山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

まず,水を飲む習慣

投稿日:2018-02-23 更新日:

今年になってから「習慣+」として,意識的に良い習慣を増やしていこうと試みています.ダメな習慣を減らし,良い習慣を加えることによって生活全体を改善していく意図で始めました.

現状では20程度の習慣が増減しています.その中で,初めて良かった習慣の一つとして,「水を飲む習慣」があります.

これは単純にのどが乾いたら,先ず水を飲むだけです.お茶やコーヒー,紅茶などを飲みたくなっても,まず水から始めます.通常2口程度で,一口目はゴクリと飲み喉の奥で味わいます,二口目は口に含み味わいます.今は冬場なので,水道水も冷えていて美味しいです.ちなみに,浄水器は付けてありますので,浄水を飲んでいます.

その後に,まだ飲みたければ,コーヒーやお茶など好きなものを飲めば良いだけです.これは風呂上りも,食事前も全て同様にしています.一種の儀式の様ですが,なかなかのご利益があります.

スポンサード リンク
スポンサード リンク

水を飲む習慣のご利益

1. 無意識にコーヒー紅茶などを飲まなくなる.本当に飲みたいときだけ飲むので味わえます.
2. 飲み物,食べ物の前に水を飲むと,味覚をニュートラルにできます.
3. 先ず,喉に通し,次に口で味わうので,飲食を味わい感謝する気持ちができます.
4. 水の美味しさ,価値をあらためて認識できます.
5. 食事や間食の量が幾分減りますので,ダイエット効果もあります.
6. 夜など空腹のときも水で間に合う事が多いので,不健康な夜食習慣がなくなります.

水は空気と同じふんだんにあるもので,日頃ありがたさを忘れがちです.水も空気もなければ生きていけませんが,一日に数回意識することで,いかに恵まれているのか確認できます.

特に日本は世界でも有数な水資源大国で,水道水が安心して飲めます.配管や貯水槽の汚れもあるかも知れませんので,一応浄水器は取り付けていますが,低価格で良質な水を使える国はそれほど多くありません.

そのことに気づいてからペットボトル入りのジュースなどほとんど買わなくなりました.唯一,トマトジュースは買って飲みますが,これは生のトマトを食べる代わりに利用しています.トマトジュースも先に水を飲んだあと,少量だけ飲みます.

ちなみに体重も1月からの1月半でで2キロ程減りました.

今日はこれまで.ではまた.

-一般
-

執筆者:


  1. Ys より:

    水を飲む習慣を身に付けていきたいと感じました 有難うございました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

扇風機

7枚羽の東芝製扇風機を買いました

スポンサード リンク 我が家に3台目の扇風機が届きました.1台目がかなりの年代物で部分的に黄ばんできたため,毎年この季節に交換しようかどうか迷っていました. エアコンは空気の交換が無く同じ空気を何度も …

今から150年前の明治元年1868年5月(新暦)の出来事

今年2018年は明治維新の1868年から150年目ということで,150年前に遡って月々の出来事を見ていきます. 1868年5月の出来事は以下の通りです. 1868年5月1日(慶応4年4月9日),明治天 …

謙虚であること

最初は恐る恐る始めたことも,物事が少しうまくいきだすと慢心になりがちです.長い人生経験を経て生き方を磨いてきた人は自由であると同時に,自然の謙虚さが身についているように見えます. スポンサード リンク …

花火

花火のお話し 花火の歴史-明治から戦後までの花火

先日の花火のお話は江戸時代末までの花火の歴史でした.今日は明治以降大きく変わった花火についてお話しします. 昔の花火(和火)と今の花火(洋火) もし,現代人が江戸時代の花火をみたらびっくりすることでし …

1月は睦月(むつき),旧暦と和風月名について

スポンサード リンク 約150年前まで使われていた旧暦と呼ばれる太陰太陽暦(天保暦1844-1872)では1月を睦月(むつき)と呼んでいました.これを「和風月名」と言います. 生活が自然と密着していた …