山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

今,読書中の本: 植物学名入門 L.H.ベイリー

投稿日:2018-01-19 更新日:

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します.

書名:植物学名入門
著者:L.Hベイリー
出版社:八坂書房

古典的良書です.本書植物学命名法の古典的入門書です.著者は米国の植物学者,園芸学者でのL.H.ベイリーで,氏の著書「標準園芸事典」は日本の農学,園芸学に大きな影響を与えました.

本書を読むにあたっては,本書の時代背景を知ってからの方がわかりやすいので,あとがきから読み始めることをお勧めします.

本書の内容

本編は1章から6章まであります.

1章 テーブルの上の眺め

2章 リンネウス(リンネ)

3章 同定

4章 命名の規則

5章 学名の話あれこれ

6章 学名とその言語

本書の読み方

1章は導入部で,現代人にはあまりピンとこない部分なので,最初は飛ばし読みして,読み始めの気力がある内に2章,3章,4章に進んだ方が良いでしょう.あとから読み返す時に味わいながら読めば良いと思います.

2章からは本題に入り,リンネから始まります.命名法に関してリンネは必須ですから,命名法の必要性や彼の業績を時代背景とともに説明してある部分は貴重です.

当初の命名に関わる多くの混乱なども興味深く読めます.また,植物学者と園芸家との関係などもうかがえます.

巻末の属名一覧と種の形容詞一覧はざっと眺めて気づくものがあれば注目する程度で良いと思います.

分類,命名,同定について

以前に植物の命名法について記事にしました.面倒くさいと思います.多くの混乱や変更もあります.

でも,広くて奥深い自然界の事物や現象を研究,応用していくには,まず名前がないと困ります.できれば世界中で共通の名前がある方が便利です.

そして,ひとつひとつに名前をつけるには,分類・整理してなくては名前が混乱してしまいます.分類・整理してから名前をつけなければ名前の乱立が起きてしまいます.

スポンサード リンク

乱立を避けるには,目の前のものが,すでに名前があるものか,それと全く同じなのか,似ているけど変種なのか,全く違うものなのかを区別する必要があります.

区別するには区別するためのルールや線引きをしないと区別できません.例えば,白-黒のグラデーションを思い浮かべてみてください.白いものがだんだん灰色になって,黒くなっていきます.途中に境界線がないと白なのか灰色なのかを区別できないし,灰色なのか黒なのかの区別もできません.

白-黒のグラデーションでも区別できないのですから,数百色,数千色のグラデーションが複合されて表示されたらどのように区別したらよいでしょうか.

自然界の事物,現象は数百,数千,数万どころか,数億,数兆のバリエーションがあります.そして,今現在も新しいバリエーションが生まれ続けています.

では,どこまで細かく,分ければ良いのでしょうか?それは用途によります.むやみに細分化してしまうと無意味どころか,混乱が生まれ,誰も利用できなくなります.

例えば,デパートのトイレなどは男性用と女性用の二つに分けています.これを細分化して,男性子供用,男性若者用,男性中年用,男性老年用,女性子供用,女性若者用,女性中年用…と細分しても混乱してしまいます.現在は男性用と女性用だけでほとんど問題ありません.将来はもしかすると中性用ができるかもしれませんが...

さて,もとに戻りますが,植物の命名も用途に応じてつくらないと使えなくなります.植物学者と園芸家ではもともと用途が違うので,そのあたりから様々な混乱が生まれているのだと推察します.難しいですね.

植物学名入門のデータ

著者

L.Hベイリー Liberty Hyde Bailey(1858-1954),米国South Haven生れ

著書

標準園芸事典 The Standard Cyclopedia of Horticulture

栽培植物便覧 Manual of Cultivated Plants

園芸植物事典 Hortus

改訂版園芸植物事典 Hortus second

栽培植物改良論 Plant-Breeding

自然学習の思想 The Nature-Study Idea

* Horticulture:園芸

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

バーコード

バーコードのしくみ 1

スポンサード リンク お店に行くとあらゆる商品についているバーコード.なぜ,ついているのでしょうか?どのような仕組みになっているのでしょうか?ざっと読んでいただければ基本が理解できるようにお話しします …

面白くて眠れなくなる植物学 稲垣栄洋著 を読んで

今読んでいる本のなかで,「面白くて眠れなくなる植物学」 稲垣栄洋著はわかり易く,興味深い内容が多いので,ご紹介します. スポンサード リンク 本書は植物学のなかで話題性のあるものを取り上げてわかり易く …

周期表 the periodic table

今からちょうど100年前の1869年,元素についての知見が深まりつつある時代に,元素を原子量の順番に並べてみると,周期的に似た性質が現れることが発見されました. ロシアの化学者ドミトリ・メンデレーエフ …

四つ葉

春になるとシロツメクサの花が咲き始め秋まで順に咲き続けます.四つ葉のクローバーの話

スポンサード リンク 春になると野山のあちらこちらにシロツメクサが白い花をつけ始めます.群生している三つ葉の中から四つ葉を見つけ出すと幸せが訪れるというのはみんな知っていると思います.三つ葉の群れを見 …

12支

江戸時代の時刻について 2

スポンサード リンク 昨日は江戸時代の時刻は不定時法だったこと,「六つ」とか「九つ」と鐘の数で時刻を表していたことのお話しでした. 今日はもう一つの時刻の表し方である十二支による方法についてのお話しで …