山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

王様の速読術

投稿日:2018-01-12 更新日:

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します.

書名:王様の速読術
著者:斉藤栄治
出版社:三笠書房

良書です.

先日,「齋藤孝の速読塾」を紹介しました.今日は別の斉藤氏による速読術です.今年2018年をより充実しようと,読書方法について考えています.かなり時間をとられている本の読み方にもっと工夫できないかということから,速読を中心に調べています.

速読については過去数十年かけて何冊も読んできました.でも,未だにものになっていません.なぜかと考えて見れば,速読の教本を身についていない速読法で「処理」してしまい,そのまま忘れ去られてしまうからです.

今回は過去の失敗を生かすべく,内容が自分に合ったものを選んでいます.

スポンサード リンク

さて,本書の内容は,「王様が隣国のスパイにスパイであることを知った上で速読方法を教える」,という設定で話が進んで行きます.

本と付き合う時間は30分と決める

読書の主体は自分であって,本は家来と考えます.王様の謁見時間は30分と決めておくので,その中で最大限の効果が得られる工夫をします.

具体的には,
① プレビューに5分間
② 全体の写真読みに5分間
③ 残りの時間でスキミング

を行います.本の構造を知り,目次やビジュアルを大事にするなど,具体的な方法は本書に詳しく述べてあります.

また,2-8の法則,アウトプットの重要性などはもう一人の齋藤氏の本と共通しています.

スポンサード リンク

最初,王様の謁見の形式にはやや戸惑いましたが,慣れていくと面白く読め,記憶にも残ります.

王様の速読術のデータ

キーワード

王さまは忙しいので謁見は30分間,本は家来,主体は自分,プレビュー5分間,目次に時間をかける,本の構造,著者の気持ち,見開き2秒,写真読み,2割を読んで8割を,忘れてもまた謁見,逆三角読み,ルーブル式,アーサー式,本は手元に置いておく,アウトプット,速読のTPO,

斉藤栄治著作

世界一わかりやすい「速読」の教科書
聞くだけで速読ができるCDブック
速読・速考・速発信の技術―あなたの脳を鍛
勉強と仕事の能率をグングン上げる分割睡眠法
図解 王様の「ブレイン・マッピング」―1枚の紙と1本のえんぴつが仕事を変える
右脳と左脳が同時に目覚める「超聴き」トレーニング
世界一上達が速い「英語耳」勉強法
最強の速読術―ビジネスマン、受験生のための絶対ノウハウ

など著書多数

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

暦

3月は弥生(やよい),旧暦と和風月名について

スポンサード リンク 約150年前まで使われていた旧暦と呼ばれる太陰太陽暦(天保暦1844-1872)では3月を弥生(やよい)と呼んでいました.これを「和風月名」と言います. 生活が自然と密着していた …

タオル

バスタオルを廃止してタオルへ,古くなったらハンドタオルそしてボロキレとなるリサイクルシステム

最近の傾向としてバスタオルをやめてタオルへ変更している家庭が多いと聞きます.バスタオルは洗濯したり乾燥したりするのに手間がかかります.しかも不経済だし,洗わずに何度も使い続ければ不衛生だからです. タ …

今日の言葉を考える ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの言葉から

人間には多くの宝物や多くの楽しみが与えられます.しかし人生にとってよいことは軽快な心で,それがはるかに素晴らしい最大の幸福と収穫をもたらすのです. (英訳) Many treasuries and m …

ものを磨くこと

スポンサード リンク 普段の生活が乱れがちになると,意識が散漫になり物事に集中できなくなります.イライラしたり,憂鬱になったりして,自分がコントロールできない気持ちになります.そんな時に自分の趣味など …

花火

花火のお話し 花火の歴史-花火事始め

スポンサード リンク 7月に入ると本格的に夏らしくなります.夏と言えば花火.今日は花火の歴史について見ていきます. 現代花火の原型になるものは戦国時代に鉄砲や火薬の伝来ともに入ってきたようです.西洋で …