山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第16週の花草木 ハナニラ

投稿日:

咲いている花が多く,どれを取り上げるか迷います.今日はハナニラ,これはニラやネギと同様にヒガンバナ科に属しますので,ニラやネギと同様の匂いがあります.この匂いは硫化アリル(アリシン)などの硫黄化合物です.

花は小さいですが,すごくきれいです.学名はIpheion uniflorumで,なんとなくiPhoneに似ていますが,カタカナでは「イフェイオン ユニフロルム」と表記されます.

英語名はSpring star 「春の星」です.上の写真でも,そのように見えます.

スポンサード リンク

ハナニラのデータ

科:ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科:ネギ亜科 Allioideae
属:ハナニラ属 Ipheion
種:ハナニラ I. uniflorum
学名:Ipheion uniflorum (Graham) Raf.
シノニム:Brodiaea uniflora (Lindl.) Engl.,Triteleia uniflora Lindl.,Milla uniflora (Lindl.) Graham,Tristagma uniflorum (Lindl.) Traub
英名:Spring star

スポンサード リンク

花:2-4月に開花,花径約3cmで,白から淡紫色.6弁の花を花茎の頂上に1つつけます.
球根:鱗茎 (地下茎の一種で,多肉になった鱗状葉が重なっている.多肉化して多くの貯蔵物質をたくわえます.タマネギなど)
葉:10-25cmのニラに似た葉が数枚つきます
原産地:アルゼンチン

ニラのデータ

科:ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
属:ネギ属 Allium
種:ニラ A. tuberosum
学名:Allium tuberosum Rottler ex Spreng. (1825)
英名:Oriental garlic,Chinese chives

ネギのデータ

科:ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
属:ネギ属 Allium
種:ネギ A. fistulosum
学名:Allium fistulosum L.
和名:ネギ
英名:Welsh onion

タマネギのデータ

科:ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科:ネギ亜科 Allioideae
属:ネギ属 Allium
種:タマネギ A. cepa
学名:Allium cepa L.
和名:タマネギ
英名:Onion

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第31週の花草木 ガマ

ガマと言えばガマの穂が頭に浮かびます.昔はたくさんありましたが,あちこちにあった沼や用水路が宅地化されたり,暗渠になったりしてほとんど見かけなくなりました. スポンサード リンク 「かまぼこ」の語源で …

オニユリ

第31週の花 オニユリ(鬼百合)

スポンサード リンク 7月,8月になるとオニユリを見かける様になります.オレンジ色に黒の斑点.おしべが花弁から長く飛び出しています.美しいというよりどぎつい色合いですが,自然界ではこれ位でないと目立た …

第45週の花 シクラメン

冬の鉢植の代表としてよく知られているシクラメンは花の形がなんともとらえようが無い形をしていますね.葉を見るとハート型をしています. ハート形の葉は葉として茎の接続部が中央にあるのでバランスがとれていま …

サルスベリ

第35週の花 サルスベリ

スポンサード リンク 猿が登ろうとしても滑ってしまうほど木の肌がつるつるになっていて見分けやすい木です.本当はサルはこの程度の木なら簡単に登れます. サルスベリの幹は成長すると古い樹皮のコルク層が剥が …

8月の植物写真

8月の植物写真です. スポンサード リンク スポンサード リンク