山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第9週の花草木 フクジュソウ

投稿日:2018-02-26 更新日:

鮮やかな黄色の花の咲くフクジュソウ(福寿草)は日本固有種です.旧暦の正月頃に開花することから名付けられました.ちなみに今日は旧暦の1月11日です.乱獲で天然のものは減りつつあります.

フクジュソウのデータ

目:キンポウゲ目 Ranunculales
科:キンポウゲ科 Ranunculaceae
属:フクジュソウ属 Adonis
種:フクジュソウ A. ramosa
学名:Adonis ramosa Franch.
シノニム:Adonis amurensis
和名:フクジュソウ(福寿草)
英名:Far East Amur adonis

花:鮮やかな黄色の花です.花径は3-4cm.花びらは20-30枚あります.
下部に茎を包んでいた大きな鱗片が残り,その脇から花茎を伸ばします.
1つの花茎に1-4輪の花をつけます.

葉:葉は羽状複葉で細く裂けて,互生になっています.人参(ニンジン)の葉に似ています.

スポンサード リンク

生育地:林の中や林の縁
植物のタイプ:多年草
高さ:15-39cm

スポンサード リンク

その他:フクジュソウハ初春に花を咲かせ,夏までに光合成をおこない,また春まで地下で過ごします.これをスプリング・エフェメラル*と言います.毒草.1月1日の誕生花。

*注:スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral:春の短い命)
春先に花をつけ,夏まで葉をつけると,あとは地下で過ごす一連の草花の総称です.冬に落葉した森林では,早春にはまだ葉が出ていないので,日差しが十分に入ります.この明るい場所で,いち早く花を咲かせて他の植物の葉が影をつくる前に日光を受け成長します.フクジュソウの他に,カタクリ,エゾエンゴサク,キクザキイチゲ,ユキワリイチゲ,アズマイチゲ,イチリンソウ,ニリンソウ,セツブンソウ,ヤマエンゴサク,ムラサキケマン,ショウジョウバカマ,ヒロハノアマナ,バイモ属(コバイモ類)などがあります.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

バラ

第20週の花 バラ Under the Rose, 秘密の象徴

スポンサード リンク 近くのバラ園に行ってきました.ほぼすべての種類のバラが花を咲かせています.タイトルがUnder the rose, 秘密の象徴,これはローマ時代の頃から会議の秘密を守る象徴として …

第35週の花草木 ムクゲ 槿

スポンサード リンク 公園でよく見かけるムクゲは夏の暑さにも負けない花で樹高は3-4m位あります.夏の暑さにも負けず,花枯れの時期にお茶の花(夏の茶花)として重宝されています.学名はHibiscus …

バナナ

バナナは日本で最もたくさん食べられているフルーツです. バナナは数量で60%,金額で40%の輸入量です.主な輸入国はフィリピンです.和名はバナナですが,古くは芭甘蕉,実芭蕉と呼ばれていました.芭蕉と言 …

8月の植物写真

8月の植物写真です. スポンサード リンク スポンサード リンク

くちなし

第26週の花 クチナシ

スポンサード リンク 「くちなしの花の 花のかおりが…」と歌にまであるくらい香りの良い花です.散歩していると目で見つけるより香りの方が先に気が付くくらい遠くまで良い香りを周囲に漂わせていま …