山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第15週の花草木 ユキヤナギ

投稿日:2018-04-10 更新日:

ユキヤナギ 雪柳はバラ科シモツケ属の落葉低木です.小さい白い花をたくさんつけて,今盛んに咲いています.花は5弁で雪白の小さなものを枝全体につけていますので,まるで柳に雪が積もったように見えるところから名前がついています.本種は日本原産と考えられています.花壇や公園に植えられていて,あちらこちらで見かけますが,自生種は石川県で絶滅危惧I類に指定されています.

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ユキヤナギのデータ

目:バラ目 Rosales
科:バラ科 Rosaceae
亜科:シモツケ亜科 Spiraeoideae
属:シモツケ属 Spiraea
種:ユキヤナギ S. thunbergii
学名:Spiraea thunbergii
和名:ユキヤナギ(雪柳)
別名:コゴメバナ,コゴメヤナギ
英名:Thunberg’s meadowswee

Thunberg
カール・ペーテル・ツンベルク Carl Peter Thunberg (1743-1828) スウェーデンの植物学者、博物学者、医学者で,カール・フォン・リンネの弟子.日本の出島商館付医師として1775年に来日し1年間滞在しました.
カール・ツンベルク Wikipedia: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%84%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF

Spiraea:ギリシャ語のspeira 螺旋(らせん),輪

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-,

執筆者:


  1. yshimizu より:

    雪柳 綺麗なお花ですね!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第42週の花 ネコジャラシ,エノコログサ

スポンサード リンク 今週の花は昨日紹介した「面白くて眠れなくなる植物学」のなかにあるネコジャラシです.エノコログサ(狗尾草)が正式名です. 犬っころ草が転じてエノコログサという呼称になったとのことで …

第44週の花 プラタナス スズカケノキ 3品種

今週の花は,実は花では無いのですが,木の実が鈴の様になっていて面白い形をしているので,「鈴懸の木」を取り上げます. スポンサード リンク プラタナスと言えば聞いたことがあるかも知れません.プラタナスの …

第27週の花草木 トウモロコシ

トウモロコシが出回ってきました.トウモロコシはイネ科の一年草で,原産地は南北アメリカ大陸で,ヨーロッパにもたらされたのは,コロンブスによるものとされています. スポンサード リンク トウモロコシの名前 …

第13週の花草木 ソメイヨシノ 染井吉野

スポンサード リンク ソメイヨシノが満開です.今年は例年に比べて早い開花でした.サクラと言えば,ソメイヨシノということになっていますが,分類方法にもよりますが,サクラには約600種の品種が確認されてい …

第12週の花草木 スギナ 杉菜 と ツクシ 土筆

ツクシが顔を出しています.土筆と書いてツクシと読みますが,土の中から筆がニョキニョキ出てきた様子を表しています.実はこのツクシ,地下では繋がっていて脇に生えているスギナと一体です.ツクシの方を胞子茎, …