山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第15週の花草木 ユキヤナギ

投稿日:2018-04-10 更新日:

ユキヤナギ 雪柳はバラ科シモツケ属の落葉低木です.小さい白い花をたくさんつけて,今盛んに咲いています.花は5弁で雪白の小さなものを枝全体につけていますので,まるで柳に雪が積もったように見えるところから名前がついています.本種は日本原産と考えられています.花壇や公園に植えられていて,あちらこちらで見かけますが,自生種は石川県で絶滅危惧I類に指定されています.

スポンサード リンク

ユキヤナギのデータ

目:バラ目 Rosales
科:バラ科 Rosaceae
亜科:シモツケ亜科 Spiraeoideae
属:シモツケ属 Spiraea
種:ユキヤナギ S. thunbergii
学名:Spiraea thunbergii
和名:ユキヤナギ(雪柳)
別名:コゴメバナ,コゴメヤナギ
英名:Thunberg’s meadowswee

Thunberg
カール・ペーテル・ツンベルク Carl Peter Thunberg (1743-1828) スウェーデンの植物学者、博物学者、医学者で,カール・フォン・リンネの弟子.日本の出島商館付医師として1775年に来日し1年間滞在しました.
カール・ツンベルク

Wikipedia: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%84%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF

Spiraea:ギリシャ語のspeira 螺旋(らせん),輪

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-,

執筆者:


  1. yshimizu より:

    雪柳 綺麗なお花ですね!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本で見かける毒のある植物

野山に草花が咲いていますが,その中には毒をもったものがあります.以下は特に強毒なので,注意したほうが良いと思います. 日本の三大毒草 トリカブト 毒成分:アルカロイド 症状:嘔吐,呼吸困難,臓器不全 …

第50週の花草木 シクラメン

今の季節に花屋さんの店先にならんでます.シクラメンは地中海沿岸,ギリシャからチュニジアにかけて原種が自生しています.「アルプスのスミレ」などと呼ばれていました. シクラメンにはシクラミンという有毒物質 …

オニユリ

第31週の花 オニユリ(鬼百合)

スポンサード リンク 7月,8月になるとオニユリを見かける様になります.オレンジ色に黒の斑点.おしべが花弁から長く飛び出しています.美しいというよりどぎつい色合いですが,自然界ではこれ位でないと目立た …

第44週の花 プラタナス スズカケノキ 3品種

今週の花は,実は花では無いのですが,木の実が鈴の様になっていて面白い形をしているので,「鈴懸の木」を取り上げます. スポンサード リンク プラタナスと言えば聞いたことがあるかも知れません.プラタナスの …

10月の植物写真

緑色だった柿がだんだん熟してきました.様々な樹木に実がなっています.iPhoneでは風で揺れる小さな実や花にフォーカスを合わせるのは至難ですが,散歩が主ので撮影は副なので,重いカメラを持ち歩くのは御免 …