山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

鳩と鴎とカラスで人を怖がらないのはどの順番 鳥の警戒心について

投稿日:2017-04-15 更新日:

カモメ
日々暖かくなり,天気の良い日は外で食事をすることが多くなってきました.先日は隅田川の鴎の話がでましたが,鴎は人に対する警戒心が鳩に比べて強いらしく少し遠巻きに集まっています.そして,みさと公園のカラスは鴎よりさらに距離を置いています.そしてちょっとした素振りをしただけでカラスは反応し過剰に逃げ腰になるところをみれば鴎よりさらに警戒心が強い様に思えます.同じ鳥でも小さくて弱い鳩の方が大きな鴎やカラスより警戒心がゆるいのは生息環境のせいなのか生まれつきなのかよくわかりません.

スポンサード リンク

また,鳩と鴎が同じ場所にいる場合,鴎同士はお互いにスペースを気にしていて,別の鴎が近づくと追い払ったり,手すりにとまる時も大きめの距離を置いているのに,鳩は関係なくその間を行き来していて,鴎は全く鳩を眼中に置いていないようです.同類には厳しく,異種に対しては無関心になっています.不思議です.

スポンサード リンク

鳩も場所によってちょっと違いがあり,人を警戒する鳩と直ぐに近寄ってきて餌をくれないかと人の動きを横目に見ている鳩がいますね.鳩はものすごく観察眼が鋭くて,鞄に手をやるだけでそれとなく近寄ってきます.でも,フェイクで餌をやる振りをしてもほとんど騙されません.本当に細かい一粒でも見えているようです.米粒の半分くらいの破片なら空中を飛んでいる時点で追いかけ始めています.恐るべき選球眼です.

一方カラスの方は投げるふりをしても投げても,どちらでも逃げます.たぶんカラスが一番臆病にみえるのは黒くて人間に嫌われ勝ちなので,いじめられることが多いからなのでしょうかね?世の中にはわからないことがいっぱいあります.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

研究

植物名とラテン語 カタカナでの読み方

スポンサード リンク 以前から知りたいと思っていたことの一つに,ラテン語の発音があります.植物の学名がラテン語になっていますが,どのように読んで良いのかわかりません. 読めなければ,覚えるのが難しくな …

Fuji

山の高さとは?どこからどこまででしょうか?標高とは何でしょうか?

富士山 スポンサード リンク 山河海空ブログを始めて2日目の話題はタイトル「山河」の山について見ていきます. さて,山の高さとはどこからどこまででしょうか?標高とは何でしょうか? 当たり前のことですが …

花火

花火のお話し 花火の歴史-花火事始め

スポンサード リンク 7月に入ると本格的に夏らしくなります.夏と言えば花火.今日は花火の歴史について見ていきます. 現代花火の原型になるものは戦国時代に鉄砲や火薬の伝来ともに入ってきたようです.西洋で …

土偶

現代人の中にも残っている縄文の魂

縄文マニアのS君と駿河台にある明治大学の博物館に行ってきました.先日,東京大学の博物館で縄文のコレクションは明治大学がダントツです,という事を聞きましたので訪ねてみました.館内に入るとすぐに案内され丁 …

植物を観察する方法 デッサン,スケッチ,クロッキー,ドローイング

植物の写真を撮り続けて2-3年,毎日の散歩で積極的に撮影していましたので,かなりの量のストックができました. でも,今一つなのが,細部の観察力です.撮影をするだけで安心してしまい,細部を観察していませ …