山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

ナイロンの開発

投稿日:2018-02-28 更新日:

1935年の2月27日(今日),アメリカのデュポン社が6,6-ナイロンを開発しました.ナイロン世界初の合成繊維で,ウォーレス・カロザース Wallace Hume Carothersが高分子を重合して化学繊維を合成することに成功しました.

具体的には,1935年2月28日,カロザースの指導のもとで,ジェラード・ベルシェがヘキサメチレンジアミンとアジピン酸から重合体6,6-ポリアミドを作りました.この重合体にナイロンと名前を付けました.以後,ナイロンを製品化することに決定され,普及に至ります.

この時を境にして,綿から合成繊維への時代となりました.現在では数々の合成繊維が普及しています.合成繊維のお世話になっていない人はほとんどいないと言っても過言ではないでしょう.

スポンサード リンク

1931年7月出願、1937年2月発効の米国特許2,071,250号です.

Linear condensation polymers:
https://patents.google.com/patent/US2071250

6,6-ナイロンのデータ

6,6-ナイロン: CO-(CH2)4-CO-NH-(CH2)6-NHn

スポンサード リンク

アジピン酸とヘキサメチレンジアミンを重合して作られます.
アジピン酸:HOOC–(CH2)4–COOH
ヘキサメチレンジアミン:H2N-(CH2)6-NH2

「石炭と水と空気から作られ,鋼鉄よりも強く,クモの糸より細い」というのが,当時のキャッチフレーズでした.
当初は女性のストッキング用として使われました.

ナイロンの名前の由来:

1. norunから(no run,つまり,「伝線しない」という意味で,当時のストッキングはすぐに伝線する欠点があったのをナイロンによってもう,伝線しないという意味)

2. Now You Lousy Old Nipponeseの意味から(当時日本は絹の輸出で圧倒的なシェアがあり,日本をこの繊維で打ちのめしてやるという意味)

1.なのか2.なのか,あるいは別の由来があるのか,本当のところはよくわかりません.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

4月11日はメートル法公布記念日

1921年(大正10年)4月11日,改正「度量衡法」が公布されました,従来のの尺貫法の併用から,メートル法のみに一本化することが定められました. ところが,強い反対運動がおこり,施行は無期延期となりま …

ハードディスク

たくさん撮った写真を整理して保存する方法 グーグルフォト,ドロップボックス,リネームソフト

毎日多くの写真を撮影していると保存方法が気になってきます.スマホ,カメラなど複数の機器で撮られた写真をどのように管理したら簡単で安全に管理できるのでしょうか?今日は私のやっている写真の管理方法について …

ツツジ

ツツジが咲き始めました,ドウダンツツジも咲いています.サツキが咲くまではもう少しかかります.

スポンサード リンク 今日はツツジとドウダンツツジとサツキについて調べたことをお話しします. それにしてもツツジはどこにでもあると言えるほどよく見かける植木です.道路わきにも公園にも庭先にも植えられて …

オオキバナカタバミ

オオキバナカタバミ 続々報:残念なことに定点観測場所の花は全部摘み取られていました

オオキバナカタバミ開花中 スポンサード リンク 4/22の記事で定点観測しているオオキバナカタバミことオキザリス・ぺスカプラエの続々報ですが,その後何度か晴天時には開花,曇天,雨天時には閉花,そして葉 …

秋になると緑の葉が黄葉,紅葉,褐葉するのはなぜ?

スポンサード リンク 秋らしく朝晩が涼しくなってきました.つい先月まで緑色をしていた木々の葉も黄色くなったり,赤くなったり,褐色になったものが混ざってきました. 今日は黄葉と紅葉のお話で.どちらも「こ …