山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第24週の花草木 オオバコ

投稿日:2018-06-04 更新日:

空き地があれば,たいてい見つけることができるオオバコ.葉が大きいことからオオバコ(大葉子)の名前がつきました.

日本全国に自生し,千島,朝鮮半島,中国,台湾,サハリン,シベリア東部,マレーシアなど東アジアを中心に広く分布しています.

雑草の代表ですが,種子,全草ともに煎じて咳止め,たんきり,下痢止め,消炎,むくみの利尿剤として使われてきました.また,若い芽は食用することも可能です.


オオバコ 野草

スポンサード リンク

オオバコのデータ

目:シソ目 Lamiales
科:オオバコ科 Plantaginaceae
属:オオバコ属 Plantago
種:オオバコ P. asiatica
学名:Plantago asiatica L.
和名:オオバコ(大葉子)
英名:Chinese Plantain, Arnoglossa
別名:車前草,ガエルッパ,ゲーロッパ,オンバコ,カエルバ

葉:長い葉柄で,楕円形,卵形,さじ形をしています.多くは根生葉で根元からロゼット状に四方に広がっています.5-7条の葉脈が縦に走り,基部に浅い切れ込みがあります.

花:風媒花で4-9月に10-30cmの長さの花茎を出し,花茎の頂に長い緑色の穂に密集して咲きます.白色または淡い紫色の小花が下から上に向かって順次咲きます.がくは4枚,花冠はロート状で4裂します.雌しべが先にしおれた後,長くて目立つ白い雄しべが出ます.

スポンサード リンク

果実:蒴果(さくか)で楕円形.熟すると上半分が帽子状に取れて,中から4-6個の種子がこぼれ落ちます.mた,雨などに濡れるとゼリー状の粘液を出し,動物などに付いて運ばれます.


食べられる野草(5月~7月)春~初夏


ソータロー「金欠です…」 ~昼食は野草料理~


初夏に咲く野草(1)


初夏に咲く野草(2)

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第42週の花草木 トケイソウ

近くの公園にキンモクセイの香りを探しに行ったのですが,台風で落ちてしまい,すっかり無くなっていました.先週サイクリングの途中川沿いで見かけたのが今年最後のキンモクセイとなりました. スポンサード リン …

第51週の花草木 ヒイラギ

ヒイラギは漢字で「柊」木ヘンに冬と書きます.まさに,冬の木です. 葉がギザギザで刺があるところが特徴的で,バラとヒイラギは刺のある植物として良く知られています. ヒイラギの名前の由来も,刺に刺されると …

第35週の花草木 ムクゲ 槿

スポンサード リンク 公園でよく見かけるムクゲは夏の暑さにも負けない花で樹高は3-4m位あります.夏の暑さにも負けず,花枯れの時期にお茶の花(夏の茶花)として重宝されています.学名はHibiscus …

第4週の花草木 ロウバイ

散歩中にロウバイが咲いているのを見つけました.大寒で雪が降る気配もありますが,春の訪れを感じます. スポンサード リンク ロウバイは漢字で,蝋梅と書きます.本草綱目(中国明朝の李時珍(1518-159 …

アジサイ

アジサイの本当の花はすごく小さい

スポンサード リンク ガクアジサイとアジサイの花の説明で,花の様に見えているのはガク(萼)ですと説明しましたが,今までの思い込みがあるので理解しにくかったかも知れません. また,装飾花だと言われてもど …