山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

元禄(げんろく)年間 平和の時代

投稿日:2018-02-08 更新日:

昨日の忠臣蔵 討ち入り事件とは江戸時代 元禄年間の出来事です.

元禄年間とは,1688年から1704年で,天皇は東山天皇,江戸幕府将軍は徳川綱吉の時代です.綱吉と言えば,生類憐みの令.この令は前の貞享(じょうきょう)年間から始まります.今に例えれば,動物を愛護する平和な時代です.

江戸時代も安定期に入り,平和が続く中で討ち入りという大事件が起きました.

元禄年間の出来事

元禄元年 1688年

1月 井原西鶴が日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら)を著します.
11月 柳沢吉保が側用人となりました.

元禄2年 1689年

3月 松尾芭蕉と河合曾良が3月27日江戸深川から奥の細道の旅にでました.
4月 長崎に唐人屋敷ができました.
8月 松尾芭蕉が大垣で奥の細道の旅を終えました.

元禄5年 1692年

江戸での寺院建立が禁止されました.

元禄6年 1693年

12月 新井白石が甲府藩主徳川綱豊(徳川家宣)の侍講となりました.

元禄8年 1695年

2月 関東の天領に対して検地を行いました.
8月7日 金銀改鋳の布告がなされ(元禄金銀),9月15日から鋳造開始されました.
11月 江戸の野犬を中野に設置した犬小屋に収容しました.
12月22日 荻原重秀が勘定奉行に就任しました.

元禄11年 1698年

9月6日 江戸で大火(勅額火事)がありました.

元禄13年 1700年

8月 日光奉行を設置しました.
11月 金銭銀銭の交換比率を定めました(御定相場).

元禄14年 1701年

3月14日 江戸城内の松の廊下で赤穂藩藩主 浅野長矩が高家肝煎 吉良義央に切りつけました.

元禄15年 1702年

12月14日 赤穂事件(赤穂浪士の討ち入り)が発生しました.

元禄16年 1703年

2月4日 大石良雄らが切腹しました.
5月 近松門左衛門の「曽根崎心中」が初演されました.
11月23日 元禄地震が起きました.

スポンサード リンク

* 注:1702年12月14日の討ち入りの事件はグレゴリオ暦では1703年1月の事件となります.旧暦の元禄15年12月14日を基準として記述すると1702年となります.ヨーロッパの出来事と日本の出来事は月日が同じでも名目上の同日となるだけで,物理上の同日ではありません.

日本はヨーロッパの影響から離れたところにあるので,数か月の差があっても大きな問題になりませんが,近接していて暦が違う地域の歴史の出来事をみるのには注意が必要そうですね.

現代,同時に起きても日にちが違うのは各国の時差と日付変更線によるのににていて,暦が違うとそれが日差,月差の問題になるわけです.

元禄年間にヨーロッパでは

一方,この頃のヨーロッパでは, イギリスの名誉革命,フランスのルイ14世のファルツ継承戦争,ドイツでプロイセン王国の成立などが起きていました.

スポンサード リンク

元禄年間の前後は

元禄年間の前後は,
貞享,元禄,宝永となっています.宝永と言えば富士山の噴火.その前後に日本各地で大地震,噴火が起きています.今の時代の日本と似ているので,明日とりあげます.

江戸時代の元号データ

元和1615-1624
寛永1624-1645
正保1645-1648
慶安1648-1652
承応1652-1655
明暦1655-1658
万治1658-1661
寛文1661-1673
延宝1673-1681
天和1681-1684
貞享1684-1688
元禄1688-1704
宝永1704-1711
正徳1711-1716
享保1716-1736
元文1736-1741
寛保1741-1744
延享1744-1748
寛延1748-1751
宝暦1751-1764
明和1764-1772
安永1772-1781
天明1781-1789
寛政1789-1801
享和1801-1804
文化1804-1818
文政1818-1831
天保1831-1845
弘化1845-1848
嘉永1848-1855
安政1855-1860
万延1860-1861
文久1861-1864
元治1864-1865
慶応1865-1868

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

乾電池のサイズ

円筒型乾電池のサイズは工業規格で定まっています.日本では, JIS C 8500:2013 一次電池通則 – 日本工業規格 Primary batteries-General が定められて …

方丈

未来から ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらずを読むと......

ゆく河の流れは絶えずして,しかももとの水にあらず.淀みに浮かぶうたかたは,かつ消えかつ結びて,久しくとどまりたるためしなし.(方丈記 鴨長明) スポンサード リンク あるいは, 行く川のながれは絶えず …

真夏には味噌汁がいいかも

暑い日が続きますが,今のところ夏バテも,熱中症もありません.理由はなぜかわかりませんが,最近気をつけていることと言えば,水を多めに摂りながら,塩も多めに摂るようにしています. スポンサード リンク 減 …

暦

旧暦2033年問題について

スポンサード リンク 昨日は旧暦の1月1日でした.日本において旧暦とは1844年(天保15年)に定めた天保暦を指します.江戸時代から1873年の明治6年まで使用され,現在も天保暦ルールを使用しています …

暦

3月は弥生(やよい),旧暦と和風月名について

スポンサード リンク 約150年前まで使われていた旧暦と呼ばれる太陰太陽暦(天保暦1844-1872)では3月を弥生(やよい)と呼んでいました.これを「和風月名」と言います. 生活が自然と密着していた …