山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

花粉症の目薬 サンテ ALクールII

投稿日:

暖かくなって来たと思ったら,花粉が猛威を奮っています.目鼻喉すべてボロボロですが,最近の点眼薬と点鼻薬が良く効くので助かります.

目薬など,以前は数千円のものを使っていましたが,何種類か安価なものを試して,数百円のものでも,私にとってはかなり効果のある薬を見つけました.点鼻薬も昨年から使い始めました.

スポンサード リンク

サンテ ALクールII

本目薬が自分にとって良く効きます.有効成分としては,

クロルフェニラミンマレイン酸塩(抗ヒスタミン剤) 分 量:0.03%
アレルギー症状の原因となるヒスタミンの働きを抑え,目の炎症・かゆみ
を抑えます.

グリチルリチン酸二カリウム 分 量:0.25%
アレルギー原因物質の放出を抑え,炎症をしずめます.

イプシロン-アミノカプロン酸 分 量:1.0%
炎症の原因となる物質の産生を抑えます.

塩酸テトラヒドロゾリン 分 量:0.03%
血管を収縮させ,結膜(白目の部分)の充血を除去します.

成 分:タウリン 分 量:1.0%
細胞の代謝を活発にし,炎症で傷ついた目の組織修復を促します.

成 分:パンテノール 分 量:0.1%
細胞の代謝を活発にし,炎症で傷ついた目の組織修復を促します.

などですが,クロルフェニラミンマレイン酸塩がかゆみを引き起こす物質の働きを抑えます.

そもそも免疫反応は炎症などをわざと起こすことで抗原を排除し,体を保護し病気などを防ぐ機構なのですが,強すぎる免疫反応が花粉によって引き起こされています.

具体的には,肥満細胞と呼ばれる細胞がヒスタミン,ロイコトリエン,トロンボキサンなど生理活性物質を放出します.これらをケミカルメデイエーターというのですが,これがH1受容体という部分に結びつくと,かゆみ,くしゃみ,鼻水(血管拡張と水分滲出),鼻づまり(粘膜の腫れ)といったアレルギー反応が起ます.

スポンサード リンク

クロルフェニラミンマレイン酸塩はヒスタミンとH1受容体の結びつきを妨害することで,アレルギー反応を抑えます.この効果は即効性があり,効き目が早いのが特徴です.

ケミカルメデイエーターの放出を抑制するなど,他の方法でアレルギー反応を抑える薬もありますが,今日はここまでとします.

肥満細胞(mast cell)とは

肥満細胞とは肥満とは関係なく,形が肥満状態なのでそう呼ばれています.血管周辺や結合組織中にみられる大型の球形または多角形の自由細胞です.

ケミカルメディエーター chemical mediatorとは

細胞から細胞への情報伝達に使用される化学物質です.具体的には抗原抗体反応や炎症反応の際に遊離されるヒスタミンやセロトニン,ペプチド,ロイコトリエン,トロンボキサンなどです.痛みやアレルギーの症状など様々な作用を引き起こします.ケミカルメディエーターの合成阻害薬,遊離抑制薬,受容体拮抗薬などが医薬品として用いられています.

クロルフェニラミンマレイン酸塩のデータ

名称:Chlorpheniramine Maleate
化学名:(3RS)-3-(4-Chlorophenyl)-N,N-dimethyl-3-pyridin-2-ylpropylamine monomaleate
分子式:C16H19ClN2・C4H4O4
分子量:390.86
融点:130〜135℃
薬効分類名:抗ヒスタミン剤
用途:じん麻疹,血管運動性浮腫,枯草熱,皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹・皮膚炎,皮膚そう痒症,薬疹),アレルギー性鼻炎,血管運動性鼻炎,感冒等上気道炎に伴うくしゃみ・鼻汁・咳嗽

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

梅

梅の花と桜の花の違い,見分け方は花びらの違いと花の付き方

スポンサード リンク 春の訪れを告げる花として,梅の花と桜の花が代表選手です.知らない人はいないでしょう.でも,梅も桜も種類が豊富で,開花時期が早いものもあれば,遅いものもあります.早咲きの桜だなあ, …

月見

中秋の名月と月齢,月相,月名について

スポンサード リンク 夏も終わり秋になるにつれて夜空が晴れる日も多くなり,月が綺麗に見える様になってきました.中秋の名月まではもう少し間がありますが,今日は月の年齢(月齢)と月相,月名についてのお話で …

Good idea: ヨビノリがおもしろい

YouTubeでヨビノリというシリーズがあります.一週間くらい前に見つけました.予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」というのが正式名称のようです. 別に受験するわけでは無いのですが,大学生の時学んで …

七夕

七夕伝説 織姫と彦星のお話し

七夕のお話は皆さんよくご存じのことと思います.織姫と彦星が天の川を挟んで分かれ分かれになって暮らすという中国のお話です. スポンサード リンク 子供の頃に聞かされた話なので意味がよく分からなかったかも …

土偶

現代人の中にも残っている縄文の魂

縄文マニアのS君と駿河台にある明治大学の博物館に行ってきました.先日,東京大学の博物館で縄文のコレクションは明治大学がダントツです,という事を聞きましたので訪ねてみました.館内に入るとすぐに案内され丁 …