山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第22週の花草木 サツキ

投稿日:2018-05-30 更新日:

サツキの花はツツジの花に似ていますが,約一ヵ月遅い5-6月に咲くので,旧暦の呼び名の皐月にちなんでそう呼ばれるようになりました.

ツツジ属ですので,ツツジや,シャクナゲと近縁です.日本での分け方と学術的な分類とに違いがあります.

サツキは山奥の渓流沿いの岩などに自生する植物で,渓流植物の特徴を備えています.葉が固くて小さく,茎には這う性質があり樹高を低い姿勢で保ちます.これは川が増水しても木が流され難い様になっています.また,根が水に強いという特性もあります.


京都の四季 詩仙堂のサツキの庭 人気の洛北の名勝寺院です。


等覚院のツツジ

スポンサード リンク


等覚院のツツジ2018

スポンサード リンク

サツキのデータ
目:ツツジ目 Ericales
科:ツツジ科 Ericaceae
属:ツツジ属 Rhododendron
種:サツキ R. indicum
学名:Rhododendron indicum
和名:サツキ
樹高:50cm-1.5m
開花:5月下旬-6月上旬
花色:白,赤,ピンク,紫,緑,複色

サツキとツツジ:江戸中期にツツジの園芸品種が数多くつくられました.おおまかな区別として,4月から5月中旬に咲くものをツツジ,5月下旬から6月上旬に咲くものをサツキとおおまかに呼び分けました.

ただし,サツキのほとんどが遅咲きの野生のサツキ(ロードデンドロン・インディカム Rhododendron indicum)からつくられましたので,これらが一般的な園芸品種として広まりました.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第9週の花 アザレア (西洋ツツジ,オランダツツジ)

アザレアは台湾のタイワンツツジのツツジなどがヨーロッパに渡って品種改良されました.日本へ入ったのは明治時代の初期です.西洋から来たツツジなので西洋ツツジともよばれます. 赤,桃色,紅紫色,白などの花が …

第50週の花草木 シクラメン

今の季節に花屋さんの店先にならんでます.シクラメンは地中海沿岸,ギリシャからチュニジアにかけて原種が自生しています.「アルプスのスミレ」などと呼ばれていました. シクラメンにはシクラミンという有毒物質 …

第5週の花 ホトケノザ(春の七草)

七草(セリ,ナズナ,ゴギョウ,ハコベラ,ホトケノザ,スズナ,スズシロ)の五つ目,ホトケノザ ホトケノザと言うシソ科オドリコソウ属の植物がありますが,春の七草のホトケノザというのはキク科のタビラコ (田 …

第17週の花草木 ボタン

スポンサード リンク ボタンの花 舞鶴公園 Japanese tree peonies at Maizuru park 街角で時々ボタンの大輪を見かけます.見事な咲きっぷりです.春真っ盛りです.一年間 …

第38週の花草木 オミナエシ

スポンサード リンク オミナエシ(女郎花)は秋の七草の一つで,チメグサ,敗醤(はいしょう)とも呼ばれます. 日当たりの良い草地に生えています.万葉の昔から愛好されてきて,前栽・切花などにも用いられてき …