山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般 本 読書

本の紹介: もたない男 中崎タツヤ著

投稿日:2018-06-13 更新日:

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します.
最近読んで面白かった本です.

「もてない男」では無く,物を極力「もたない男」です.1955年生まれの漫画家で,いつも何か捨てるものはないか,探し回っているそうです.

事務所として借りている部屋はほとんど空っぽ.自宅にあるものも使わないものは捨てて捨てて捨てまくって,使わないものが身の回りにあると気味が悪く,捨てる時の満足感と必要なものだけに囲まれた充足感で生活しています.

「シンプルライフ」,「ミニマリスト」という概念を極限まで突き詰めるとこうなるのかと感心しました.


書名:もたない男
著者:中崎タツヤ
出版社:飛鳥新社

自分の過去を振り返れば,似たような発想で物とつきあってきました.物の価値に気づくようになり,ありがたみがわかると捨てられなくなり,集めるようになります.

でも,物に囲まれた生活をしても何かが足りない気持ちになり,物を集めても集めても,満足感が薄くなり,次第に自分が物の支配されるような気持ちになります.

外出する時は持ち物が増えすぎて,使わないのに余計なものばかりが鞄に詰まっっています.本やノートも重いし,ラップトップもその周辺機器もほとんど使わないのに充電できる場所を探して貴重な空き時間のほとんどを費やします.

何とか軽量化しようと,高価なラップトップに置き換えたり,iPadに乗り換えたり,書類を電子化するためにスキャナーを買ったり,やる事と時間と経費がキリ無く増大していきます.これが物の奴隷ということです.

次に思いついたのは,大きさと重さを最小限にして,多機能で優れて非の打ち所の無い「一生モノ」で固めよう.これを実行するのにはさらに多大な労力と時間と経費がかかります.ある程度まで完成したころには,全体的に古いものばかりになり,技術的にも便利なものが出てきて陳腐化していきます.

恐らく,このような物との小競り合いは一生を終えるまで続くことでしょう.

本書の著者は賢く,このような物との争いは敬遠し,潔くPCは捨て,記念アルバムや家具や昔の手紙から仕事の記録も使い終われば全て廃棄し,本当に使う物のみだけ残しています.

スポンサード リンク

ここまで来ると物質主義の現代的生活に真っ向から対決しているようにも見えますが,自分を中心に据えて物との付き合い方を真剣に考えた上で行動に移すと,こういう生き方が答えになるのかも知れません.

おもしろおかしく読めますが,深く考えさせられますので良書とします.

スポンサード リンク

「なんか捨てるものないかなあ」

という生き方,共感できます.でも,ここまで潔く捨てきることはできないなあ.

今日はこれまで.ではまた.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
ここでは個人的に素晴らしいと感じた書籍を記録しておくとともに,ご参考までに紹介しています.
* 内容に問題があると考えられる方は,ご連絡ください.
* If you have any problems, please let us know.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

スポンサード リンク

-一般, 本 読書
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

座る

壁を背にして座り考えることの勧め 2

壁を背にして座り考えることの勧めで現代人は情報過多になっていること,壁を背にして座り考えることが良いとお話ししました.実際にやってみると,「いったい何を考えたら良いのかわからない」ということも多いかも …

謹賀新年

今年も良い年でありますように! スポンサード リンク

今日の言葉を考える フリードリヒ・ニーチェの言葉から

スポンサード リンク 過去が現在に影響を与えるように,未来も現在に影響を与える. フリードリヒ・ニーチェ 現在は過去の積み上げでできています.これに反論する人はほとんどいないと思います. 個人のレベル …

sanpo03

散歩のすすめ,楽しくするための様々な方法

前回では散歩を習慣化するためのポイントとして「楽しくなければ続かない」ということについてお話ししました.なぜ,習慣化しなければいけないのか,とかどのくらい歩かなければならないのか,どのくらいの速さで歩 …

扇風機

7枚羽の東芝製扇風機を買いました

スポンサード リンク 我が家に3台目の扇風機が届きました.1台目がかなりの年代物で部分的に黄ばんできたため,毎年この季節に交換しようかどうか迷っていました. エアコンは空気の交換が無く同じ空気を何度も …