山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

場所 旅行 スポット 歴史 文化 歴史的事件

1865年7月14日 エドワード・ウィンパー がマッターホルンに登頂成功

投稿日:2018-07-13 更新日:

150年以上前の1865年,まだ日本では明治(1868年)になる前ですが,ウインパーがスイスのマッターホルンの登頂に成功しました.


Zermatt, the first ascent of the Matterhorn, Edward Whymper

当時はビデオカメラなど無く,蓄音機や乾板式写真(1871年にイギリスのリチャード・リーチ・マドックスの発明)すら存在していませんでした.当然ですが,上の動画は最近つくられたものです.でも,当時の雰囲気がわかるような気がします.

麓にあるツェルマット村も,当時は山奥の貧しい寒村でした.ウインパーの初登頂成功から,この村は全世界から脚光を浴びるようになり,現在では世界有数の観光地として有名になっています.私も2度ほどスキーで訪れたことがあります.

今でこそ登山鉄道やケーブルカーで近くまで行けますが,当時は延々と続く谷沿いの道を機材を運んで登って行ったわけですから,一大プロジェクトです.

スポンサード リンク

ウインパーは1940年4月27日生まれですから,当時25歳だったことになります.

この登山で4名の遭難者がでたことも,よく知られた話です.
1871年に出版された「アルプス登攀記」にはその時の様子が記録されています.

「アルプス登攀記」は有名で,岩波文庫などにもありますので,アマゾンのリンクを載せておこうと思いましたが,過去に何種類も出版されているにも関わらず,新品は見つけられませんでした(中古はあります).

スポンサード リンク

以前から気づいていましたが,人気の少ない書籍は絶版になって出版されなくなります.最近は特に多くなってきているようです.日本の出版業界もレコードやCDと同じような道をたどっているようです.本の時代は終わってしまうのでしょうか?

ウインパーも実は画家で,多くの優れた登山図版を残していますが,後年になって写真技術が進歩してくると図版製作をやめてしまいました.

「マッターホルン 登山」などで検索すると手軽に数多くの動画を無料で見れるの時代です.


World’s Fastest Person to Climb the Matterhorn | Dani Arnold (ウインパーもビックリな超駆け足登攀です!)

こつこつと何時間もかけて「アルプス登攀記」を読み,夢を膨らませる人はいなくなるのだろうと思います.漫画ですら本より動画のアニメになっていく時代ですから,今後文字の文化はどうなっていくのでしょうね.


THE MATTERHORN

エドワード・ウィンパー Edward Whymper (1840-1911)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%BC

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-場所 旅行 スポット, 歴史 文化 歴史的事件
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

我孫子駅周辺図

千葉県我孫子市 白樺派 文学散歩そして手賀沼を一周しました

我孫子駅周辺図 スポンサード リンク 千葉県我孫子市を起点に手賀沼を一周しました.その前に我孫子市内でふとしたきっかけで文学散歩をすることになりました.常磐線 我孫子駅をでると柔道の創始者である嘉納治 …

江戸幕府,総船印に日の丸を制定(1854)

幕末の1854年(嘉永7年)3月に日米和親条約調印が調印されて,日本船と外国船を区別する旗(国籍標識)が必要になりました. それまでは各藩がそれぞれの旗を使っていましたが,外国へ行くとなると日本国国籍 …

秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる 藤原敏行

8月も後半に入りました.猛威を振るっていた夏の暑さも,数日前から急におとなしくなって,風の強い日が目立つこの頃です. 「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」の句は今頃の時期に思 …

ポルトガル船,種子島に漂着.鉄砲伝来 と鐵炮記(旧字表記)

1543年(天文12)8月25日(1543年9月23日)に種子島にポルトガル船やってきました.この時,初めて日本に鉄砲が伝わり,その後の戦国時代の戦法を大きく変えるきっかけになりました. 鉄砲伝来につ …

荒川を下り葛西臨海公園へサイクリング

スポンサード リンク 昨日は天気が不安定でしたが,定例コースの荒川下り,旧江戸川を上るサイクリングしてきました.大島の後なので,登り坂や荷物もなく,楽々の40㎞,3時間弱のサイクリングでした.毎週月曜 …