山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

5日月と昨日の梅園の補足

投稿日:2018-02-20 更新日:

夜8時頃散歩していたら西の空に5日目の月が出ていました.今日は旧正月5日なので,5日月と言うのでしょうか?まだ,細い月ですが太陽が沈んだ後,太陽を追いかけるように西の空に浮かんでいます.同時刻に観察すると,日に日に東の方へ移動していきます.

梅園の補足

昨日,梅園に行った記事を書きましたが,もう少し梅の開花状況について補足します.

梅園で見つけた梅

白加賀 (しろかが): 見事に咲いていました.枝ぶりも堂々としています.
緑萼梅 (りょくがくばい): 6-8分咲きです.額が緑なので花が薄き緑色に見えます.
寒紅梅 (かんこうばい): 満開を過ぎているのでやや花が古くなっていましたが赤くきれいに咲いていました.
八重冬至 (やえとうじ): ほぼ満開です.花が八重なので膨らんで見えます.
見驚 (けんきょう): まだ蕾の状態です.
紅千鳥 (べにちどり): 6-8分咲きの木は赤がきれいです.蕾のままの木もありました.
冬至梅 (とうじばい): 8分咲きです.
大酒盃 (おおさかづき): 赤い大きな花が満開でした.複数の花が集まって咲いているので大きく見えます.
鹿児島紅 (かごしまこう): 濃い赤で,6-8分咲きでした.
緋の司 (ひのつかさ): 緋色の花がぽつりぽつりと咲いています.
武蔵野 (むさしの): 赤い蕾の状態でした.
藤牡丹枝垂れ (ふじぼたんしだれ): 枝垂れ梅ですが,まだ赤い蕾の状態でした.
鶯宿梅 (おうしゅくばい): 色が桜色の花です.ほぼ満開でした.
蝋梅 (ろうばい): ソシンロウバイが満開でした.
豊後 (ぶんご): まだ赤い蕾の状態でした.
黒田梅 (くろだばい): 蕾の状態でした.

スポンサード リンク
スポンサード リンク

感想

全部で100本以上で,私が確認できたのは16品種でした.ほとんどの木が日向でほぼ同条件に育っています.同品種でも咲いているものと蕾のものがありましたが,樹齢などによるのでしょうか?

全品種の中では白加賀が最も堂々としていて,品格があるように見えました.花もほぼ満開で見事に咲いていました.緑萼梅は緑の萼が特徴的でした.風に揺られながらも,何とか写真が撮れましたので掲載しておきます.よく見ると緑色の萼が陽の光に透けて見えています(下写真).


緑萼梅

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-,

執筆者:


  1. 清水 より:

    始めて緑がかった透き通る様な美しい梅を見ました
    今度から注意をして見たいと思いました。

  2. sanga より:

    iPhoneだと風に揺れる枝先の花を撮影するのは至難の業です.20枚目位の撮影で偶然にフォーカスが合いました.この緑萼梅の一枚は私にとって,今年のベストの候補になりそうです.

    桜が満開です.染井吉野で無ければ葉があるものもあるので,桜の花の色と葉の柔らかい緑を組み合わせて鑑賞するのも風流ですね.

    最近は花そのものよりも,むしろ葉の形やつき方,枝の分かれ方,木肌の艶と模様などの方が気になるようになってしまいました.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

花

「みんなの花図鑑」サイトリニューアルというお知らせが届く

以前花の名前を知りたいときにすごく便利だと紹介しました「みんなの花図鑑」というサイトからリニューアルのお知らせが届きました.「花の名前を知りたいサービス」が終了とのことです.また,花の写真の投稿もgo …

簡単に流れを変える気持ちのリセット方法

スポンサード リンク 気分が乗らなかったり,何から手を付けたら良いのか分からなくなったり,気持ちが堂々巡りで抜け出せなくなってしまう事があると思います. こういう時に簡単な気持ちのリセット方法がありま …

散歩

夏場の散歩の仕方,楽しみ方

スポンサード リンク 暑い日が続きます.夏場は暑いのと天候の急変などで毎日の散歩習慣が崩れがちです.この時期を乗り切れば秋にかけて最高のシーズンが訪れますので,習慣だけは守りたいものです.その為にはど …

週末に堀切菖蒲園 堀切水辺公園に行ってきました

ハナショウブが咲く頃になったので,週末に堀切菖蒲園と近くの荒川土手にある,堀切水辺公園に行ってきました.昨年は工事中で限定開園でしたが,今年は園内の工事も終了し,設備や橋や道などが新装されていました. …

スプーン

はちみつの味わい方,プチはちみつ道のすすめ

滋養豊富なはちみつは天然の甘味成分ですので,仕事などで頭と体が疲れたときのリフレッシュに最適な食品です.もちろん,はちみつの使い方は自由ですが,純粋にはちみつだけを深く味わって楽しみたいものです.目を …