山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

鳩と鴎とカラスで人を怖がらないのはどの順番 鳥の警戒心について

投稿日:2017-04-15 更新日:

カモメ
日々暖かくなり,天気の良い日は外で食事をすることが多くなってきました.先日は隅田川の鴎の話がでましたが,鴎は人に対する警戒心が鳩に比べて強いらしく少し遠巻きに集まっています.そして,みさと公園のカラスは鴎よりさらに距離を置いています.そしてちょっとした素振りをしただけでカラスは反応し過剰に逃げ腰になるところをみれば鴎よりさらに警戒心が強い様に思えます.同じ鳥でも小さくて弱い鳩の方が大きな鴎やカラスより警戒心がゆるいのは生息環境のせいなのか生まれつきなのかよくわかりません.

スポンサード リンク

また,鳩と鴎が同じ場所にいる場合,鴎同士はお互いにスペースを気にしていて,別の鴎が近づくと追い払ったり,手すりにとまる時も大きめの距離を置いているのに,鳩は関係なくその間を行き来していて,鴎は全く鳩を眼中に置いていないようです.同類には厳しく,異種に対しては無関心になっています.不思議です.

スポンサード リンク

鳩も場所によってちょっと違いがあり,人を警戒する鳩と直ぐに近寄ってきて餌をくれないかと人の動きを横目に見ている鳩がいますね.鳩はものすごく観察眼が鋭くて,鞄に手をやるだけでそれとなく近寄ってきます.でも,フェイクで餌をやる振りをしてもほとんど騙されません.本当に細かい一粒でも見えているようです.米粒の半分くらいの破片なら空中を飛んでいる時点で追いかけ始めています.恐るべき選球眼です.

一方カラスの方は投げるふりをしても投げても,どちらでも逃げます.たぶんカラスが一番臆病にみえるのは黒くて人間に嫌われ勝ちなので,いじめられることが多いからなのでしょうかね?世の中にはわからないことがいっぱいあります.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

レーダー・ナウキャスト

高性能気象レーダを用いたリアルタイム降雨観測システム,気象庁 高解像度降水ナウキャストと国土交通省 XRAIN

レーダー・ナウキャスト(気象庁ホームページより) 気象予報の技術は日進月歩です.先日お話ししたレーダーを利用して降水予報をするシステムは現在では250mの解像度まで高められています.つまり,レーダーか …

花火

花火のお話し 花火の歴史-明治から戦後までの花火

先日の花火のお話は江戸時代末までの花火の歴史でした.今日は明治以降大きく変わった花火についてお話しします. 昔の花火(和火)と今の花火(洋火) もし,現代人が江戸時代の花火をみたらびっくりすることでし …

挿し木

挿し木と接ぎ木について

スポンサード リンク 今まで様々な植物を見てきました.その中で,種子によらない方法で増えて行く植物が多いことに驚きます. 挿し木や接ぎ木といった方法でも植物は増えて行くので不思議ですね. 今日は挿し木 …

メジャー

1メートルの長さを決める話

伊能忠敬が測量を始める約10年前の1790年,革命中のフランスでは1メートルを定義し,正確に求めようという動きがありました. スポンサード リンク それには主に3つの候補がありました. 1. 周期が1 …

ヤシ

ヤシの木,ヤシの実について

スポンサード リンク 映画キャスト・アウェイの主人公が無人島に流されて最初に口にしたのがヤシの実でした.四苦八苦しながら実の中の液を飲んでいました.さて,ヤシですがはヤシは全部で3333種あります.熱 …