山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

今日,2018年3月21日は春分日です

投稿日:2018-03-21 更新日:

桜も花開き春が来たと思ったら,今日は寒くなりました.冷たい雨やところによっては雪も降っています.
今日は春分の日です.天文学では春分日(しゅんぶんび)と呼びます.

正確には太陽が春分点を通過した瞬間(太陽黄経0度)が春分で,その瞬間を含む日が春分日です.従って,春分点通過の瞬間は世界で同時ですが,各国間の時差のため日にちが1日だけ違う場合もあります.

スポンサード リンク

立春 – 春分 – 立夏まで 2018年

立春から春分までは,

立春 2月04日

雨水 2月19日

啓蟄 3月06日

春分 3月21日

と経てきました.

春分の後から立夏までは,

春分 3月21日

清明 4月05日

穀雨 4月20日

立夏 5月05日

とたどります.

節気については何度も説明してきました.復習の為,機会ある度に繰り返して説明します.

二十四節気 ニジュウシセッキ

小寒,大寒,春分など1年を24分して,それぞれに名前が付いています.1年は12カ月なので,各節季は約半月です.

二至二分

二十四節気の中には4つの主役がいます.
春分,夏至,秋分,冬至です.この4つを二至二分といいます.
それぞれ四季の代表で,天文学上の意味もあります.それぞれの季節の真ん中になります.

スポンサード リンク

四立

それぞれの季節の始まりも重要です.
立春,立夏,立秋,立冬がそれぞれの季節の始まりです.この4つは四立です.

八節

二至二分と四立を合わせて八節といいます.四季を前半始めと後半始めになります.具体的には,

四季(前半,後半)

春:立春,春分
夏:立夏,夏至
秋:立秋,秋分
冬:立冬,冬至

二十四節気

八節それぞれを「リーダー」として2つづつ節季を加えて ,(3節季)をひとまとまりにします.各四季は3+3=6節季で成り立ちます.

春 (全部で6節季)
春前半 (3節季)
「立春」 +雨水 +啓蟄

春後半 (3節季)
「春分」 +清明 +穀雨

夏 (全部で6節季)

夏前半 (3節季)
「立夏」 +小満 +芒種

夏後半 (3節季)
「夏至」 +小暑 +大暑

秋 (全部で6節季)

秋前半 (3節季)
「立秋」 +処暑 +白露

秋後半 (3節季)
「秋分」 +寒露 +霜降

冬 (全部で6節季)

冬前半 (3節季)
「立冬」 +小雪 +大雪

冬後半 (3節季)
「冬至」 +小寒 +大寒

知ってしまえば簡単ですが,4つの主役と8つのリーダーの意味を知れば理解しやすいと思います.これからも機会がある度に繰り返して説明していきます.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

七夕

七夕伝説 織姫と彦星のお話し

七夕のお話は皆さんよくご存じのことと思います.織姫と彦星が天の川を挟んで分かれ分かれになって暮らすという中国のお話です. スポンサード リンク 子供の頃に聞かされた話なので意味がよく分からなかったかも …

暦

旧暦の2018年1月1日は2月16日金曜日です.

何度も本ブログ紹介しましたが,旧暦と呼ばれる太陰太陽暦(別名天保暦)は明治6年から現在の新暦(グレゴリオ暦,太陽暦)に変わりました.2月16日に旧暦の正月を迎えるにあたって,旧暦と月の関係を見ていきま …

梨

秋の味覚 梨 昔の梨と今の梨

秋は味覚の宝庫です.街角には美味しい果物が山ほど積み上げられています.きょうは梨についてのお話です. 梨の味 梨の形はリンゴに似ていますが,味は違います.リンゴより果汁が多く,食べるとサクサクしていま …

新年おめでとうございます!

スポンサード リンク 今年もよろしくお願い申し上げます. スポンサード リンク

方丈

未来から ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらずを読むと......

ゆく河の流れは絶えずして,しかももとの水にあらず.淀みに浮かぶうたかたは,かつ消えかつ結びて,久しくとどまりたるためしなし.(方丈記 鴨長明) スポンサード リンク あるいは, 行く川のながれは絶えず …