山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第15週の花草木 ユキヤナギ

投稿日:2018-04-10 更新日:

ユキヤナギ 雪柳はバラ科シモツケ属の落葉低木です.小さい白い花をたくさんつけて,今盛んに咲いています.花は5弁で雪白の小さなものを枝全体につけていますので,まるで柳に雪が積もったように見えるところから名前がついています.本種は日本原産と考えられています.花壇や公園に植えられていて,あちらこちらで見かけますが,自生種は石川県で絶滅危惧I類に指定されています.

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ユキヤナギのデータ

目:バラ目 Rosales
科:バラ科 Rosaceae
亜科:シモツケ亜科 Spiraeoideae
属:シモツケ属 Spiraea
種:ユキヤナギ S. thunbergii
学名:Spiraea thunbergii
和名:ユキヤナギ(雪柳)
別名:コゴメバナ,コゴメヤナギ
英名:Thunberg’s meadowswee

Thunberg
カール・ペーテル・ツンベルク Carl Peter Thunberg (1743-1828) スウェーデンの植物学者、博物学者、医学者で,カール・フォン・リンネの弟子.日本の出島商館付医師として1775年に来日し1年間滞在しました.
カール・ツンベルク Wikipedia: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%84%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF

Spiraea:ギリシャ語のspeira 螺旋(らせん),輪

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-,

執筆者:


  1. yshimizu より:

    雪柳 綺麗なお花ですね!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ドクダミ

第22週の花 ドクダミ,名まえは毒々しいですが昔から使われてきたハーブです

白いのは総苞,花は白の中央の黄色い部分 スポンサード リンク ドクダミの別名は毒溜めとか毒痛み,地獄蕎麦などと近づきがたい名まえが付いています.でも,花が小さく可憐です.確かに葉っぱの形は鋭いハート型 …

第1週の花 セリ

スポンサード リンク 七草のひとつ.セリは「芹」と書きます. ちなみに,七草は セリ,ナズナ,ゴギョウ,ハコベラ,ホトケノザ,スズナ,スズシロ の七つ. セリは群生していることから,競り合うように生え …

ハロウィーンのカボチャ

日本でも各地でハロウィーンが盛んに催されるようになってきました.オレンジ色のカボチャをくりぬいて作った怖い顔したカボチャのランタン(重たい提灯?)をジャック・オー・ランタン Jack-o’ …

花

2017年 「週の花」のまとめ

2017年5月15日の第20週から始めて12月26日第52週まで「週の花」シリーズを続けてきました.毎日の散歩で実際に見た花を調べて記事にしながら,自分の観察力や記憶力を養っていこうという目的でした. …

第31週の花草木 ガマ

ガマと言えばガマの穂が頭に浮かびます.昔はたくさんありましたが,あちこちにあった沼や用水路が宅地化されたり,暗渠になったりしてほとんど見かけなくなりました. スポンサード リンク 「かまぼこ」の語源で …