山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第7週の花草木 パンジーと三色スミレ

投稿日:

2月のなかばになっても,春まではまだ少しあるので,花壇は寂しい状況です.その中で様々な色合いを見せているのはパンジーです.この花には数十年前の思い出があります.

小学校に入学して間もなく,学校が一年生の一人一人に鉢植えのパンジーをお祝いに配ってくれました.何に使うのかよくわからないけれど,帰りに鉢植えを持たされて家まで抱えて持って帰った記憶があります.直に手渡してくれましたので,持ち方がわからず,途中で鉢を落として割ってしまった子供もいるのではと思います.帰る途中で初めて花を間近にみた記憶が鮮明に残っています.

スポンサード リンク

その時は確か,三色スミレと呼んでいたと記憶しています.いままで,ずっと三色スミレだと思っていました.この年齢になって,初めて確認してみました.

パンジーと三色スミレの違い

簡単に言うと,パンジーは園芸用としてスミレとサンシキスミレから分化,交配してつくられた品種です.サンシキスミレは野生種で,パンジーの原種となります.

以前はパンジー Viola × wittrockianaの和名が「サンシキスミレ」だったので,混同されていましたが,現在ではパンジーの和名は「パンジー」で原種のViola tricolor L.の和名が「サンシキスミレ」となっています.

スポンサード リンク

パンジーのデータ

科:スミレ科 Violaceae
属:スミレ属 Viola
種:パンジー V. × wittrockiana
学名:Viola × wittrockiana
シノニム:Viola tricolor hortensis
和名:パンジー
英名:Pansy

花:わずかに重なった2枚の上側の花弁,2枚の脇の花弁,下側3枚の花弁が結合するヒゲ,およびわずかな切れ込みを持つ1枚の下側の花弁からなりたっています.色は黄金,オレンジ,赤,紫,青紫,白青,スミレ色,黒(濃青による),複数色の混合など多種あります.
花が前に傾くので考えている様に見えるので,フランス語のパンセ(pensée)より,パンジーと名づけられました.
交配の歴史:1800年代に野生のサンシキスミレと野生スミレのビオラ・ルテア(V. lutea),近東のスミレビオラ・アルタイカ(V. altaica)を交配してつくられました.

サンシキスミレのデータ

科:スミレ科 Violaceae
属:スミレ属 Viola
種:サンシキスミレ V. tricolor
学名:Viola tricolor L.
和名:サンシキスミレ
英名:
wild pansy
heartsease
heart’s ease
heart’s delight
tickle-my-fancy
Jack-jump-up-and-kiss-me
come-and-cuddle-me
three faces in a hood
love-in-idleness

花:花径は1.5cmほど,花色は紫,青,黄,白
茎:匍匐性の茎
背丈:15cm程度

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第28週の花草木 ラベンダー

芳香剤と言えばラベンダーと言っても良いくらい有名です.でも,ラベンダーには様々な種類があります. 最も代表的なものはコモン・ラベンダーと L. angustifoliaと呼ばれるものですが,市販のラベ …

第47週の花 チャ(お茶)

スポンサード リンク 毎日飲んでいるお茶.お茶と言えば,「夏も近づく八十八夜」のイメージがありますが,あれは茶の葉の摘む時期で,花は11月後半頃に咲きます.お茶の花は茶畑に行かないとないかと思っていま …

第44週の花草木 ススキ

先日,荒川の河川敷をサイクリングすると,ススキとセイタカアワダチソウがちょうどよい具合な比率で別れて群生していました.ススキに黄色いセイタカアワダチソウの黄色は良く合っています. スポンサード リンク …

第8週の花 スイセン

冬の寒い時期でも咲いていたスイセンは白や黄の花を4月頃まで咲かせます. 原産地はイベリア半島(スペイン,ポルトガル)を中心とした地中海沿岸地域なのですが,耐寒性に強いのが特徴です. 漢字表記は「水仙」 …

第4週の花 ハコベラ

七草(セリ,ナズナ,ゴギョウ,ハコベラ,ホトケノザ,スズナ,スズシロ)の四つ目,ハコベラ ナデシコ科に属するハコベラは「ハコベ」とも呼ばれています.日本には約18種類ありますが,その中の代表が「コハコ …