山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

日本茶の出がらしを美味しく食べる方法

投稿日:2018-06-17 更新日:

生れてから数十年間,日本茶は飲むだけのものと思っていました.出がらしのお茶の葉は捨てていました.昨年,お茶の本を読んでいて,利用方法として食べるというのもあると知り,いろいろ試して見ました.

よく考えて見れば,日本茶の出がらしをグラム換算すると非常に高価な野菜でもあります.また,お茶を飲む時点で湯せんしたのと同じなので,すでに非常にきれいに洗浄された野菜になっています.

それを少量づつ冷蔵庫で冷やしておきます.それに,醤油をかけたり,オリーブオイルをかけて食べると美味しく食べられます.

最初は今までの出がらしのイメージがあるので,抵抗感があるかも知れません.それが慣れてくると美味しい高級野菜のイメージに変わってきます.

ただし,良質の煎茶でないと葉柄の部分が多かったりしてのど越しが良くありません.葉柄の部分が多いものはお勧めしません.

スポンサード リンク


和香日和 茶師十段・小林裕インタビュー 「茶師のお仕事篇」

スポンサード リンク

もし,食べる時に出がらしのニオイが気になる場合は,さらに茶こしなどに入れ,流水で水洗すればニオイは無くなります.

実はお茶の葉を食べることは今はしていません.もう少し良い方法を見つけて実践しています.その方法は次回紹介したいと思います.

今日はこれまで.ではまた.


THE MAKING (198)日本茶ができるまで

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

今,読書中の本:江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた 古川愛哲

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた 著者:古川愛哲 出版社:講談社 スポンサード リンク 良書です. 江戸時代のイメージの多くは …

5月15日は沖縄復帰記念日

スポンサード リンク 1971年6月17日に結ばれた「沖縄返還協定」が1972年5月15日午前0時に発効しました.これにより沖縄がアメリカから日本に返還され沖縄県が生まれました. 復帰後半世紀近く経っ …

今日2018年1月20日土曜日は大寒(だいかん)です.定気法と平気法

大寒と書いて「だいかん」と読みます.寒さが最大の頃と思って良いでしょう.一年で最も寒い季節です.実際に各地で最低気温の記録が出やすい時期でもあります. 二十四節気の大寒 一年を二十四に分けてそれぞれに …

花火

花火のお話し 花火の歴史-花火事始め

スポンサード リンク 7月に入ると本格的に夏らしくなります.夏と言えば花火.今日は花火の歴史について見ていきます. 現代花火の原型になるものは戦国時代に鉄砲や火薬の伝来ともに入ってきたようです.西洋で …

みそ

赤味噌と白味噌のつくり方の違いで色の違いができる理由

スポンサード リンク 前回は味噌の種類は大きく分けて3種類+調合味噌があることと赤味噌,白味噌の違いは蒸す(赤)と煮る(白)の違いであることを見てきました.今回はなぜ色の違いができるのかについて詳しく …