山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

ルーヴル美術館展 肖像芸術と1974年 モナ・リザ展 入場者一日で3万1120人の新記録(6/10)

投稿日:2018-06-10 更新日:

現在東京の国立新美術館で「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」を開催しています.2018年5月30日(水)-2018年9月3日(月)

国立新美術館
http://www.nact.jp/

毎年,世界各地の名画や彫刻などが美術館展として日本で開催されるので,それを機会にその画家,その国,その時代に興味を持つ様になられた方々も多いのでは.

私もその昔,上野 東京国立博物館で開かれたモナ・リザ展の長蛇の列に並んで,一瞬だけの鑑賞をしたのを覚えています.1974年のことでした.行列の印象だけが残っています.それ以来,美術展に行くと必ず作品目録を買ってきて,後で楽しむようにしていました.

ところで,モナ・リザ展について調べてみると,以下のようになっています.
開催期間:
1974年(昭49)年4月20日-1974(昭49)年6月10日

会場:
東京国立博物館

主催:
文化庁、東京国立博物館、国立西洋美術館

出品点数:
絵画2点

入場者数:
1,505,239 人

スポンサード リンク

なんと入場者数は150万人,一日で3万人以上の新記録達成です.田中首相の時代だったのですね.

スポンサード リンク


[昭和49年4月] 中日ニュース No.1058 1「モナリザ展」


音声で聴く 「レオナルド・ダ・ヴィンチの名言」15話

最近は見たい絵画があれば,いつでもウェブ上で見つけることができますので,作品目録を買うどころか,美術展に行くことすら減りました.でも,美術展などのキッカケから見識を深め,普段気にしていなかったことに興味を持ち,知見を広め掘り下げていくことで,見識と考えを深めることは大切な事だと思います.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

座る

壁を背にして座り考えることの勧め 2

壁を背にして座り考えることの勧めで現代人は情報過多になっていること,壁を背にして座り考えることが良いとお話ししました.実際にやってみると,「いったい何を考えたら良いのかわからない」ということも多いかも …

シャワー

暑い時に涼しくする効果的な方法:水シャワー

スポンサード リンク 暑い日が続きます.熱中症にならない様に水を飲みましょうと放送しています.こんな時は水シャワーが一番です.生ぬるい水が出てくるかも知れませんが,これ位が丁度気持ち良いです.5分間位 …

ススキ

秋の七草(ななくさ) 1

七草(ななくさ)という言葉がありますが,七草にはいろいろな七草があります. 春の七種,秋の七草,昔の七草,夏の七草,冬の七草, 春の七種だけは「草」ではなく,「種」の文字をあてて七種(ななくさ)として …

お茶を粉末化して抹茶にして飲む方法

先日はお茶の葉を食べるお話をしました.最近はお茶をコーヒーミルで挽いて粉末にして飲んでいます.使っていない手回しのコーヒーミルがありましたので,調整ネジを締めて最小粉末にして飲んでみました. スポンサ …

暦

2018年1月5日金曜日は寒の入りです

スポンサード リンク 正月の好天も曇天となり,日中でも日射しが無く寒いです.今日1月5日(金)は「寒の入り」です. 昨年12月22日の冬至から半月が経ち,次の節季の小寒 ショウカン が始まります.小寒 …