山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

宝永大噴火と宝永山

投稿日:2018-02-10 更新日:

昨日は江戸時代の宝永年間についてみてきました.

宝永年間中で最も大きな出来事は富士山の噴火でした.宝永4年11月23日(1707年12月16日新暦)の出来事です.噴火は12月8日(12月31日新暦)までの約2週間続きます.

実は噴火の49日前の10月4日(10月28日新暦)にM8.6-9と推定される宝永地震がありました.被害は東海道,紀伊半島,四国が主で死者2万人以上と言われています.

そもそも,宝永の元号はその4年前の元禄16年11月23日(1703年12月31日新暦)に発生した元禄地震により改元したわけで,この時期は火山,地震活動が非常に活発でした.

その後,富士山の噴火はおさまっていますので,最後の大噴火ということになります.

スポンサード リンク

宝永山のデータ

富士山の南東斜面に宝永の噴火でできた側火山で標高は2,693mです.富士山の南側(静岡県側)にある富士宮口5合目からの登山ルートを登ると右手側にあります.第一,第二,第三火口があります.

富士山の歴史データ

富士山は地質学的な調査では10万年前から存在しています.大きく分けて,過去に4層の山が重なってできていると考えられています.

スポンサード リンク

現在の形の富士山になったのは約1万数千年前で,それ以前の山体が現在の富士山の領域の下に,原型として埋まっています.

先小御岳(せんこみたけ)火山:約10万年前頃
小御岳(こみたけ)火山:約70万年前
古富士(こふじ)火山:約 8万年前頃

現在の形になった約1万数千年前からの富士山を「新富士」と呼んでいます.新富士も,

新富士火山旧期 (富士宮期):紀元前1万5000年頃から紀元前6000年頃まで
新富士火山旧期 (須走-a期):紀元前6000年頃から紀元前3600年頃まで
新富士火山中期 (須走-b期):紀元前3600年頃から紀元前1500年頃まで
新富士火山中期 (須走-b期):紀元前1500年頃から紀元前300年頃まで
新富士火山旧新期前半 (須走-d期):紀元前300年頃から現在まで

と分けられます.須走-d期になっても,多くの噴火が繰り返されています.古記録によれば新富士火山の噴火は781年以後16回記録されています.最後の記録が江戸時代の宝永噴火です.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

月見

中秋の名月と月齢,月相,月名について

スポンサード リンク 夏も終わり秋になるにつれて夜空が晴れる日も多くなり,月が綺麗に見える様になってきました.中秋の名月まではもう少し間がありますが,今日は月の年齢(月齢)と月相,月名についてのお話で …

梅雨

六月に入ると梅雨入りですね.ところで,なぜ 梅雨と書くのでしょうか?

通常6月半ばまでには本州の大部分が梅雨入りします.入梅で一応春が終わり,初夏に入ります.そして梅雨明けをもって盛夏の到来となります.この期間は雨が多く1カ月から1カ月半ほど続きます.梅雨は北半球の大陸 …

秋になると緑の葉が黄葉,紅葉,褐葉するのはなぜ?

スポンサード リンク 秋らしく朝晩が涼しくなってきました.つい先月まで緑色をしていた木々の葉も黄色くなったり,赤くなったり,褐色になったものが混ざってきました. 今日は黄葉と紅葉のお話で.どちらも「こ …

時計

今年の夏至は6月21日です.夏至と二十四節気について

今年の夏至は6月21日です.本ブログでは春分,立夏と見てきました,そして次に来るのは夏至です.夏至は一年で最も昼の時間が長い日です.定気法では太陽黄経が90度となる瞬間でそれを含む日を夏至日と言います …

大気汚染

ゼンソク気味の症状発生 黄砂? PM2.5? 花粉症?それとも

数週間前まで苦しんでいた花粉症の症状もほぼ治まり,四月末頃には目薬,点鼻薬も持ち歩かなくても大丈夫くらいのところまで気にならなくなっていました.ところが1-2日前から鼻水,ゼンソク症状がでてきましたの …