山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

宝永大噴火と宝永山

投稿日:2018-02-10 更新日:

昨日は江戸時代の宝永年間についてみてきました.

宝永年間中で最も大きな出来事は富士山の噴火でした.宝永4年11月23日(1707年12月16日新暦)の出来事です.噴火は12月8日(12月31日新暦)までの約2週間続きます.

実は噴火の49日前の10月4日(10月28日新暦)にM8.6-9と推定される宝永地震がありました.被害は東海道,紀伊半島,四国が主で死者2万人以上と言われています.

そもそも,宝永の元号はその4年前の元禄16年11月23日(1703年12月31日新暦)に発生した元禄地震により改元したわけで,この時期は火山,地震活動が非常に活発でした.

その後,富士山の噴火はおさまっていますので,最後の大噴火ということになります.

スポンサード リンク

宝永山のデータ

富士山の南東斜面に宝永の噴火でできた側火山で標高は2,693mです.富士山の南側(静岡県側)にある富士宮口5合目からの登山ルートを登ると右手側にあります.第一,第二,第三火口があります.

富士山の歴史データ

富士山は地質学的な調査では10万年前から存在しています.大きく分けて,過去に4層の山が重なってできていると考えられています.

スポンサード リンク

現在の形の富士山になったのは約1万数千年前で,それ以前の山体が現在の富士山の領域の下に,原型として埋まっています.

先小御岳(せんこみたけ)火山:約10万年前頃
小御岳(こみたけ)火山:約70万年前
古富士(こふじ)火山:約 8万年前頃

現在の形になった約1万数千年前からの富士山を「新富士」と呼んでいます.新富士も,

新富士火山旧期 (富士宮期):紀元前1万5000年頃から紀元前6000年頃まで
新富士火山旧期 (須走-a期):紀元前6000年頃から紀元前3600年頃まで
新富士火山中期 (須走-b期):紀元前3600年頃から紀元前1500年頃まで
新富士火山中期 (須走-b期):紀元前1500年頃から紀元前300年頃まで
新富士火山旧新期前半 (須走-d期):紀元前300年頃から現在まで

と分けられます.須走-d期になっても,多くの噴火が繰り返されています.古記録によれば新富士火山の噴火は781年以後16回記録されています.最後の記録が江戸時代の宝永噴火です.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

錠剤

ビタミンについて復習しましょう

誰でも知っているビタミンですが,解説の依頼があったので見ていきます.依頼者はビタミンが物質名(薬品名)ではなく,生命体に有効な機能名であることを知り,ビタミンについてもっと知りたいとの事でした. スポ …

ムジナモ発見碑

ムジナモと植物学者 牧野富太郎博士

スポンサード リンク 先日ハナショウブ巡りで小岩菖蒲園でムジナモという水生の食虫植物の発見碑を見つけました.この発見は植物学者で有名な牧野富太郎博士によって見つけられました. スポンサード リンク

ワルナスビ花

ワルナスビ,星形をした白い小さな花だけど名前がすごい

スポンサード リンク 写真の花はワルナスビです.今日散歩の途中で見つけ撮影し,名前がわからなかったので,いつもの「みんなの花図鑑」で聞きました.小さな星型で雄蕊がバナナみたいな形なのに名前があまりにも …

蚊

散歩の天敵,蚊に刺されない様にするには

夕涼みがてらの散歩やウオーキングは気持ちがいいですね.でも,蚊に刺されて困ります.今日は散歩やウォーキング中に蚊対策について考えて見ましょう. スポンサード リンク

今,読書中の本: 植物学名入門 L.H.ベイリー

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:植物学名入門 著者:L.Hベイリー 出版社:八坂書房 古典的良書です.本書植物学命名法の古典的入門書です.著者は米国の植物学者,園 …