山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

ナイロンの開発

投稿日:2018-02-28 更新日:

1935年の2月27日(今日),アメリカのデュポン社が6,6-ナイロンを開発しました.ナイロン世界初の合成繊維で,ウォーレス・カロザース Wallace Hume Carothersが高分子を重合して化学繊維を合成することに成功しました.

具体的には,1935年2月28日,カロザースの指導のもとで,ジェラード・ベルシェがヘキサメチレンジアミンとアジピン酸から重合体6,6-ポリアミドを作りました.この重合体にナイロンと名前を付けました.以後,ナイロンを製品化することに決定され,普及に至ります.

この時を境にして,綿から合成繊維への時代となりました.現在では数々の合成繊維が普及しています.合成繊維のお世話になっていない人はほとんどいないと言っても過言ではないでしょう.

スポンサード リンク

1931年7月出願、1937年2月発効の米国特許2,071,250号です.

Linear condensation polymers:
https://patents.google.com/patent/US2071250

6,6-ナイロンのデータ

6,6-ナイロン: CO-(CH2)4-CO-NH-(CH2)6-NHn

スポンサード リンク

アジピン酸とヘキサメチレンジアミンを重合して作られます.
アジピン酸:HOOC–(CH2)4–COOH
ヘキサメチレンジアミン:H2N-(CH2)6-NH2

「石炭と水と空気から作られ,鋼鉄よりも強く,クモの糸より細い」というのが,当時のキャッチフレーズでした.
当初は女性のストッキング用として使われました.

ナイロンの名前の由来:

1. norunから(no run,つまり,「伝線しない」という意味で,当時のストッキングはすぐに伝線する欠点があったのをナイロンによってもう,伝線しないという意味)

2. Now You Lousy Old Nipponeseの意味から(当時日本は絹の輸出で圧倒的なシェアがあり,日本をこの繊維で打ちのめしてやるという意味)

1.なのか2.なのか,あるいは別の由来があるのか,本当のところはよくわかりません.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

セミ

セミの季節,セミの謎 2

スポンサード リンク セミの話2回目です.セミは不思議な生物です.なぜあんなに長い間土の中で生活しているのでしょう?そして,せっかく成虫になったのに間もなく死んでしまいます. スポンサード リンク

研究

植物名とラテン語 カタカナでの読み方

スポンサード リンク 以前から知りたいと思っていたことの一つに,ラテン語の発音があります.植物の学名がラテン語になっていますが,どのように読んで良いのかわかりません. 読めなければ,覚えるのが難しくな …

今日2018年1月20日土曜日は大寒(だいかん)です.定気法と平気法

大寒と書いて「だいかん」と読みます.寒さが最大の頃と思って良いでしょう.一年で最も寒い季節です.実際に各地で最低気温の記録が出やすい時期でもあります. 二十四節気の大寒 一年を二十四に分けてそれぞれに …

Fuji

山の高さとは?どこからどこまででしょうか?標高とは何でしょうか?

富士山 スポンサード リンク 山河海空ブログを始めて2日目の話題はタイトル「山河」の山について見ていきます. さて,山の高さとはどこからどこまででしょうか?標高とは何でしょうか? 当たり前のことですが …

花火

花火のお話し 花火の歴史-明治から戦後までの花火

先日の花火のお話は江戸時代末までの花火の歴史でした.今日は明治以降大きく変わった花火についてお話しします. 昔の花火(和火)と今の花火(洋火) もし,現代人が江戸時代の花火をみたらびっくりすることでし …