山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第12週の花草木 スギナ 杉菜 と ツクシ 土筆

投稿日:2018-03-19 更新日:

ツクシが顔を出しています.土筆と書いてツクシと読みますが,土の中から筆がニョキニョキ出てきた様子を表しています.実はこのツクシ,地下では繋がっていて脇に生えているスギナと一体です.ツクシの方を胞子茎,スギナの方を栄養茎と呼びます.

ツクシは成長すると胞子を放出します.胞子から芽が出て,前葉体(ぜんようたい)という小さなコケのような植物になり,これがスギナとなります.

スギナの方は光合成により栄養を作ります.葉緑体があるので,緑色になっています.スギナがつくった栄養分は,でんぷんとして地下茎(ちかけい)とよばれる地下の茎の部分に蓄えられます(根ではありません).この栄養を使って翌年にツクシやスギナが土から出てきます.

スポンサード リンク

スギナの地下茎には無性芽(むせいが)という小さなイモがついており,胞子による前葉体だけでなく,ここからも元気なスギナが育ちます.

スポンサード リンク

スギナのデータ

目:トクサ目 Equisetales
科:トクサ科 Equisetaceae
属:トクサ属 Equisetum
種:スギナ E. arvense
学名:Equisetum arvense L.
シノニム:Equisetum arvense L. f. campestre (Schultz) Klinge
和名:スギナ、ミモチスギナ
英名:Field Horsetail, Common Horsetail
品種:オクエゾスギナ Equisetum arvense L. f. boreale (Bong.) Milde

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第50週の花 アロエ

週の花も50週目です.年末も近づいてきました. 11月29日 アプリ「歳時記カレンダー +」のすすめの中で当日の記事の中に「・・・鮮やかな椿や蝋梅など街を彩る冬の花を景色の中に見つけてみませんか.」と …

第45週の花草木 フウセンカズラ

風船というとゴム風船しかイメージがわかないこの頃ですが,その昔には紙でできたものがありました.その形に似ているのが,フウセンカズラ. スポンサード リンク フウセンカズラの「カズラ」とは,つる植物一般 …

第40週の花草木 セイバンモロコシ

スポンサード リンク 先日,土手沿いに歩いて,今一番多い雑草はどれか見てみると,セイバンモロコシとエノコログサ,メヒシバが目立っていました. 今日はセイバンモロコシを見ていきます.日本には1945年頃 …

アルカロイド alkaloidについて

アルカロイドとは天然由来の有機化合物で窒素原子を含んでいる物質の総称です.ほとんどが塩基性です.アルカロイドの名前も,「アルカリのような」と言う意味からきました. なぜここで取り上げたかと言うと,動植 …

第47週の花 チャ(お茶)

スポンサード リンク 毎日飲んでいるお茶.お茶と言えば,「夏も近づく八十八夜」のイメージがありますが,あれは茶の葉の摘む時期で,花は11月後半頃に咲きます.お茶の花は茶畑に行かないとないかと思っていま …