山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

3月もあと数日で,もうすぐ4月.ところで,年度とは

投稿日:2018-03-29 更新日:

日本の多くの機関では4月から新年度が始まります.学校は,卒業式が済み入学式と新学期がはじまります.役所や会社も会計年度末,新年度の始まりで忙しくなります.また,転勤などで引っ越しされ,新しい土地で4月を迎える人達もいます.

ところで,「年度」とはいったい何なのでしょう?なぜ,1月1日/12月31で区切らないのでしょうか?

実は年度にはいろいろなものがあります.学校年度,会計年度が代表的ですが,米穀年度,醸造年度,各農作物の年度などもあります.どこで区切るかは都合によって区切る方が便利な場合があります.農業などは種まきや収穫に合わせて区切ったほうが都合が良いのはすぐわかります.

学校や会計などは一度設定してしまうと継続していくのでなかなか変えることが難しくなります.社会が大きく変化したときは比較的変更されやすくなります.

例えば,日本の会計年度は明治維新後に何度も変更されました.
明治元年まで: 旧暦1月はじまり
明治2: 旧暦10月はじまり
明治6年: 1月はじまり
明治8年: 7月はじまり
明治19年: 4月はじまり

スポンサード リンク

現在の4月はじまりは明治19年から引き続いています.なぜ,4月からになったかというと,特に合理的な理由はありません.単純に財政赤字で明治18年度(1885年度)の酒造税を明治17年度(1884年度)に繰り入れてしまい,これを埋められず,会計年度を変更しました.付け焼刃というかその場しのぎというか,当時の苦しい財政事情で変更したものが今も継続しているわけです.

現在のように社会,組織,経済規模が大きくなればなるほど変更が難しくなります.学校年度も当初は西欧にならい,多くが9月始まりでしたが,政府の会計年度や軍隊の入隊届開始の影響を受けて4月はじまりとなっていきました.国際化の進む現代ではそれぞれの国の年度が違うため多くの問題が発生しています.

年度に関するデータ

各国の会計年度

1月はじまり: フランス・ドイツ・オランダ・ベルギー・スイス・ロシア・中国・韓国・台湾・南米諸国
4月はじまり: 日本・イギリス・カナダ・インド・パキスタン・デンマーク
7月はじまり: オーストラリア・フィリピン・ノルウェー・スウェーデン・ギリシア
10月はじまり: アメリカ合衆国・ハイチ・タイ王国・ミャンマー

各国の学校年度

1月はじまり: シンガポール・オーストラリア・ニュージーランド・フィジー
2月はじまり: ブラジル
3月はじまり: アルゼンチン・韓国
5月はじまり: タイ
6月はじまり: フィリピン
9月はじまり: アメリカ(ただし,州により異なる場合がある),カナダ・スペイン・イタリア・フランス・イギリス・オランダ・ロシア・トルコ・イラン・エジプト・中国・台湾・ベトナム
10月はじまり: カンボジア・ナイジェリア・セネガル

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コーヒー

コーヒーを美味しく味わうための技を磨きませんか?

スポンサード リンク コーヒーは多くの人にとって安らぎのひと時をつくります.私も日々の生活に欠かせないものとなっています.コーヒー好きですか?と人に聞くと好きですと答える人と嫌いですと答える人に分かれ …

大気汚染

ゼンソク気味の症状発生 黄砂? PM2.5? 花粉症?それとも

数週間前まで苦しんでいた花粉症の症状もほぼ治まり,四月末頃には目薬,点鼻薬も持ち歩かなくても大丈夫くらいのところまで気にならなくなっていました.ところが1-2日前から鼻水,ゼンソク症状がでてきましたの …

今日2018年1月20日土曜日は大寒(だいかん)です.定気法と平気法

大寒と書いて「だいかん」と読みます.寒さが最大の頃と思って良いでしょう.一年で最も寒い季節です.実際に各地で最低気温の記録が出やすい時期でもあります. 二十四節気の大寒 一年を二十四に分けてそれぞれに …

今日の言葉を考える フリードリヒ・ニーチェの言葉から

スポンサード リンク 過去が現在に影響を与えるように,未来も現在に影響を与える. フリードリヒ・ニーチェ 現在は過去の積み上げでできています.これに反論する人はほとんどいないと思います. 個人のレベル …

座る

壁を背にして座り考えることの勧め 1

忙しく動いているけれど大事な事を忘れているのではと不安だったり,計画したのにやりたいことが思うようにできないとか,ついゲームやテレビに夢中になって一日中何もせずに終わってしまうなど現代の多くは「大事な …