れません.

太陽系のデータ

太陽

大きさ(赤道直径) :139万2000km
自転周期(対地球・赤道):約26日22時間
重さ(地球=1):33万2946倍
密度(水=1):1.41倍
赤道重力(地球=1) 28.01倍

地球

太陽からの距離:平均1億4959万7870km
大きさ(赤道直径):1万2756km
公転周期:365日6時間
自転周期:23時間56分4秒
重さ:5.972×1024kg
密度(水=1):5.51倍
赤道重力:9.780328m/s2
衛星の数:1

木星

太陽からの距離:平均7億7830万km
大きさ(赤道直径):14万2984km
公転周期:約11年315日
自転周期:約10時間
重さ(地球=1):317.83倍
密度(水=1):1.33倍
赤道重力(地球=1):2.37倍
衛星の数:53

土星

太陽からの距離:平均14億2940万km
大きさ(赤道直径):12万536km
公転周期:約29年167日
自転周期:約11時間
重さ(地球=1):95.16倍
密度(水=1):0.69倍
赤道重力(地球=1):0.93倍
衛星の数:53

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-本 読書, 自然 科学 技術
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

冬の星座の王様,オリオン座とその周りの星座

2018年に入って,空気も澄み晴天の日が多いので星空を仰ぐには最適の季節です.南の空を仰げば丁度良い高さにオリオン座が見えます. スポンサード リンク 星座のアプリが普及してきましたので,比較的見つけ …

日本の硬貨とその金属

スポンサード リンク 日本で生活する限り必ず使うのはお金ですが,紙幣と硬貨があります.硬貨のことを英語ではコインと言いますが,世界各国で身近なお金として使われています.なぜお金には紙幣と硬貨があるかと …

本の紹介: ひらめきはどこから来るのか

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 書名:ひらめきはどこから来るのか 著者:吉永吉正 出版社:草思社 序章 「考える」とは何か 第一章 ひらめきの見つけ方 第二章 考え続ける技術 第三章 …

秋の星座と昴(すばる)

スポンサード リンク 夏頃からずっと星を観察する天気には恵まれませんでしたが,最近の夜空は秋空らしく澄み渡り,綺麗に星が見えることも多くなってきました.夜空はすっかり秋の星座に衣替えしています. 今日 …

コーヒーの木

コーヒーの木と豆

スポンサード リンク 普段当たり前の様に飲むコーヒーですが,コーヒーは豆を挽いて飲むことは知っていますが,コーヒーの木については知られていないことが多いと思います.今日はコーヒー木と豆のお話です. ス …