山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第6週の花草木 フキ

投稿日:

フキノトウ(蕗の薹)の天ぷらは食べたことがありますが,フキノトウを見たことはないような気がします.佃煮のキャラブキ(伽羅蕗)もフキの葉柄だという事を知らずに何となく食べていました.

天ぷらも,キャラブキも灰汁(アク)抜きをします.フキには肝臓に良くないペタシテニン Petasitenineという毒性のある成分が含まれているためです.

植物はよく知らないで安易に口にすると体に良くないのですね.

スポンサード リンク

フキのデータ

目:キク目 Asterales
科:キク科 Asteraceae
亜科:キク亜科 Asteroideae
属:フキ属 Petasites
種:フキ P. japonicus
学名:Petasites japonicus (Siebold et Zucc.) Maxim.
和名:フキ(蕗)
英名:Fuki, Giant Butterbur

原産:日本(北海道、本州、四国、九州及び沖縄県に分布),樺太,朝鮮半島,中国大陸の一部でもみられます.
生育環境:水が豊富で風があまり強くない土地
栽培種:愛知早生で愛知県東海市が主生産地

スポンサード リンク

蕗の薹:早春に伸び出てくる花茎
茎:地上には伸びず,地中で地下茎となり横に伸びます.
花:雌雄異花.開花時の草丈は5-10cm.
結実:雌花は受粉後,花茎を伸ばし,綿毛をつけた種子を飛ばします.結実時の草丈は80cmになることもあります.

薹とは

あまり使わない難しい漢字です.意味は,
「アブラナやフキなどの花軸や花茎のことです.
とうがたつ【薹が立つ】
① 野菜などの花茎が伸びて硬くなり食べ頃を過ぎる。
② 若い盛りの時期が過ぎる。年頃が過ぎる。」
(出典:三省堂大辞林 第三版)

【文字拡大】

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ドクダミ

第22週の花 ドクダミ,名まえは毒々しいですが昔から使われてきたハーブです

白いのは総苞,花は白の中央の黄色い部分 スポンサード リンク ドクダミの別名は毒溜めとか毒痛み,地獄蕎麦などと近づきがたい名まえが付いています.でも,花が小さく可憐です.確かに葉っぱの形は鋭いハート型 …

第33週の花草木 ワタ

ワタは木綿の原料として人類にとって重要な植物です.子房が発達して形成される朔果 (boll) の種子表面に白い綿毛が生じるのですが,これを繊維の原料として栽培しています. スポンサード リンク ワタ属 …

第18週の花草木 クレマチス

友人からクレマチスの開花写真を頂きました.白い花が見事です.蔓性植物の女王とも呼ばれるほど大輪の花を咲かせます. スポンサード リンク クレマチスというのは,センニンソウ属の蔓性多年草で花が大きく観賞 …

ヒガンバナ

第37週の花 ヒガンバナ(彼岸花)

スポンサード リンク お彼岸が近づくとあちこちにヒガンバナが咲き始めます.漢字で彼岸花と書きますが,別名の多い花としても知られています.死人花(しびとばな),地獄花(じごくばな),幽霊花(ゆうれいばな …

第19週の花草木 ハルジオン 春紫苑

ハルジオンが咲いています.子供の頃からどこにでもある雑草として,タンポポの次になじみ深い花です. 別に紫苑(シオン)という秋に咲く紫色の花があります.それに似た花が春に咲くのでハルジオンと名前が付きま …