山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

今,読書中の本: 植物学名入門 L.H.ベイリー

投稿日:2018-01-19 更新日:

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します.

書名:植物学名入門
著者:L.Hベイリー
出版社:八坂書房

古典的良書です.本書植物学命名法の古典的入門書です.著者は米国の植物学者,園芸学者でのL.H.ベイリーで,氏の著書「標準園芸事典」は日本の農学,園芸学に大きな影響を与えました.

本書を読むにあたっては,本書の時代背景を知ってからの方がわかりやすいので,あとがきから読み始めることをお勧めします.

本書の内容

本編は1章から6章まであります.

1章 テーブルの上の眺め

2章 リンネウス(リンネ)

3章 同定

4章 命名の規則

5章 学名の話あれこれ

6章 学名とその言語

本書の読み方

1章は導入部で,現代人にはあまりピンとこない部分なので,最初は飛ばし読みして,読み始めの気力がある内に2章,3章,4章に進んだ方が良いでしょう.あとから読み返す時に味わいながら読めば良いと思います.

2章からは本題に入り,リンネから始まります.命名法に関してリンネは必須ですから,命名法の必要性や彼の業績を時代背景とともに説明してある部分は貴重です.

当初の命名に関わる多くの混乱なども興味深く読めます.また,植物学者と園芸家との関係などもうかがえます.

巻末の属名一覧と種の形容詞一覧はざっと眺めて気づくものがあれば注目する程度で良いと思います.

スポンサード リンク

分類,命名,同定について

以前に植物の命名法について記事にしました.面倒くさいと思います.多くの混乱や変更もあります.

でも,広くて奥深い自然界の事物や現象を研究,応用していくには,まず名前がないと困ります.できれば世界中で共通の名前がある方が便利です.

そして,ひとつひとつに名前をつけるには,分類・整理してなくては名前が混乱してしまいます.分類・整理してから名前をつけなければ名前の乱立が起きてしまいます.

乱立を避けるには,目の前のものが,すでに名前があるものか,それと全く同じなのか,似ているけど変種なのか,全く違うものなのかを区別する必要があります.

スポンサード リンク

区別するには区別するためのルールや線引きをしないと区別できません.例えば,白-黒のグラデーションを思い浮かべてみてください.白いものがだんだん灰色になって,黒くなっていきます.途中に境界線がないと白なのか灰色なのかを区別できないし,灰色なのか黒なのかの区別もできません.

白-黒のグラデーションでも区別できないのですから,数百色,数千色のグラデーションが複合されて表示されたらどのように区別したらよいでしょうか.

自然界の事物,現象は数百,数千,数万どころか,数億,数兆のバリエーションがあります.そして,今現在も新しいバリエーションが生まれ続けています.

では,どこまで細かく,分ければ良いのでしょうか?それは用途によります.むやみに細分化してしまうと無意味どころか,混乱が生まれ,誰も利用できなくなります.

例えば,デパートのトイレなどは男性用と女性用の二つに分けています.これを細分化して,男性子供用,男性若者用,男性中年用,男性老年用,女性子供用,女性若者用,女性中年用…と細分しても混乱してしまいます.現在は男性用と女性用だけでほとんど問題ありません.将来はもしかすると中性用ができるかもしれませんが...

さて,もとに戻りますが,植物の命名も用途に応じてつくらないと使えなくなります.植物学者と園芸家ではもともと用途が違うので,そのあたりから様々な混乱が生まれているのだと推察します.難しいですね.

植物学名入門のデータ

著者

L.Hベイリー Liberty Hyde Bailey(1858-1954),米国South Haven生れ

著書

標準園芸事典 The Standard Cyclopedia of Horticulture

栽培植物便覧 Manual of Cultivated Plants

園芸植物事典 Hortus

改訂版園芸植物事典 Hortus second

栽培植物改良論 Plant-Breeding

自然学習の思想 The Nature-Study Idea

* Horticulture:園芸

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

梨

秋の味覚 梨 昔の梨と今の梨

秋は味覚の宝庫です.街角には美味しい果物が山ほど積み上げられています.きょうは梨についてのお話です. 梨の味 梨の形はリンゴに似ていますが,味は違います.リンゴより果汁が多く,食べるとサクサクしていま …

土偶

現代人の中にも残っている縄文の魂

縄文マニアのS君と駿河台にある明治大学の博物館に行ってきました.先日,東京大学の博物館で縄文のコレクションは明治大学がダントツです,という事を聞きましたので訪ねてみました.館内に入るとすぐに案内され丁 …

セミ

セミの季節,セミの謎 4

スポンサード リンク セミの話4回目です.今日はセミの種類と特徴について日本のセミ,世界のセミを見ていきます.セミは世界で1,600種,オーストラリア200種,アメリカ175種,イギリス1種,そして日 …

柿

秋の味覚 柿,渋柿と甘柿

柿には渋柿と甘柿があります.渋柿には果肉の部分に渋みがあり,この渋みはタンニンからきています.タンニンには水溶性と不溶性があり,渋柿は水溶性で,甘柿は不溶性のタンニンが多く含まれています. 柿のタンニ …

植物を観察する方法 デッサン,スケッチ,クロッキー,ドローイング

植物の写真を撮り続けて2-3年,毎日の散歩で積極的に撮影していましたので,かなりの量のストックができました. でも,今一つなのが,細部の観察力です.撮影をするだけで安心してしまい,細部を観察していませ …