山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

5月は皐月(さつき),旧暦と和風月名について

投稿日:2018-05-01 更新日:


4K] 直指庵 (皐月) 京都の庭園 Jikishi-an [4K] The Garden of Kyoto Japan

約150年前まで使われていた旧暦と呼ばれる太陰太陽暦(天保暦1844-1872)では5月を皐月(さつき)と呼んでいました.これを「和風月名」と言います.

生活が自然と密着していた昔は生活を季節に合わせて過ごしていました.和風月名の他にも季節や行事に合わせて月を呼ぶ習慣がありました.これらを別名とか異名と呼んでいます.

以下,様々な呼び方を見ていきましょう.新暦と旧暦は1-2カ月の差がありますので,季節感がずれています.

ちなみに新暦とは現在使用している太陽暦であるグレゴリオ暦(Calendarium Gregorianum, Gregorian calendar),旧暦とは太陰太陽暦(天保暦1844-1872)を指します.

5月の他の呼び方

建午月 けんごげつ
仲夏 ちゅうか
稲苗月 いななえづき
早稲月 さいねづき
賤男染月 しずおそめづき
授雲月 じゅうんづき
田草月 たぐさづき
多草月 たぐさづき
橘月 たちばなづき
月不見月 つきみずづき
吹喜月 ふききづき
浴蘭月 よくらんづき
悪月 あくげつ
梅の色月 梅のいろづき
雨月 うげつ
鶉月 うづらづき
開明 かいめい
啓月 けいげつ
啓明 けいめい
こう月 こうげつ
※「こう」=女偏+「后」
写月 しゃげつ
小刑 しょうけい
星花 せいか
盛夏 せいか
長至 ちょうし
梅夏 ばいか
梅月 ばいげつ
梅天 ばいてん
榴月 りゅうげつ
芒積 ぼうせき
茂林 ぼりん
厲皐 れいこう

スポンサード リンク

(昔の人々の月の呼び方への愛着を感じて頂くだけで十分です)

昔の呼び方をそのまま現代の暦に置き換えると,実際の季節感より数週間早いので残念ですね.つまり,旧暦は1-2ヵ月遅れていると考えると良いでしょう.

和風月名一覧

1月
睦月(むつき):正月に親類一同が集まり睦び合う月

2月
如月(きさらぎ):衣更着(きさらぎ)の意味で,寒いので衣を重ね着する月

3月
弥生(やよい):木草弥生(いやお)い茂る月

4月
卯月(うづき):卯の花の月

5月
皐月(さつき):早月(さつき)の意味で,早苗(さなえ)を植える月

6月
水無月(みなづき,みなつき):水の月の意味で,田に水を引く月

7月
文月(ふみづき,ふづき):穂含月(ほふみづき)の意味で,稲の穂が実る月

8月
葉月(はづき,はつき):木々の葉が落ちる月

9月
長月:(ながつき,ながづき):夜の長い月

10月
神無月(かんなづき):神の月の意味で神に新穀をささげる,あるいは神が出雲大社に集まる月

11月
霜月(しもつき):霜の降る月

12月
師走(しわす):師匠も走るほど忙しい月


混声合唱曲「夏は来ぬ」―小山作之助(編曲・飯沼信義)

浄土宗 祥鳳山 直指庵
http://www5e.biglobe.ne.jp/~jikisian/

心洗われる竹林の空間:直指庵
https://kyoto-option.com/blog/jikishian/

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2019年5月16日 七十二候 竹笋生(たけのこしょうず)

立夏 末候 5月16日(木)-5月20日(月) 竹笋生(たけのこしょうず) 参考 二十四節気(にじゅうしせっき) 七十二候(しちじゅうにこう) 二十四節気(にじゅうしせっき) 小寒,大寒,春分など1年 …

周期表 the periodic table

今からちょうど100年前の1869年,元素についての知見が深まりつつある時代に,元素を原子量の順番に並べてみると,周期的に似た性質が現れることが発見されました. ロシアの化学者ドミトリ・メンデレーエフ …

2019年4月25日 七十二候 霜止出苗(しもやみてなえいづる)

穀雨 次候 4月25日(木)-4月30日(火) 来月は田植えの時期ですが,その為の苗を育てています.同時に田おこし(土に肥料と酸素を与える)やしろかき(水の深さにムラが出来ないように土の起伏をならす) …

2019年2月19日 七十二候 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

雨水 初候 2月19日(火)-2月23日(土) 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる) 「脉」は「脈」の異体字です.意味は土が潤いを持ち始めるということです.つまり,早春の雨によって大地が潤い湿り気を …

コロンブスが新大陸発見

1492年10月11日から12日に日付が変わる頃,コロンブスは陸地を発見し,島に上陸しました.島の名前をサン・サルバドル島と名づけました.その次にフアナ島(現在のキューバ島),イスパニョーラ島と現在の …