山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

歴史 文化 歴史的事件

4月14日,15日はタイタニック号が氷山に衝突し,沈没した日

投稿日:2018-04-14 更新日:

イギリスの大型客船「タイタニック号」が初航海で,イギリス・サウサンプトン港からニューヨーク港に出航し,4日目の1912年4月14日23時40分(現地時間)に氷山に衝突しました.衝突から2時間40分後の翌日2時20分,船体は二つに折れて間もなく沈没しました.

乗客乗員約2,200人のうち生存者は約700人で,死者は約1,500人と言われています.乗船のキャンセルや偽名乗船などによって乗客リストが不正確なことと,救出後に亡くなった人の数え方の問題で,様々な統計数字があります.

イギリスとアメリカ間の主要航路でもあったことと,様々な安全設備を備えた不沈船とも言われた世界最大の豪華客船が,処女航海で沈没した事件は世界を驚かせました.

タイタニック号のデータ

名称:タイタニック号 (RMS Titanic*)
船種:オーシャン・ライナー
クラス:オリンピック級客船
船籍:イギリス
運用者:ホワイト・スター・ライン
母港:リヴァプール
起工:1909年3月31日
進水:1911年5月31日
竣工:1912年3月31日
処女航海:1912年4月10日
最後:1912年4月15日に沈没
総トン数:46,328トン
全長:269.1 m
全幅:28.2 m
高さ:53 m
喫水:10.5 m
ボイラー:スコッチ式ボイラー24基/補助5基
主機関:レシプロ4気筒エンジン2基,蒸気タービン1基 50,000hp (37 MW)
推進器:混成3軸,3枚羽スクリュー推進
速力:23ノット (42.6 km/h)
旅客定員:
1等旅客 329人
2等旅客 285人
3等旅客 710人
乗組員 899人

スポンサード リンク

*注 RMS:Royal Mail Ship-イギリス商船の船名の前につけられる艦船接頭辞.

1912年の出来事

日本では明治45年(1月1日-7月30日)/大正元年(7月30日-12月31日)
2月14日-米国でアリゾナが48番目に州となる
3月27日-尾崎行雄東京市長がワシントン市に三千本の桜の樹を贈る
3月29日-1月17日に南極点に到達していたロバート・スコット隊が全滅する
4月14,15日-タイタニック号が沈没(14日衝突,15日沈没)
5月5日-ストックホルムオリンピック(第5回夏季オリンピック)開催.日本初参加
7月30日-明治天皇崩御
9月15日-早川電気(後のシャープ)設立(創業者 早川徳次)
11月5日-米大統領選挙でウッドロウ・ウィルソンが勝利

How Did the ‘Unsinkable’ Titanic End Up at the Bottom of the Ocean? | National Geographic

New CGI of How Titanic Sank | Titanic 100


文章より動画の方が説得力があります.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-歴史 文化 歴史的事件
-,

執筆者:


  1. yshimizu より:

    懐かしく記事を読んだり動画も見ました 何年か前に劇場でタイタニックの映画を観ました 実話なのですね!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

8月28日 ゲーテ(1749)誕生

1749年8月28日はゲーテ Johann Wolfgang von Goethe(1749年8月28日-1832年3月22日)の誕生日です.ドイツを代表する文豪ゲーテは小説「若きウェルテルの悩み」, …

蒙古軍,博多湾に入港

何世紀も前の話ですが,日本は2度に渡り,元の侵攻を受けました. スポンサード リンク 文永の役:1274年11月11日-26日(文永11年10月5日-20日) 弘安の役:1281年6月16日-8月29 …

1991年9月19日 アルプス山脈の氷河で,約5300年前の男性のミイラ「アイスマン」発見

1991年9月19日 アルプス山脈の氷河で,約5300年前の男性のミイラ「アイスマン」が発見されました. スポンサード リンク 世界最古の冷凍ミイラ,アイスマン(エッツィ)に関する10の事実 氷の中で …

今から150年前の明治元年1868年7月(新暦)の出来事

上野戦争 今年2018年は明治維新の1868年から150年目ということで,150年前に遡って月々の出来事を見ていきます. 1868年7月の出来事は以下の通りです. 1868年7月4日(慶応4年5月15 …

5.15事件とチャップリン

世間一般に広がる情報と事実とは異なることが多々あります. 人は信じたいことを信ずる傾向が強いということを念頭に置いておかねば真実を知ることができないことがあります. 参考 五・一五事件 – …