山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第5週の花草木 スイセン 水仙

投稿日:2018-01-29 更新日:

冬の花が少ない時期にずっと咲いているのがスイセンです.雪が降った後,散歩して見るとそのいくつかが雪のために倒れていました.

水仙はヒガンバナ科に属しています.二ホンズイセン,ラッパスイセンなどがありますが,総称としてスイセンと呼ばれています.

スイセン(水仙)という名前は中国の古典の「仙人は,天にあるを天仙,地にあるを地仙,水にあるを水仙」から来ていて,水辺で咲くスイセンをみて仙人の姿を想像したものと考えられています.

スポンサード リンク

スイセンの学名はNarcissus L. (1753),ナルキススまたはナルキッソスと読めますが,実は自己愛に満ちた人のナルシストと同じ語源です.ギリシャ神話の美少年ナルキッソスは水に映る自分自身に恋してしまい,ついに溺死してしまうという話ですが,水辺のスイセンがうつむきかげんに咲いている姿からこの名が付いたようです.

中国では仙人,西洋では美少年にたとえられているのは面白いですね.

スポンサード リンク

スイセンのデータ

目:キジカクシ目 Asparagales
科:ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科:ヒガンバナ亜科 Amaryllidoideae
連:スイセン連 Narcisseae
属:スイセン属 Narcissus
学名:Narcissus L. (1753)

スイセンの種類:
スイセン Narcissus tazetta 総称です.

ニホンズイセン Narcissus tazetta var. chinensis:和名はニホンズイセン(日本水仙)す.原産地は地中海沿岸で,室町時代以前に中国経由で日本に入りました.他説もあります.

ラッパスイセン Narcissus pseudonarcissus:花は黄色で内側の副花冠がラッパの形をしています.

クチベニズイセン Narcissus poeticus:ギリシア神話では学名の由来ともなっているナルキッソスの生まれ変わりといわれています.

キズイセン Narcissus jonquilla

カンランズイセン Narcissus x odorus

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第47週の花 チャ(お茶)

スポンサード リンク 毎日飲んでいるお茶.お茶と言えば,「夏も近づく八十八夜」のイメージがありますが,あれは茶の葉の摘む時期で,花は11月後半頃に咲きます.お茶の花は茶畑に行かないとないかと思っていま …

ゼラニウム,ペラルゴニウム

第21週の花 ゼラニウムはペラルゴニウム属です.フウロソウ属(Geranium)ではありません

ゼラニウム,ペラルゴニウム スポンサード リンク ゼラニウムは3月頃から11月の末頃まで1年を通じて咲く花で庭先などでよく見かける花です.葉にも特徴があるものもあり見分けることができます.種類によって …

第24週の花草木 ネムノキ(合歓木)

散歩中に公園を通り抜けると,一面に写真のような花が落ちていました.上を見上げるとピンク色の花がいっぱい咲いています. ネムノキでした.いつも通っている公園なのに,花を見るまで存在すら気づきませんでした …

日本で見かける毒のある植物

野山に草花が咲いていますが,その中には毒をもったものがあります.以下は特に強毒なので,注意したほうが良いと思います. 日本の三大毒草 トリカブト 毒成分:アルカロイド 症状:嘔吐,呼吸困難,臓器不全 …

バナナ

バナナは日本で最もたくさん食べられているフルーツです. バナナは数量で60%,金額で40%の輸入量です.主な輸入国はフィリピンです.和名はバナナですが,古くは芭甘蕉,実芭蕉と呼ばれていました.芭蕉と言 …