山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

コーヒーカスの再利用, 油汚れ用の乾燥洗浄剤として

投稿日:2018-04-04 更新日:

コーヒーを淹れるとカスが出ます.以前は主にベランダの植木の土として使っていました.消臭剤として使えるという人もいますが,それほど消臭効果は無いようです.捨てるのももったいないので,今の生活スタイルで有用に使える方法を考えました.

その中で最も良い方法を見つけました.それは,フライパンなどの油汚れ落としとして利用する方法です.油を使用したフライパンや皿,魚焼きグリルの受け皿などに十分に乾燥したコーヒーの粉を振りかけのように振りかけて,キッチンペーパーやティッシュペーパーで磨くように拭き取ります.粉がこぼれますので,ゴミ箱の上で拭き取り,そのままゴミ箱に捨てます.

すると,フライパンや皿などがきれいに洗われています.油などがよくとれなかったら,もう一度繰り返します.油汚れは,コーヒーの油分となじみがあるので洗剤は必要ありません.念のため,さっと水洗しますが,油の臭いなどもコーヒーの香りで消されます.

乾燥コーヒー粉の作り方

コーヒーを淹れたあと,フィルターとコーヒーの粉は濡れていますので,乾燥させる必要があります.乾燥させないとカビが生えてきます.

スポンサード リンク

私の場合は,専用の置き場があり,フィルターごと3日間ほど予備乾燥します.大部分の水分が乾燥すると粉を移しやすくなりますので,広口の容器に移して乾燥します.

私の場合は四角いアイスクリームの空容器を利用しています.2-3日毎に移すので,地層のように段々たまっていきます.常時開放しているので,数週間たつと容器の中のコーヒーの粉は完全に乾燥します.

容器がいっぱいになったら,その上に新しい空容器を載せて増やしていきます.現在6箱溜まっています.

スポンサード リンク

乾燥コーヒー粉の容器

できた乾燥コーヒーをそのまま振りかけても良いのですが,我が家の場合は流しの洗剤の隣に容器に入れておいてあります.完全に油用ドライ洗剤として使っています.

容器は大き目のフリカケの容器に穴を広げて作りました.大き目の穴でないと粉が適量出てきません.小さなペットボトルを使うこともできます.ペットボトルの口から直接コーヒーの粉を入れるのは難しいので,ジョウゴを使います.ジョウゴは100円で売っています.

今日はこれまで.ではまた.

-一般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ススキ

秋の七草(ななくさ) 1

七草(ななくさ)という言葉がありますが,七草にはいろいろな七草があります. 春の七種,秋の七草,昔の七草,夏の七草,冬の七草, 春の七種だけは「草」ではなく,「種」の文字をあてて七種(ななくさ)として …

今からちょうど150年前の1868年は明治元年です

明治元年は1868年です.そして,今年は2018年ですから,ちょうど150年前ということになります.50年前に明治100年記念というのをやっていたのを覚えています.あれから50年経ってしまいました. …

image 海

山河海空 地球を巡る水の旅ブログを開設します

山河海空という名前のブログを始めました. 以前からブログには興味があり,いつか始めてみようと思ってはいたものの,重い腰がなかなか上がらずに数年が経ってしまいました. たまたま機会に恵まれましたので,最 …

今日2018年1月20日土曜日は大寒(だいかん)です.定気法と平気法

大寒と書いて「だいかん」と読みます.寒さが最大の頃と思って良いでしょう.一年で最も寒い季節です.実際に各地で最低気温の記録が出やすい時期でもあります. 二十四節気の大寒 一年を二十四に分けてそれぞれに …

ススキ

秋の七草(ななくさ) 3

スポンサード リンク 秋の七草,後半です.「おおきな」のナデシコまで説明しましたので,今日は「ふくは」のフジバカマ,クズ,ハギについて説明します. スポンサード リンク