山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般 本 読書

本を読むとき全てを読んで理解すべきでない理由

投稿日:2018-01-30 更新日:

先日,速読の本をを数冊読んで,タイトルにあることを理解しました.せっかく買った本だから全てを吸収してやろうという「ケチケチな気持ち」では大切な時間と集中力を無駄に使う事になり,大事な内容が薄まってしまい,読みたい本が読まされる本となってしまいます.これでは本末転倒になってしまいます.

スポンサード リンク

同様な記事が本ではなく「博物館の見方」の記事でありましたので,ご紹介します.

博物館ですべての展示を見学すべきではない理由 lifehacker(訳:春野ユリ)
https://www.lifehacker.jp/2018/01/stop-trying-to-see-all-of-a-museum-in-one-visit.html

スポンサード リンク

origin:
Patrick Allan – Lifehacker US
Stop Trying to See All of a Museum in One Visit

https://lifehacker.com/stop-trying-to-see-all-of-a-museum-in-one-visit-1821817889

論調は全く,その通りで,入館料を払って訪れている自分が主なのです.博物館は道具なのですから,自分が利用しているのであって,自分中心に利用すれば良いのだと思います.自分の感じ方,受け止め方で見学し,結果として感動や記憶に残せれば有意義な訪問だったと言えます.

読書と全く同様だと思いました.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般, 本 読書
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

花火

花火のお話し 花火の歴史-花火事始め

スポンサード リンク 7月に入ると本格的に夏らしくなります.夏と言えば花火.今日は花火の歴史について見ていきます. 現代花火の原型になるものは戦国時代に鉄砲や火薬の伝来ともに入ってきたようです.西洋で …

緑化

緑化と植林そして植樹について

スポンサード リンク 緑化には苗木の技術が役立っていること,そしてその苗木つくりには挿し木や接ぎ木の技術に基づていることを学んできました.今日は緑化について掘り下げるとともに,似た言葉である植林や植樹 …

今からちょうど150年前の明治元年1868年4月(新暦)の出来事

今年2018年は明治維新の1868年から150年目ということで,150年前に遡って月々の出来事を見ていきます. 1868年4月の出来事は以下の通りです. 1868年4月(新暦)の出来事 1868年4月 …

山道

夏目漱石の草枕 冒頭部分だけを詳しく現代語で理解してみる

スポンサード リンク 山路を登りながら,こう考えた —— 山路を登りながら,こう考えた.智に働けば角が立つ.情に棹さおさせば流される.意地を通せば窮屈だ.兎角に人の世は住みにく …

今,読書中の本: 神社とは何か?お寺とは何か?

スポンサード リンク 今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:神社とは何か?お寺とは何か? 著者:武光誠 監修 出版社:ペン編集部,阪急コミュニケーションズ 良書です.神 …