山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

コーヒーを美味しく味わうための技を磨きませんか?

投稿日:2017-04-04 更新日:

コーヒー

コーヒーは多くの人にとって安らぎのひと時をつくります.私も日々の生活に欠かせないものとなっています.コーヒー好きですか?と人に聞くと好きですと答える人と嫌いですと答える人に分かれます.近年コーヒーのレベルが上がってきて,コーヒーの味の深さに気が付く人も増えてきました.

スポンサード リンク

でも,もしコーヒーをお寿司にたとえるとして,日頃飲んでいるコーヒーの最上と思っているものが,コンビニの寿司弁当レベルだとしたら,どう思いますか?高級ホテルで飲んでいる一杯1,000円以上のコーヒーが回転寿司レベルだったとしたらどう思いますか?回転寿司がお寿司だと思っていた人が,チョット高級なお寿司屋さんで握ってもらうと同じ「お寿司」でも別物だと驚くと思いませんか?

お寿司にピンキリがあるように,本当に美味しいコーヒーは存在するのです.不味いコーヒーを美味しいとして無理して飲んだり,コーヒー通と称して,不味いものを無理して砂糖とミルクを入れないで飲むのはただのやせ我慢が習慣化したものにすぎません.町中に出回っているコーヒーは香りはともかくも,味はけっして美味しくないのです.私も師匠に美味しいコーヒーをご馳走になるまでこのことを知りませんでした.知ってしまうとコーヒー観が変わります.インスタントしか食べたことが無かったのに,本物の激うまラーメンや本物のそば,うどんを食べたときのショックと同じです.

美味しいコーヒーは自分でつくる

では,美味しいコーヒーはどこで飲めるの?という疑問が出てきます.ある程度美味しいコーヒーはこだわりの店をいろいろと探し,店長のお勧めを試せば出会うことができますが,商業ベースで美味しいコーヒーを提供し続くるのは至難の業です.なぜかという事をここで述べるのはやめておきます.話が長くなりすぎるためです.結論だけ言いますと難しい.それがあったら私もローストなど自分でヤラズにその店に飲みに行きます.

美味しいお寿司が長年の経験を経て磨かれてきたように,あるいはラーメンが長年かけてレベルアップしたように,コーヒーが商業的文化的に成熟するまでには時間がかかりそうです.近年日本でも良い豆が入手できるようになりました.でも,ローストはかなり難度が高いのです.ローストした後の品質の維持も大変です.さらに,コーヒーは個人の好みや飲むシチュエーションによってベストの味が異なるし,豆の品種やグレード,ローストのバリエーションに好みの差があり過ぎるためです.

スポンサード リンク

じゃあどうしたら良いのでしょうか?おすすめは,最終的には自分で生豆を買い,選別し,ローストし,ミルにかけ,ドリップして味わうことです.これは一日にでできることではありません.マスターするのに長年かかります.何度も失敗を味わうことになります.でも,コーヒージプシーになって美味しいコーヒーを飲むためにコーヒショップ探しに一生を捧げるより,着実に自分の技として一歩一歩身につけて自分のものとしたほうが,どんなに良いことでしょうか.そして,それは一生ものの趣味ともなります.

コーヒーの技のレベルと器具

とは言え,急に器具をそろえて明日から美味しいコーヒーを飲もうと思ってもできません.物事には習う順番があります.以下,コーヒーの技をマスターしていくための順番と用意する器具についてお話しします.

レベル1:挽いたコーヒーを購入し,ドリップして飲む
レベル2:ロースト済の豆を購入し,ミルで挽いてからドリップして飲む
レベル3:生豆を購入し,ローストし,ミルで挽いてからドリップして飲む

レベル1ではコーヒーのドリップをマスターします.必要な器具はコーヒードリップポット,コーヒーメジャー(計量スプーン),コーヒードリッパーとフィルター,コーヒーサーバーの5点です.

レベル2ではコーヒ豆専用のミルが必要になります.コーヒーマシンにミルが付いているものや手回し式のミルもありますが,長い年月安定して同じ条件を維持するためには専用の電動式ミルが必要です.

レベル3ではローストの為の器具が必要になります.私は自分で開発した専用器具を家庭用のガス台でローストします.ここからハードルが高くなります.そして,このレベル3をある程度こなせるようになると味がかなり違ってきます.レベル1,レベル2はレベル3の為の基礎技術という位置づけです.

もしレベル3が無理に思えて,レベル1あるいはレベル2であきらめてしまっても,一生普通のコーヒー以上のものを味わえると思いますので損は無いと思います.

次回はレベル1を詳細に説明します.

「コーヒーを美味しく味わうための技を磨きませんか?」のまとめ

1. 本当に美味しいコーヒーは存在する

2. 自分の技としてひとつひとつレベルアップしていくしかない

3. レベルに応じて専用器具も必要になります

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ものを磨くこと

スポンサード リンク 普段の生活が乱れがちになると,意識が散漫になり物事に集中できなくなります.イライラしたり,憂鬱になったりして,自分がコントロールできない気持ちになります.そんな時に自分の趣味など …

sanpo03

散歩のすすめ,楽しくするための様々な方法

前回では散歩を習慣化するためのポイントとして「楽しくなければ続かない」ということについてお話ししました.なぜ,習慣化しなければいけないのか,とかどのくらい歩かなければならないのか,どのくらいの速さで歩 …

昨日3月21日は東京で雪が降りました.今年最後の雪?

スポンサード リンク 春からまた冬へ舞い戻りですね.人に会う用事があって雪の降る寒い都内を歩いてから,家に帰ると寒気がしていましたので,お風呂の入り温まってから寝たのですが,今日は朝から頭痛と寒気でど …

荒川を下り葛西臨海公園へサイクリング

スポンサード リンク 昨日は天気が不安定でしたが,定例コースの荒川下り,旧江戸川を上るサイクリングしてきました.大島の後なので,登り坂や荷物もなく,楽々の40㎞,3時間弱のサイクリングでした.毎週月曜 …

鯖缶とオメガ3脂肪酸

最近,知人に勧められて鯖缶に着目しています.テレビでブームになったようで,一時はスーパーの棚から無くなってしまった様ですが,最近は通常に戻ったようです. スポンサード リンク 食べ過ぎるのも良くないの …