山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

桜と一緒に白い雪柳が咲き誇っている.ユキヤナギについて学ぶ

投稿日:2017-04-08 更新日:

ユキヤナギ1
ユキヤナギという花を知っていますか?桜が咲く少し前から咲き始めて桜の咲く頃に足元を見れば,ところどころに白い小さな花を無数に咲かせている草がありませんか?名前を知らなかった人もきっと見たことがあると思います.

スポンサード リンク

葉の黄緑色に白い花が鮮やかなコントラストつくっていますので,すごく目立ちます.特に咲き始めの頃はいくつかの枝に白い花が咲き,白いものが爆発して噴き出したように見えます.花盛りの時期には信じられないほど目立ちます.とても花には見えず,あれは何だろうと思って近づいていくとこの植物でした.中国では噴雪花と呼ぶそうです.私にもそのように見えました.
ユキヤナギ2
名まえの由来は雪柳という名前そのままで,ヤナギに雪が載っているように見えるためこの名前がついているとのこと.でも,雪の時期ではないので妙な感じです.また,散った花がお米を撒いたように見えるので小米花とか,小米柳,小米桜などとも呼ばれるそうです.もう少しすると散るでしょうから,お米を撒いた様子が見られることでしょう.

ユキヤナギのデータ

学名 Spiraea thunbergii
科・属名 バラ科・シモツケ属
英名 Thunberg’s meadowsweet
Thunberg spirea
原産地 日本、中国
開花期 3~5月
花の色 白、ピンク
別名 小米花(コゴメバナ)

スポンサード リンク

雪柳は落葉性低木.本州から西の地域に生息している.川沿いの岩の割れ目,海岸の岩の上などに自生.木の高さは1〜2m,葉は上半分がギザギザ,枝は互生.花の直径は0.7〜1㎝程度,花びらの数は5枚,花持ちは7日程.秋になると紅葉する.素朴でほのかに甘い独特の香り.シジミバナ,フジノピンク,オウゴンユキヤナギなどの種類がある.花言葉は愛らしさ,気まま,殊勝.
ユキヤナギ3
学名のthunbergiiはスウェーデンの医師,植物学者カール・ツンベルク(Carl Peter Thunberg)から.1775年に長崎の出島に来日.1年間滞在した.日本で植物の研究をし,日本の植物学の基礎をつくる.桂川甫周,杉田玄白らに外科術を教える.

最近は桜を見に行っても足元の花の方が気になって,ハナニラ,ヒメオドリコ草,カタバミ,ハボタン,ノースポールなどが目立ちます.でも遠くからすぐわかるのがユキヤナギです.知らなかった人は覚えておくと良いでしょう.

「雪柳が桜と一緒に咲き誇っている.ユキヤナギについて学ぶ」のまとめ

1. ヤナギに雪が載っているように見えるためこの名前がついている

2. 学名 Spiraea thunbergii,バラ科・シモツケ属

3. 開花期 は3~5月,桜より早く咲き始め,桜より遅くまで咲き続ける

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サーバーのPHP 7.1へのアップデートによるワードプレスのウェブサイトトラブルと対処メモ:2017年10月29日

以下,参考の為,本日起きたサーバーアップデートに伴うトラブルの顛末を記録しておきます. トラブルの状況 2017年10月29日 1. コアサーバー システム増強,サーバー移行後の状態 2. PHP5. …

ナタネ油 菜種油

先日の記事で,「ナタネ」は作物名で,植物名は「アブラナ」であることをお伝えしました.ナタネの利用は主にナタネ油を採ることで,在来のアブラナより「セイヨウアブラナ」の方がナタネ油の収量が良いので,セイヨ …

台風12号通過と7月28日の皆既月食

台風12号は大きく左旋回して伊豆半島南部を通過,近畿中国方面に向かっています(28日夜).東京は一時的に強い雨と風が吹いていますが,思ったほどに酷くはありませんでした.29日朝には関西付近ですので,注 …

香り

臭いとニオイセンサーについて見てみましょう

昨日のブログは,「縄文の汗臭い香りが漂っていました」で終わりました.ところで,ニオイセンサーというセンサーがあります.空気清浄機やニオイ感知器に入っていてニオイを検出するセンサーです.今日はニオイセン …

ウメのつぼみ

ロウバイとウメの蕾が膨らんできました

ウメのつぼみ 新年の3が日も過ぎて4日となりました.お正月気分もだんだん平常へ戻りつつあります. スポンサード リンク 夕方に散歩していると,ロウバイやウメの蕾(つぼみ)ができていました.ロウバイの中 …