山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第6週の花草木 フキ

投稿日:

フキノトウ(蕗の薹)の天ぷらは食べたことがありますが,フキノトウを見たことはないような気がします.佃煮のキャラブキ(伽羅蕗)もフキの葉柄だという事を知らずに何となく食べていました.

天ぷらも,キャラブキも灰汁(アク)抜きをします.フキには肝臓に良くないペタシテニン Petasitenineという毒性のある成分が含まれているためです.

植物はよく知らないで安易に口にすると体に良くないのですね.

スポンサード リンク

フキのデータ

目:キク目 Asterales
科:キク科 Asteraceae
亜科:キク亜科 Asteroideae
属:フキ属 Petasites
種:フキ P. japonicus
学名:Petasites japonicus (Siebold et Zucc.) Maxim.
和名:フキ(蕗)
英名:Fuki, Giant Butterbur

原産:日本(北海道、本州、四国、九州及び沖縄県に分布),樺太,朝鮮半島,中国大陸の一部でもみられます.
生育環境:水が豊富で風があまり強くない土地
栽培種:愛知早生で愛知県東海市が主生産地

スポンサード リンク

蕗の薹:早春に伸び出てくる花茎
茎:地上には伸びず,地中で地下茎となり横に伸びます.
花:雌雄異花.開花時の草丈は5-10cm.
結実:雌花は受粉後,花茎を伸ばし,綿毛をつけた種子を飛ばします.結実時の草丈は80cmになることもあります.

薹とは

あまり使わない難しい漢字です.意味は,
「アブラナやフキなどの花軸や花茎のことです.
とうがたつ【薹が立つ】
① 野菜などの花茎が伸びて硬くなり食べ頃を過ぎる。
② 若い盛りの時期が過ぎる。年頃が過ぎる。」
(出典:三省堂大辞林 第三版)

【文字拡大】

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第15週の花草木 ユキヤナギ

スポンサード リンク ユキヤナギ 雪柳はバラ科シモツケ属の落葉低木です.小さい白い花をたくさんつけて,今盛んに咲いています.花は5弁で雪白の小さなものを枝全体につけていますので,まるで柳に雪が積もった …

第24週の花草木 ネムノキ(合歓木)

散歩中に公園を通り抜けると,一面に写真のような花が落ちていました.上を見上げるとピンク色の花がいっぱい咲いています. ネムノキでした.いつも通っている公園なのに,花を見るまで存在すら気づきませんでした …

コスモス

第39週の花 コスモス オオハルシャギクとキバナコスモス

スポンサード リンク 秋の野原や河原に咲くコスモスの花.成長力が強く自然に増えますが,美しい花を咲かせます.コスモス畑が観光地になっているところもあります. 夏の暑い時期から秋にかけて耐暑性のあるキバ …

第37週の花草木 ホオズキ

「鬼灯」と書いて「ほおずき」とよみます.ちょっと怖そうな名前ですね.ホオズキの「ほお」は頬(ほほ)つまり,ほっぺたのことです.「ずき」は「づき」で,顔づき,目つきなどの「つき」です.つまり,人の顔に似 …

第5週の花草木 スイセン 水仙

スポンサード リンク 冬の花が少ない時期にずっと咲いているのがスイセンです.雪が降った後,散歩して見るとそのいくつかが雪のために倒れていました. 水仙はヒガンバナ科に属しています.二ホンズイセン,ラッ …