山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般 本 読書

本を読むとき全てを読んで理解すべきでない理由

投稿日:2018-01-30 更新日:

先日,速読の本をを数冊読んで,タイトルにあることを理解しました.せっかく買った本だから全てを吸収してやろうという「ケチケチな気持ち」では大切な時間と集中力を無駄に使う事になり,大事な内容が薄まってしまい,読みたい本が読まされる本となってしまいます.これでは本末転倒になってしまいます.

スポンサード リンク

同様な記事が本ではなく「博物館の見方」の記事でありましたので,ご紹介します.

博物館ですべての展示を見学すべきではない理由 lifehacker(訳:春野ユリ)
https://www.lifehacker.jp/2018/01/stop-trying-to-see-all-of-a-museum-in-one-visit.html

スポンサード リンク

origin:
Patrick Allan – Lifehacker US
Stop Trying to See All of a Museum in One Visit

https://lifehacker.com/stop-trying-to-see-all-of-a-museum-in-one-visit-1821817889

論調は全く,その通りで,入館料を払って訪れている自分が主なのです.博物館は道具なのですから,自分が利用しているのであって,自分中心に利用すれば良いのだと思います.自分の感じ方,受け止め方で見学し,結果として感動や記憶に残せれば有意義な訪問だったと言えます.

読書と全く同様だと思いました.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般, 本 読書
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

栗とサツマイモ

栗とサツマイモ

収穫の秋がやってきました.同時に秋は味覚のシーズンです.その中で昔からあった秋の食べ物の代表に栗とサツマイモがあります. スポンサード リンク 以前,「くりよりうまいさつまいも」の意味で,「九里四里う …

良書の紹介「徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか」稲垣栄洋著

スポンサード リンク 表題の本を読んでいる最中ですが,なかなか面白い内容なので紹介します.本書を手にしたときはあまりあまり期待していなかったのですが,出だしの部分を読み始めると,興味ある話題が流れる様 …

旧暦元禄15年12月14日の討ち入りと月の形と位置

チョット時期が外れていますが,昨日旧暦の話が出てきましたので,江戸時代の有名な事件である忠臣蔵の討ち入りについて考えて見ます. スポンサード リンク 忠臣蔵の討ち入り 事件の発生は,元禄15年12月1 …

敬老の日

9月第三月曜日は敬老の日

スポンサード リンク 以前は9月15日が敬老の日でした.連休をつくる目的で第三月曜日になったのは2003年(H15)からです. 「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し,長寿を祝う」という趣旨で国 …

ゴマ

机の上にゴマ(胡麻)を置く

スポンサード リンク 本を読んだり,調べものをしていると水やお茶が飲みたくなります.その時についお菓子などに手を出すと,止められません.一袋の終わりまで食べてしまいます. 夜はさすがに控えて,以前お話 …