山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

旧暦の2018年1月1日は2月16日金曜日です.

投稿日:2018-02-06 更新日:

暦

何度も本ブログ紹介しましたが,旧暦と呼ばれる太陰太陽暦(別名天保暦)は明治6年から現在の新暦(グレゴリオ暦,太陽暦)に変わりました.2月16日に旧暦の正月を迎えるにあたって,旧暦と月の関係を見ていきます.

旧暦の良い所

旧暦である,太陰太陽暦は太陽暦と太陰暦の良いところを取っていましたので,多少の無理がありました.最大の長所は日にちと月の満ち欠けが一致しているという点です.カレンダーが無くても,月の形から日にちがわかります.

電灯の無い時代は太陽と月が今以上に大事だったのです.太陽は季節で変化していき,月は一ヵ月周期で満ち欠けます.月明りがあれば,夜でも道が見えますので,活動しやすくなります.

旧暦の欠点

ところが,良いとこどりの太陰太陽暦にも欠点がありました.ひと月ひと月の長さを月の満ち欠けに合わせつづけると,何年かするとだんだん季節がずれてきてしまいます.その為に,19年間に7回の閏月というのを設けて,調整します.閏月のある年は,例えば8月が2回になります.7月,8月,閏8月,9月…という具合です.

スポンサード リンク

閏月がいつ来るかというのにルールを定めて半自動的に閏月を迎えることになります.ただし,そのルールも長い間に適用できなくなることがありますので,その時代時代に○○暦という具合に様々な暦(閏月のルール)が存在します.

完璧な太陰暦(季節のある地域では不便)

ちなみに,完全な太陰暦というのもあり,月の満ち欠けだけに着目する方法もあります.この方法だと閏月は無くなりますが,季節がずれます.1月が真夏になる年も出てきます.でも,赤道付近の地域なら季節がありませんので,この方法がベストになります.イスラム暦などは閏月の無い太陰暦です.

スポンサード リンク

2018年2月16日

さて,本題に戻ります.今年は2018年2月16日金曜日が旧2018年1月1日です.月の満ち欠けに合わせるとこうなります.新暦1月31日の皆既月食の時が満月なので,次の新月まで約半月かかりました.新暦2月16日に月は太陽の方向にあって見えませんが,その後,夕暮れに細い月が現れ,三日月となり,半月となり,約半月後には満月になっていきます.一ヵ月で月が変化する様子を観察してみてください.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

外国為替レート観測と考察 一週間の動き(2017-12/04-12/08)

スポンサード リンク 状況 2017年12月04日月曜日から12月08日金曜日までの日足の動きですが,陰 陽 陰 陽 陽 となっています. 12月04日月曜日から3日間で下値を固めたあと12月7日木曜 …

彼岸花

お彼岸に思うこと

お彼岸の期間 ヒガンバナも咲きそろってきてお彼岸が近づいてきました.今年2017年(H29)秋のお彼岸は, 9月20日(水) 彼岸入り 9月23日(土・祝) 中日(秋分の日) 9月26日(火) 彼岸明 …

日本茶の歴史と種類について

スポンサード リンク 昨日はチャノキの話でした.今日はチャノキの葉を飲むお茶について,日本茶を中心にお話しします. 日本茶の歴史 お茶は奈良,平安時代に中国から遣唐使や留学僧によってもたらされました. …

みそ

赤味噌と白味噌のつくり方の違いで色の違いができる理由

スポンサード リンク 前回は味噌の種類は大きく分けて3種類+調合味噌があることと赤味噌,白味噌の違いは蒸す(赤)と煮る(白)の違いであることを見てきました.今回はなぜ色の違いができるのかについて詳しく …

コーヒー

コーヒーのまとめ

スポンサード リンク 今日はコーヒーのまとめです. 私は真夏の暑い時でもホットでコーヒーを飲んでいます.朝一番と,夕暮れ過ぎのコーヒーは欠かせません.昼間はアイスコーヒーを飲むこともあります. スポン …